スポンサードリンク




【グレーテルのかまど】白こしあんの作り方を紹介!金澤賢吾さんのレシピ

白こしあんグレーテルのかまど

白こしあん
2022年1月1日放送のグレーテルのかまどは「新春を寿ぐ花びらもち」で白こしあんの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻製菓専門学校の金澤賢吾さんです。




白こしあんのレシピ

白こしあんの材料(作りやすい分量/約350g)

・白いんげん豆(乾燥したもの):100g
・グラニュー糖(上白糖でも可):120g
・水:適量

白こしあんの作り方

▼下準備
1)白いんげん豆をたっぷりの水に一晩浸けておきます。
POINT:十分吸水させておかないと茹でムラが出ます。
▼白あんを作ります。
2)白いんげん豆の水を捨てて豆を鍋に移し、新たに水(豆の高さの倍ほどの量)を加えて火にかけます。
3)沸騰したら、沸騰がおさまる程度の差し水をします。
4)再度、沸騰したら、茹で汁を捨てます(渋切り)。
POINT:アクが出ているので茹で汁を捨てます。

5)豆全体に水をかけ、アクを洗い流します。
6)豆を鍋に戻し、水(豆の高さの倍ほどの量)を加えて強火でさらに茹でます。
7)沸騰したら弱火にして豆がゆるやかに躍る程度の火加減で約2時間茹でます。
8)茹で汁が少なくなったら水を加え、常に豆がゆで汁の中にある状態で、豆が指で簡単に潰れるくらい柔らかくなるまでに茹でます。
9)大きめのボウルにザルを置き、豆を移します。
10)上から水をかけて豆を潰しながらこし、皮を取り除きます。
11)下のボウルに残った豆の中身を、水と供にこし器に通し、細かい皮を取り除きます。
12)しばらくおき、中身が沈んだら、濁った上水を捨てます。
13)たっぷりの水を注ぎ、(12)と同様の作業を行います。
14)これを上水が半透明になるまで2回ほど行い、アクを取り除きます。
15)上水を捨てさらしに受けて水気を切り、水分が出なくなるまでしっかり絞れば白生あんの完成です。
▼白こしあんを作ります。
16)鍋にグラニュー糖とグラニュー糖が浸るくらいの水を入れて沸騰させます。
17)グラニュー糖を煮溶かして白生あんを加え、木じゃくしで絶えず全体をかき混ぜながら、強火で焦がさないように炊きます。
18)あんをすくって落とし、山のようにこんもりした状態になるくらいのかたさまで炊き上げます。
19)バットなど平らな容器に小分けにして取り出し、冷ませば出来上がりです。

まとめ

白こしあんについてまとめました!
根気がいる作業ですね。
【グレーテルのかまど】花びらもちの作り方を紹介!上元純一さんのレシピ
これまでのグレーテルのかまどのレシピはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました