【きょうの料理】りんごとしょうがの甘酒コンポートの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ

りんごとしょうがの甘酒コンポート
2021年4月27日放送のきょうの料理はとっておき!レシピリレー 「私のスピードおやつ」でりんごとしょうがの甘酒コンポートの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の横山タカ子さんです。

りんごとしょうがの甘酒コンポートのレシピ

りんごとしょうがの甘酒コンポートの材料(2~3人分)

・りんご:(小)1個(180g)
・しょうが(すりおろす):小さじ1
・甘酒(米麹で作ったもの/市販/濃縮タイプ):カップ1

りんごとしょうがの甘酒コンポートの作り方

1)りんごはよく洗って皮と芯を除き、一口大の乱切りにし、むいた皮と共に鍋に入れます。
2)しょうがを加え、水をヒタヒタまで注ぎます。
3)中火にかけ、リンゴが柔らかくなるまで5分間ほど煮ます。
4)りんごの皮を除いて器に盛り、甘酒を好みの量かけ、りんごの皮を添えれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

りんごとしょうがの甘酒コンポートについてまとめました!
砂糖を使わず、りんごと甘酒の甘みを生かします。
【きょうの料理】ねぎ焼きの作り方を紹介!上田淳子さんのレシピ
【きょうの料理】落合流フレンチトーストの作り方を紹介!落合務さんのレシピ
【きょうの料理】フルーツゼリーの作り方を紹介!山本麗子さんのレシピ
きょうの料理】チョコバナナのレンジジャムの作り方を紹介!ムラヨシマサユキさんのレシピ
【きょうの料理】いちご白玉の作り方を紹介!笠原将弘さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】さば缶ポテトサンドの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年4月5日放送のきょうの料理はお弁当にも活躍!作り置きおかず 「かんたん塩豚」でさば缶ポテトサンドの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは 料理研究家の横山タカ子さんです。

さば缶ポテトサンドのレシピ

さば缶ポテトサンドの材料(2人分)

・さば缶ポテトサラダ:半量(270g)
・食パン(サンドイッチ用):6枚
・キャベツ:2枚(100g)
・フレンチマスタード:大さじ3

さば缶ポテトサンドの作り方

1)キャベツはせん切りにし、フレンチマスタードで和えます。
2)食パンの片面にバター30gを等分に塗り、そのうちの3枚に(1)のキャベツの半量を等分にのせます。
3)キャベツの上にさば缶ポテトサラダ、残りのキャベツを等分にのせ、残りの食パンで挟みます。
4)(1)を重ねてラップで包み、重しをして30分間ほどおけば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

さば缶ポテトサンドについてまとめました!
【きょうの料理】さば缶ポテトサラダの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】さば缶ポテトコロッケの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ

【きょうの料理】塩豚の野菜炒めの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】塩豚ずしの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】かんたん塩豚の作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】さば缶ポテトコロッケの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年4月5日放送のきょうの料理はお弁当にも活躍!作り置きおかず 「かんたん塩豚」でさば缶ポテトコロッケの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは 料理研究家の横山タカ子さんです。

さば缶ポテトコロッケのレシピ

さば缶ポテトコロッケの材料(5個分)

・さば缶ポテトサラダ:半量(270g)
・パン粉:100g

・バター

さば缶ポテトコロッケの作り方

1)さば缶ポテトサラダは5等分にし、小判形にまとめて全体にパン粉をまぶしつけます。
2)天板にアルミホイルを敷き、(1)を並べて5等分したバター20gをのせます。
3)オーブントースターで焼き色がつくまで焼きます。
4)器に盛り付け、好みの野菜(分量外)を添えれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

さば缶ポテトコロッケについてまとめました!
【きょうの料理】さば缶ポテトサラダの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】さば缶ポテトサンドの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ

【きょうの料理】塩豚の野菜炒めの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】塩豚ずしの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】かんたん塩豚の作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】さば缶ポテトサラダの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年4月5日放送のきょうの料理はお弁当にも活躍!作り置きおかず 「かんたん塩豚」でさば缶ポテトサラダの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは 料理研究家の横山タカ子さんです。

さば缶ポテトサラダのレシピ

さば缶ポテトサラダの材料(3~4人分)

・じゃがいも:3~4個(350g)
・さばの水煮(缶詰):1缶(190g)

・塩:適宜
・黒こしょう(粗びき):適宜

さば缶ポテトサラダの作り方

1)じゃがいもは皮付きのまま小さめの乱切りにしてせいろに入れ、フライパンに湯を沸かしてせいろをのせ、中火で15分間ほど蒸します。
2)粗熱が取れたら皮をむいてボウルに入れ、麺棒などで好みの加減につぶします。
3)さばの水煮を缶汁ごと加え、木べらなどでよく混ぜ合わせます。
POINT:さば缶は汁ごと加えてうま味や塩味をじゃがいもに吸わせます。

4)さば缶によっては塩分が入ってないものもあるので好みで塩、黒こしょうで味を調えれば出来上がりです。
保存:冷蔵で3日間可能。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

さば缶ポテトサラダについてまとめました!
お手軽ポテサラのアレンジレシピは下記から↓
【きょうの料理】さば缶ポテトコロッケの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】さば缶ポテトサンドの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ

【きょうの料理】塩豚の野菜炒めの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】塩豚ずしの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】かんたん塩豚の作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】塩豚の野菜炒めの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年4月5日放送のきょうの料理はお弁当にも活躍!作り置きおかず 「かんたん塩豚」で塩豚の野菜炒めの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは 料理研究家の横山タカ子さんです。

塩豚の野菜炒めのレシピ

塩豚の野菜炒めの材料(2人分)

・かんたん塩豚(1mm厚さに切る):5枚(50g)
・ごサラダ油:大さじ2
・にんじん(せん切り):1/3本
・もやじ:200g
・キャベツ(ザク切り):2枚
・かんたん塩豚(1.5㎝角に切る):100g
・にら(35㎝長さに切る):1把(100g)
・お好みの野菜
・塩:小さじ1/2
・粗びき黒こしょう:少々
・削り節:適量

塩豚の野菜炒めの作り方

1)フライパンにサラダ油を熱し、にんじん、もやし、キャベツを炒めます
2)かんたん塩豚、にら、お好みの野菜を加えてさらに炒め、塩、黒こしょうで味を調えます。
3)器に盛り付け、削り節をたっぷりのせれば出来上がりです。
POINT:削り節が野菜の水分を吸うので弁当に入れても水気が出ません。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

塩豚の野菜炒めについてまとめました!
かんたん塩豚は大きめに切ってボリューム感と満足感を出します。
【きょうの料理】かんたん塩豚の作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】塩豚ずしの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】塩豚ずしの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年4月5日放送のきょうの料理はお弁当にも活躍!作り置きおかず 「かんたん塩豚」で塩豚ずしの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは 料理研究家の横山タカ子さんです。

塩豚ずしのレシピ

塩豚ずしの材料(5個分)

・かんたん塩豚(1mm厚さに切る):5枚(50g)
▼すし飯
・ご飯(炊きたて):1/2合分(175g)
▼A
・酢:大さじ1
・砂糖:小さじ1
・塩:小さじ1/4
・わさび(すりおろす):適量

塩豚ずしの作り方

1)(A)をよく混ぜ合わせ、ご飯に加えてしゃもじで切るように混ぜます。
2)(1)を5等分にし、ひと口大の俵形に握ります。
3)それぞれにかんたん塩豚、わさびをのせれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

塩豚ずしについてまとめました!
かんたん塩豚のアレンジレシピ、塩豚ずし傷みにくいすし飯はお弁当にいいですね。
【きょうの料理】かんたん塩豚の作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】塩豚の野菜炒めの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】かんたん塩豚の作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年4月5日放送のきょうの料理はお弁当にも活躍!作り置きおかず 「かんたん塩豚」でかんたん塩豚の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは 料理研究家の横山タカ子さんです。

かんたん塩豚のレシピ

かんたん塩豚の材料(作りやすい分量)

・豚肩ロース肉(塊):400g
・粗塩:大さじ約1
・※肉の重量の3.3%
・たまねぎ(六つ割りにする):1個分(200g)
※かぶ、ピーマン、かぼちゃ、トマトなど好みの野菜 でよい。種類や切り方によって焼き時間は調整する。
▼ねぎ塩だれ
・ねぎ(みじん切り):1本分(100g)
・塩:小さじ1/2

かんたん塩豚の作り方

1)豚肩ロース肉は全体に粗塩をまんべんなくすり込みます。
2)保存容器に入れてフタをして冷蔵庫で8時間以上おき、塩を馴染ませます。
3)天板にオーブンシートを敷き、(2)の豚肉をのせ、周りにたまねぎをのせます。
4)200℃のオーブンで30~40分間焼きます。
5)粗熱が取れたら食べやすく切り、器に玉ねぎともにもりつけます。
POINT:豚肉は粗熱を取ってから切るとうま味が逃げません。

6)ねぎと塩を混ぜ合わせたねぎ塩だれを添えれば出来上がりです。
保存(塊の状態で):冷蔵庫で3日間、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で1か月保存可能。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

かんたん塩豚についてまとめました!
万能保存食の塩豚でした。お試しください。
【きょうの料理】塩豚ずしの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
【きょうの料理】塩豚の野菜炒めの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【人生レシピ】保存食レシピ!りんごジュースピクルスの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年1月15日放送の人生レシピは知って得する!”保存食”活用術でりんごジュースピクルスの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の横山タカ子さんです。

りんごジュースピクルスのレシピ

りんごジュースピクルスの材料(2人分)

▼ピクルス
・大根:100g
・れんこん:100g
・にんじん:100g
・パプリカ(赤・黄):各50g
▼ピクルス液
・りんごジュース(果汁100%):160ml
・酢:80ml
・塩:大さじ1/2

・こしょう(粒):小さじ1

りんごジュースピクルスの作り方

1)れんこんはスライス、大根とパプリカ、にんじんはスティック状に切ります。
2)日持ちさせるために(1)を1分弱茹で、ザルに上げます。
3)煮沸消毒したガラス容器にピクルス液の材料を入れます。
4)(3)のピクルス液に水気を切った(1)を入れて粒こしょうを加えれば出来上がりです。
保存:冷蔵庫で1週間ほど可能。

まとめ

りんごジュースピクルスについてまとめました!
甘みと酸味が程よくマッチした1品です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【人生レシピ】保存食レシピ!大根の簡単ぬか漬けの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2021年1月15日放送の人生レシピは知って得する!”保存食”活用術でぬか床いらずの大根の簡単ぬか漬けの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の横山タカ子さんです。

大根の簡単ぬか漬けのレシピ

大根の簡単ぬか漬けの材料(2人分)

・大根:800g
・生ぬか:100g
・粗塩:大さじ2強
・りんご:1個
・赤とうがらし(種を抜く):3本

大根の簡単ぬか漬けの作り方

1)大根は早く味をしみ込ませるためピーラーで皮をむいて縦に4等分に切ります。
2)容器に大根を並べて皮ごと薄切りしたりんごを加え、塩、生ぬかをまんべんなくふりかけます。
3)材料の3倍の重しをのせてさらに重し(重量不明)をのせて3日間待てば出来上がりです。

まとめ

大根の簡単ぬか漬けについてまとめました!
シンプルだからこそ塩と生ぬかにこだわるそうです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】柿ドレッシングの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ


2020年11月16日放送のきょうの料理は手仕事12か月 「干し柿・ドライフルーツ」で柿ドレッシングの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の横山タカ子さんです。

柿ドレッシングのレシピ

柿ドレッシングの材料(作りやすい分量)

・柿ペースト:大さじ3
・酢:大さじ1
・塩:小さじ1/4

柿ドレッシングの作り方

1)ボウルに柿ペーストを入れ、酢、塩をそれぞれ混ぜながら加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。
2)今回はホタテのカルパッチョにかけていました。

詳細はきょうの料理2020年11月号をご覧ください。

まとめ

柿ドレッシングについてまとめました!
キレイな色のドレッシングでした。
是非お試しくださいね。
柿ペーストの作り方⇒ 【きょうの料理】柿ペーストの作り方を紹介!横山タカ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。