Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】親子チャーハンのレシピ

Facebook にシェア
Pocket

上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ 親子チャーハン

2019年8月2日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングは”北の国から”というテーマで中華の親子チャーハンについて紹介されました。
親子チャーハンを教えてくださったのは辻調理師専門学校 中華料理教授 石川智之先生です。




親子チャーハンのレシピ

MEMO:ご飯をパラパラに仕上げる炒め方を伝授します!
今回の講師は、辻調理師専門学校 中華料理教授 石川智之先生
ゲスト:いませんでした。
石川智之先生「さけは焼いてから合わせるということが多いと思いますけど生で使うことによってご飯にさけの香りがついて非常に香りが良くなります」

親子チャーハンの材料(2人分)

  • 塩さけ(中辛):100g
  • いくら(しょうゆ漬け):30g
  • レタス:40g
  • 卵(溶き卵):2個
  • ご飯:250g
  • しょうが(粗みじん切り):小さじ2
  • ナンプラー:小さじ2
  • 油:適量

親子チャーハンの作り方

1.さけは、2~3cm幅に切ります。
2.レタスは2cm角の大きさに切ります。
3.フライパンに油大さじ1を中火で熱し、溶き卵を入れてすぐにご飯を入れます。
石川智之先生「油がサラッとするまで熱し、先に卵入れてからご飯と混ぜます。半熟状態でご飯をしっかり混ぜることによってパラパラになります」
4.卵に火を通しつつ、ご飯を混ぜます。
石川智之先生「半熟の卵をからませることによってご飯がパラパラになります」
5.全体を広げるように炒めて火を通していきます。
石川智之先生「だんだん卵に火が通ってくると、黄色が色鮮やかになってきますので、時々返して塊をほぐします」
6.ある程度パラパラになったところで、中央を空けて油を適量入れ、そこにさけとしょうがを加えます。
石川智之先生「しょうがを加えることによって風味が増します」
7.さらに強火で一緒に炒めていきます。
石川智之先生「生の塩さけをことによって、さけのハラミから脂が出てチャーハンにさけの香りがしみてくれます」
8.さけの表面の色が変わってきたところでほぐしていきます。
石川智之先生「早い段階でほぐしてしまうとさけがパサパサになってしまいます」
ポイント:さけはほぐしながら炒めます。
9.8に香りが出たら火を止め、レタス、ナンプラーを加えて予熱で混ぜて出来上がりです。
ポイント:火を止めてレタス、ナンプラーを加えます。
10.器に盛り、いくらをちらしていただきます。

最後に

上沼恵美子さん「ナンプラーだけなのにすごく美味しくなっています」という感想でした。
塩さけで美味しくなっているのでしょうかね?
塩分が少なめだと思うので良さそうですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事