Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



きょうの料理お父さんのきょうからキッチン レシピ和風チキンソテー

Facebook にシェア
Pocket

きょうの料理 お父さん 初心者 和風チキンソテー

きょうの料理6月17日放送は、初めてキッチンに立つお父さんのための新企画であるお父さんのきょうからキッチンで料理初心者でも失敗なし!のレシピを後藤アナが実践する3回目は和風チキンソテーを堀江ひろ子さんが教えてくれました。
講師:料理研究家 堀江ひろ子さん
シニア男性向けの料理教室も23年間主催しています。
実践者:後藤繁榮アナウンサー




和風チキンソテーのレシピ

堀江ひろ子さん「フライパンひとつでできる食べ応えのある皮もパリッと香ばしく焼きましょう。身もふっくらと仕上がるんですよ」
出来上がりの画像などは、こちら

和風チキンソテーの材料(2人分)

  • 鶏もも肉: 1枚(300g)
  • しょうが(皮ごとすりおろし汁にする):1かけ(10g)

▼A

  • 酒:大さじ1
  • バター:大さじ1/2(6g)
  • しょうゆ:大さじ1/2
  • オクラ:4本
  • 生しいたけ:4枚
  • 粉ざんしょう:適宜
  • サラダ油:少々

・こしょう
エネルギー:340kcal、塩分:2.3g(1人分)

和風チキンソテーの作り方

1.鶏肉は冷蔵庫から出しておき、紙タオルで水気を取り,皮は切らず身に切り込みを入れます。
ポイント:肉の筋を断ち切ると
・反り返らずに焼けます。
・火の通りが良くなります。
・味がなじみやすくなります。
2.鶏肉の身側に塩小さじ1/2弱ふり、しょうが汁をかけ、手でポンポンとたたいてなじませます。
3.フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、鶏の皮側を下にして焼きます。
ポイント:皮を下にして焼くとパリッと仕上がります。
4.3にフタをして中火で10分間焼きます(こうすることで裏返さなくても身にも火が通ります)。
ポイント:焼くのは皮側だけでOK
5.オクラはネットごとサッと洗い、塩小さじ1ふり、手で軽く揉んで、再度水で洗い流します。
6.水洗いしたオクラはヘタを取って斜め半分に切ります。
7.しいたけは石鎚を切り落とし、軸をかさから切り取り、縦半分に切り分け、2~3等分に切り、かさは半分に切り分けます。
8.鶏肉をフライパンから取りだし、皮を上にしておき、出た肉汁は捨てずおいておきます。
ポイント:皮をパリパリにするために皮を上にして休ませます。
9.フライパンはそのまま野菜を入れ軽く混ぜ、水小さじ2を入れてフタをし、蒸し焼きにします。
*油が多い場合は紙タオルで拭きます。
10.9のしいたけがしんなりすれば火が通っていますのでしんなりしたら器に盛ります。
11.フライパンはそのままで▼Aの酒、しょうゆ、バターの順に入れ最後に休ませておいた鶏肉の肉汁を加えてソースを作ります。
12.まな板に鶏肉の皮を上に置き、一口大に切ります。
13.野菜を盛った器に鶏肉を盛り11のソースをかけ、粉ざんしょうをふって出来上がりです。

最後に

本当にフライパンひとつで料理が出来上がりました。
鶏肉の油や肉汁など無駄にしないで出来上がり、鶏や野菜の味がしみ込みおいしいだろうなと思いました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事