スポンサードリンク




【きょうの料理】大原千鶴のお助けレシピ!秋なすと鶏天のみぞれあんの作り方を紹介!

秋なすと鶏天のみぞれあん レシピ

秋なすと鶏天のみぞれあん
2020年10月14日放送のきょうの料理は大原千鶴のお助けレシピ「脱マンネリ!野菜たっぷり肉おかず」で秋なすと鶏天のみぞれあんの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の大原千鶴さんです。




秋なすと鶏天のみぞれあんのレシピ

秋なすと鶏天のみぞれあんの材料(2人分)

・なす:2個(300g)
・ピーマン:1個
・にんじん:30g
・鶏むね肉:1枚(250g)
・塩:少々
・こしょう:少々
・溶き卵:1個分
・大根(すりおろす):180g
▼A
・だし:カップ1
・薄口しょうゆ:大さじ1と1/2
・片栗粉:大さじ1

・ゆず(半分に切る):1個
・塩:適量
・こしょう:適量
・揚げ油:適量
・小麦粉:適量

秋なすと鶏天のみぞれあんの作り方

1)なすはヘタを除いて縦半分に切り、皮に細かく切り目を入れて4等分にし、水にさらします。
2)ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、乱切りに、にんじんは縦に薄切りにします。
3)フライパンに揚げ油を中火で熱し、ピーマンとにんじんを揚げ焼きにして取り出します。
4)なすの水気を拭き、同じフライパンに皮を下にして入れて揚げ焼きにして取り出します。
5)鶏むね肉は皮を除き、一口大のそぎ切りにして塩、こしょうををまぶします。
6)鶏肉に小麦粉を全体にまぶして溶き卵をくぐらせながら、空いた(4)のフライパンで揚げ焼きにして取り出します。
7)鍋に(A)を入れ、混ぜながら中火にかけてとろみがついたら大根おろしを加えて混ぜ合わせます。
8)器に焼き揚げした材料を盛りつけ、(7)をかけてゆずを添えれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2020年10月号をご覧ください。

まとめ

秋なすと鶏天のみぞれあんについてまとめました!
料理名だけだと難しく感じますが揚げ焼きするだけですので意外と手軽にできるかもしれません?
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました