スポンサードリンク




【林修の今でしょ講座】豆乳味噌汁の作り方を紹介!エドワード・ヘイムズさんのレシピ

豆乳味噌汁レシピ

豆乳味噌汁
2021年3月9日放送の林修の今でしょ講座は今大人気の3大ミルク栄養対決で豆乳味噌汁の作り方について紹介されました!
教えてくれたのはMISOJYU 総合ディレクターのエドワード・ヘイムズさんです。




豆乳味噌汁のレシピ

豆乳味噌汁の材料(2人分)

・里芋(水煮):6個
※豊富な食物繊維が腸内環境を整え肌に働く効果が期待できます。
・バター:大さじ1
・和風だし:大さじ1
・ベーコン:適量
・鶏ガラだし:大さじ1
・豆乳:200ml
・ねぎ:1/2本
・しょう油:小さじ1
・生クリーム:100ml
・白味噌:大さじ2

豆乳味噌汁の作り方

1)ベーコン、里芋、ねぎをバター?油で炒めます。
POINT:豆乳は味が淡白なのでバターと醬油でコクを出します。

2)具材に火が通ったら、水200ml、和風だし、鶏ガラだし、溶いた白味噌を加えます。
ヘイムズさんによると、白味噌とクリーム系の相性が良いそうです。

3)火を止め、仕上げに豆乳、生クリームを加え、混ぜれば出来上がりです。
POINT:豆乳を沸騰させると肌に良いイソフラボンの効果が壊れるので仕上げに入れます。

まとめ

豆乳味噌汁についてまとめました!
肌に良い豆乳味噌汁お試しください。
東京農業大学教授の上原万里子先生によると、白味噌もイソフラボンが豊富、肌に働くダブルのパワーだそうです。
豆乳を凍らせる豆乳アイスがブームですが、上原万里子先生によると、凍らせてもイソフラボンは壊れないそうです。
【林修の今でしょ講座】アーモンドミルク味噌汁の作り方を紹介!音仲紗良さんのレシピ
【林修の今でしょ講座】フレンチ味噌豆乳ラーメンの作り方を紹介!頭痛対策レシピ
【林修の今でしょ講座】牛乳フルーツ寒天の作り方を紹介!疲労回復レシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました