スポンサードリンク




【きょうの料理】父さんのきょうからキッチンレシピ!あじフライなどを堀江ひろ子さんがを紹介!

父さんのきょうからキッチン レシピ

父さんのきょうからキッチン
2020年5月19日放送のきょうの料理で父さんのきょうからキッチンであじフライなどのレシピについて紹介されました!
初めてキッチンに立つお父さんのための新企画。後藤アナ実践するお父さんのきょうからキッチンで料理初心者でも失敗なし!
教えてくれたのは料理研究家・栄養士の堀江ひろ子さんです。




父さんのきょうからキッチンのレシピ

講師:料理研究家・栄養士 堀江ひろ子先生
料理研究家:栄養士:母の故泰子さん娘のさわこさん親子三代で活躍 シニア男性向けの料理教室も20年以上にわたり主宰。
実践者:後藤繁榮アナウンサー

あじフライのレシピ

あじフライの材料(2人分)

・あじ:2~3匹(400g)
▼バッター液
・牛乳大さじ:1+1/2
・小麦粉大さじ:1+1/2
・生パン粉:カップ1+1/2
・キャベツ(せん切り):100g
・青じそ(せん切り):6枚分
・レモン(くし形):2切れ
・中濃ソース:適宜
・しょうゆ:小さじ1
・こしょう
・揚げ油
・タルタルソース:適宜
※下記を参照

あじフライの作り方

▼三枚おろしから始まりましたが、文字では伝えにくいですし、後藤繁榮アナにはあらかじめ用意されていたので、省きます。
スーパーなど販売されていますし、なくても頼むとおろしてもらえます^^;
1)おろしたあじをバットに入れ、しょうゆとコショウをまぶし、ひともみして下味をつけます。
2)(1)をキッチンペーパーで軽く抑え、裏返して同様に抑えます。
▼バッター液
3)小麦粉と牛乳で溶いたバッター液が入ったボウルに下味をつけたあじを入れ、バッター液をまぶします。
4)(3)にパン粉をまぶします。
ポイント:生パン粉はバッター液のついていないてでつけます。
▼揚げます。
5)揚げ鍋に揚げ油を3cm深さまで注ぎ180℃に熱し、(4)を入れ、裏返さず、そのままで色がつくまで揚げます。
6)新聞紙を下に敷いたキッチンペーパーに取り出して油を切ります。
7)器にキャベツと青じその千切りを混ぜた物を盛り、そこにあじフライを自分が美味しそうと思うように盛り、レモンを添えて出来上がりです。
*タルタルソースまたは中濃ソースでいただきます。

タルタルソースのレシピ

タルタルソースの材料(作りやすい分量)

・ゆで卵(みじん切り):1/2個
・らっきょうの甘酢漬け(みじん切り):大さじ2
・プレーンヨーグルト(無糖):大さじ2
・マヨネーズ:大さじ2
・パセリ(みじん切り):大さじ1
・こしょう:少々

タルタルソースの作り方

1)ボウルに材料を全て入れ、混ぜ合わせます。
簡単で面白い作り方は以下から
おは朝【レンチンポーク南蛮のレシピ】学生筋肉料理人だれウマさんが紹介

あじのたたきのレシピ

あじのたたきの材料(2人分)

・あじ(三枚におろした物):2匹(250~300g)
・塩:少々
・青じそ:2枚
▼薬味
・しょうが(千切り):1片(10g)
・みょうが(千切り):1個
・青じそ(千切り):8枚
・細ねぎ(3cm長さに切る):2本

あじのたたきの作り方

1)薬味は水にさらし、水気を切っておきます。
ポイント:薬味は水にさらすと、アクが抜けてシャキッとします。
2)刺身なのであじの皮をはぎます。
3)(1)は斜めに薄切りにしてボウルに入れ、塩をふり、箸で軽く混ぜます。
4)(3)に薬味を加え、箸で混ぜます。
5)器に青じそを敷いて(4)をこんもり盛りつければ出来上がりです。
詳細はきょうの料理2020年5月号をご覧ください。

まとめ

父さんのきょうからキッチンについてまとめました!
魚の三枚おろしは初めてでは難しいですね。
テレビを視ていてもよく分かりませんでした(爆)
役立たずで申し訳ありません。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました