スポンサードリンク




【きょうの料理】父さんのきょうからキッチン親子丼のレシピを堀江ひろ子先生が紹介

親子丼きょうの料理

親子丼
きょうの料理2020年4月14日放送は、初めてキッチンに立つお父さんのための新企画。後藤アナ実践するお父さんのきょうからキッチンで料理初心者でも失敗なし!親子丼のレシピが紹介されました。親子丼のレシピを教えてくれたのは、堀江ひろ子先生です。




親子丼のレシピ

講師:料理研究家・栄養士 堀江ひろ子先生
料理研究家・栄養士 母の故泰子さん娘のさわこさん親子三代で活躍 シニア男性向けの料理教室も20年以上にわたり主宰し、好評を博している。
実践者:後藤繁榮アナウンサー
今回は鶏むね肉を使ったあっさりした親子丼だそうです。

親子丼の材料(2人分)

・鶏むね肉(皮なし):1/2枚(100~120g)
・ご飯(温かいもの):丼2杯分(300~400g)
*米1合を炊くとご飯330~350gになります。
・ねぎ:1本(100g)
———-
▼A
・かたくり粉:大さじ1
・水:大さじ1
・卵:3個
———-
▼B
・だし:カップ1/2
・みりん:大さじ3
・しょうゆ:大さじ1+1/2
———-
・みつば(ザク切り):適量
・焼きのり(全形):1/2枚
・紅しょうが(細切り):適宜
・酒:小さじ2
・塩:1つまみ
エネルギー:520kcal/塩分:2.30g
*エネルギーは1人分

親子丼の作り方

1.鶏肉は縦半分に切り、繊維を断つようにして一口大のそぎ切りにし、ボウルに入れます。
ポイント:そぎ切りにすると、鶏肉が柔らかく、味がしみこみやすくなります。
2.(1)に酒、塩ひとつまみをふり、よくもみ込み、ねぎは小口切りにし、フライパンに入れます。
ポイント:酒をもみ込むと鶏肉の表面がしっとりとし、柔らかくなります。

3.(2)のねぎに(B)を入れて中火にかけ、煮立ったら鶏肉を加えて肉同士がくっつかないようサッと混ぜ、弱めの中火にしてフタをし、約2分間煮ます。

4.(A)は順に混ぜ合わせます。
ポイント:水溶きかたくり粉に卵を加えると、フワトロ食感になります。

5.(3)に(4)を回し入れ、片栗粉が沈まないよう大きく混ぜてみつばをのせて煮て、火を止めます。
ポイント:余熱で卵の半熟具合を調整します。

6.丼にご飯を盛り、焼き海苔をちぎってちらし、(5)を盛り、アクセントに紅しょうがをのせて出来上がりです。

最後に

親子丼の鶏はもも肉だと思っていましたが、むね肉でも美味しそうにできるんですね。
父さんのきょうからキッチンの記事一覧はこちら
【きょうの料理】今日からキッチン!オムライスの作り方を紹介!堀江ひろ子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました