スポンサードリンク




【きょうの料理】ラタトゥイユの作り方を紹介!谷昇さんのレシピ

ラタトゥイユ レシピ

ラタトゥイユ
2020年6月29日放送のきょうの料理で谷昇のアジアごはんラタトゥイユの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはフランス料理店「ル・マンジュ・トゥー」オーナーシェフの谷昇さんです。




ラタトゥイユのレシピ

ラタトゥイユの材料(つくりやすい分量)

・トマト:5個(750~800g)
・なす:8個(500g)
・ズッキーニ:2本(280g)
・たまねぎ:2~3個(500g)
・パプリカ(赤):2個(150g)
・ピーマン:4個(160g)
・にんにく(みじん切り):3かけ分(30g)
・塩
・オリーブ油
・こしょう

ラタトゥイユの作り方

▼下ごしらえ
1)トマトはヘタをくり抜き、横半分に切ります。
2)たまねぎ、パプリカ、ピーマンはそれぞれ2~3cm四方に切ります。
3)なす、ズッキーニは皮を縞むきにして2cm角に切り、塩少々ふって15分間ほどおき、水気を切ります。
ポイント:余分な水分とアクを出しておくと油を吸いすぎず、仕上がりがキレイになります。

4)鍋にオリーブ油大さじ4、水カップ1/2を入れて中火で炒めます。
ポイント:たまねぎは油と水でじっくり炒めると早く甘みが引き出せます。

5)水分が少なくなったらにんにくを加えてサッと炒め、トマトをつぶして加え混ぜて煮ます。

6)フライパンにオリーブ油少々を入れ、パプリカをサッと炒めて鍋に加えます。
ポイント:それぞれ炒めてから加えた方が素材の香りが立ちます。

7)なすとズッキーニはフライパンにオリーブ油大さじ2でそれぞれ3分間ほど炒めて鍋に加えます。
8)それぞれの野菜を加えたら20分間ほど途中で足りないようなら水を適宜足して煮ます。
9)味をみて、塩で味を調え、フライパンにオリーブ油少々でピーマンをサッと炒めて鍋に加え混ぜます。
ポイント:ピーマンは苦みが出るので最後に加えます。
10)火を止めて、ザルでこして野菜と煮汁に分け、煮汁だけ鍋に戻して強火で煮詰めて野菜を戻して全体を合わせ、こしょう少々ふれば出来上がりです。
ポイント:煮汁を煮詰めて凝縮した味に!
※冷蔵庫で3日間、冷凍庫で1週間保存可能
詳細はきょうの料理2020年6月号をご覧ください。

まとめ

ラタトゥイユについてまとめました!
熱々も美味しいですが、冷やした方がより美味しくなるそうです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました