【おかずのクッキング】鶏から揚げ2種盛りの作り方を紹介!笠原将弘さんのレシピ

鶏から揚げ2種盛り
2021年10月24日放送のおかずのクッキングで鶏から揚げ2種盛りの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは和食料理店賛否両論オーナーシェフの笠原将弘さんです。

鶏から揚げ2種盛りのレシピ

鶏から揚げ2種盛りの材料(2人分)

・鶏もも肉:1枚
▼A
・しょうゆ:大さじ2
・みりん:大さじ2
・おろししょうが:小さじ1/2
・おろしにんにく:小さじ1/2
・鶏むね肉:1枚
▼B
・水:200ml
・砂糖:10g
・塩:10g
・粉山椒:小さじ1/3

・溶き卵:1個分
・小麦粉:大さじ3
・片栗粉:適量
・揚げ油:適量
・サラダ菜:6枚
▼C
・レモン(半月切り):2切れ
・マヨネーズ:少々
・練りわさび:少々
・一味唐辛子:少々

鶏から揚げ2種盛りの作り方

1)鶏もも肉は、大きめのひと口大に切り、鶏むね肉は皮を取って2cm厚さのそぎ切りにします。
2)もも肉は(A)を揉み込んで20分ほどおきます。
3)(B)を混ぜてからむね肉を1時間ほど浸けおきます。
4)むね肉は汁気を切って溶き卵を揉み込み、さらに小麦粉を揉み込みます。
5)もも肉は汁気を切って片栗粉をまぶして皮が表に出るよう丸め、170℃の揚げ油で皮を下にして1度目は3分揚げ、網に上げて3分休ませて予熱で火を入れます。
6)もも肉を休ませている間にむね肉をお170℃の揚げ油で3分ほど揚げ、(5)に取り出して油を切ります。
7)もも肉の2度目は水分を飛ばすため空気に触れさせながら揚げ、衣が黒くなる前に取り出して油を切ります。
POINT:空気に触れさせながら揚げます。
POINT:衣が黒くなる前に取り出します。

8)器にサラダ菜を敷いて鶏肉を盛り付け、(C)を添えれば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

鶏から揚げ2種盛りについてまとめました!
もも肉とむね肉、それぞれの美味しさを生かした夢のから揚げです。
【おかずのクッキング】豚ごぼうの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
【おかずのクッキング】きんぴら豆腐の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
笠原将弘さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】豚ごぼうの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ


2021年10月24日放送のおかずのクッキングで豚ごぼうの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の土井善晴さんです。

豚ごぼうのレシピ

豚ごぼうの材料(2人分)

・ごぼう:70g
豚バラ肉(塊):100g
砂糖:大さじ1
しょうゆ:大さじ2/3
酒:大さじ2
植物油:大さじ1/2

豚ごぼうの作り方

1)豚バラ肉は食べやすい大きさのそぎ切りにします。
2)ごぼう5~6cm長さの拍子木または千六本に切ります。
3)フライパンに植物油大さじ1/2、ごぼうを入れて炒めます。
4)火を弱めて砂糖、しょうゆ、酒、豚肉を加え、ヘラで温度を上げないよう煽りながら煮汁を絡めながら仕上げれば出来上がりです。。
POINT:弱火のまま豚肉を炒めます。
POINT:弱火で混ぜ続けながら炒めます。
POINT:肉の縮み方を見て火の通りを判断します。
POINT:最後に火を強めて煮汁を絡めます。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

豚ごぼうについてまとめました!
調味料を加えて煮詰め、絡めて仕上げます。
【おかずのクッキング】鶏から揚げ2種盛りの作り方を紹介!笠原将弘さんのレシピ
【おかずのクッキング】きんぴら豆腐の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
土井善晴さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】きんぴら豆腐の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ


2021年10月24日放送のおかずのクッキングできんぴら豆腐の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の土井善晴さんです。

きんぴら豆腐のレシピ

きんぴら豆腐の材料(2人分)

・ごぼう:70g
・絹ごし豆腐:1/2丁
・赤唐辛子(半分に切り種を除く):1本
・砂糖:大さじ1
・しょうゆ:大さじ1
・酒:大さじ2
・植物油:大さじ1

きんぴら豆腐の作り方

1)ごぼう5~6cm長さの拍子木または千六本に切ります。
POINT:アク抜きはしません。

2)フライパンに植物油、ごぼう、赤唐辛子を入れて炒め、油が馴染んだら、ごぼうが硬くならないように酒、砂糖、しょうゆを入れ、炒め合わせます。
POINT:ごぼうは油で炒めると硬くなります。
POINT:柔らかくするには酒か水を入れ煮る時間を長くします。

3)ごぼうを寄せて空いたところに絹ごし豆腐を加え、菜箸で食べやすい大きさに切って豆腐が熱くなるまで転がしながら火を入れれば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

きんぴら豆腐についてまとめました!
豆腐を炒りつけて煮詰めます。
【おかずのクッキング】鶏から揚げ2種盛りの作り方を紹介!笠原将弘さんのレシピ
【おかずのクッキング】豚ごぼうの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
土井善晴さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】コウケンテツさんのレシピ!鶏肉のコチュジャン焼きの作り方を紹介!


2021年10月10日放送のおかずのクッキングで鶏肉のコチュジャン焼きの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家のコウケンテツさんです。

鶏肉のコチュジャン焼きのレシピ

鶏肉のコチュジャン焼きの材料(2人分)

・鶏もも肉(から揚げ用):300g
・れんこん:小1節
▼コチュジャンだれ
・しょうゆ
・コチュジャン
・砂糖:大さじ1
・おろしにんにく:1片分
・酢:小さじ1
・塩:少々
・粗びき黒こしょう:少々
・ごま油:大さじ2~3
・小ねぎ(小口切り):適量
・白炒りごま:小さじ1

鶏肉のコチュジャン焼きの作り方

1)鶏もも肉は塩、粗びき黒こしょうをふり、軽く揉みます。
2)れんこんは皮をむき、縦に棒状に切ります。
3)フライパンにごま油を中火で熱し、鶏肉を皮を下にして入れ、空いたところにれんこんを並べます。
POINT:鶏肉は皮目を下にして入れます。
POINT:鶏肉は皮に濃い焼き目をつけます。

4)れんこんは転がしながら焼き、こんがりと焼けたら取り出します。
5)鶏肉は皮が濃い色に焼けたら裏返し、フタをして火を弱め、2~3分焼きます。
6)れんこんを戻し入れて混ぜ合わせたコチュジャンだれを回し入れ、全体に絡めながら煮詰めます。
7)器に盛り付け、小ねぎ、白炒りごまをふれば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

鶏肉のコチュジャン焼きについてまとめました!
ご飯もビールもすすむおかずです。
【おかずのクッキング】まいたけの炊き込みご飯の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
【おかずのクッキング】里芋の煮ころがしの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】まいたけの炊き込みご飯の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ


2021年10月10日放送のおかずのクッキングでまいたけの炊き込みご飯の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の土井善晴さんです。

まいたけの炊き込みご飯のレシピ

まいたけの炊き込みご飯の材料(4人分)

・米:2カップ
・まいたけ:100g
・油揚げ:1枚
・こんにゃく:120g
・だし汁:洗い米と同量
※洗い米:洗ってザルに上げ、40分ほどおきます。
・しょう油:大さじ3
・みりん:大さじ1
・塩:小さじ1/3
・もみのり(お好みで):適量

まいたけの炊き込みご飯の作り方

1)まいたけは手で潰してからほぐし、細かく刻みます。
2)炊飯器に洗い米とだし汁、まいたけ、しょう油、みりん、塩を入れて炊きます。
3)器に盛り付け、お好みでもみのりをふれば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

まいたけの炊き込みご飯についてまとめました!
まいたけは細かく刻むとだしが出ます。

【おかずのクッキング】里芋の煮ころがしの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
土井善晴さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】里芋の煮ころがしの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ


2021年10月10日放送のおかずのクッキングで里芋の煮ころがしの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の土井善晴さんです。

里芋の煮ころがしのレシピ

里芋の煮ころがしの材料(作りやすい分量)

・里芋:8~10個(500g)
・水:2カップ
・酒:1/2カップ
・ザラメ糖:大さじ2
・たまり醤油:大さじ2
・植物油:大さじ1

里芋の煮ころがしの作り方

1)里芋は包丁で皮をこそげて、なり口を切り、洗います。
POINT:新鮮なものは布巾で皮がむけます。

2)鍋に植物油と里芋を入れて火にかけて炒め、油と馴染ませます。
POINT:里芋は重ならないように平らに並べます。

3)酒と分量の水を加えて煮立ったら、ザラメ糖を入れて落としブタをして弱めの中火で10分煮ます。
4)里芋が柔らかくなったら、たまり醤油を加えてさらに15分ほど煮ます。
POINT:煮汁が少し残る程度に煮詰めます。

5)器に盛り付け、煮汁は別の容器に入れて添えれば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

里芋の煮ころがしについてまとめました!
少し残した煮汁は漬けダレになります。

土井善晴さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】ミートソースパスタの作り方を紹介!弓削啓太さんのレシピ


2021年10月3日放送のおかずのクッキングでミートソースパスタの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはSALONE2007料理長の弓削啓太さんです。

ミートソースパスタのレシピ

ミートソースパスタの材料(2人分)

・スパゲッティ(1.8mm):160g
・ミートソース:2人分
・粗びき黒こしょう:適量
・パルミジャーノレッジャーノ(すりおろし):適量
・エキストラバージンオリーブ油:適量
▼ミートソース(6人分)
・たまねぎ(5mm角):75g
・にんじん(5mm角):75g
・セロリ:75g
・オリーブ油:50g
・にんにく(つぶす):1片
・ローリエ:3枚
・トマトペースト:50g
・ホールトマト缶:1缶

・牛ひき肉(合いびき肉でも可):500g
・塩:5g
・おろしにんにく:1/2片分
・粗びき黒こしょう:適量
・赤ワイン:小さじ2
・オリーブ油:80g
・強力粉:適量

ミートソースパスタの作り方

1)ボウルに牛ひき肉、塩、おろしにんにく、粗びき黒こしょう、赤ワインを加えてよく練り混ぜ、ラップを被せて冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
2)鍋ににんじん、玉ねぎを入れ、にんにく、オリーブ油、ローリエを加えて強火で1分ほど炒め、油を馴染ませます。
3)中火で20分ほど炒め、色がつき始めたら弱火にして10分ほど炒めます。
ソフリット:香味野菜を長時間炒め、うま味を凝縮させたイタリア料理の味のベース。
POINT:褐色になるまで炒めるとコクと深みが出ます。

4)(3)にトマトペーストを加えて焼き、ホールトマト缶を加えて弱火で煮ます。
POINT:トマトペーストをしっかり焼き、味を深めます。

5)(1)を(4)の鍋に入る大きさの円盤状のハンバーグにします。
6)ハンバーグの全面に薄く強力粉をまぶします。
弓削啓太さんによると、小さく丸めると強力個の量が多くなり重たいソースになるのでハンバーグ(ひと塊)の大きさがベストだそうです。

7)フライパンを熱々に熱し、オリーブ油とハンバーグを入れ、両面にしっかりと焼き色をつけて焼きます。
POINT:ガリガリになるまでしっかり焼きます。

8)(4)のソースに加えて火を止めます。
9)(7)のフライパンに残った油を捨てて水200mLを加え、へらでフライパンの底のうま味をこそげ落としてソースに加えます。
10)中火で煮てハンバーグがパンパンに膨らんでから、へらでハンバーグをひと口大に崩しながらソースの汁気がなくなる手前まで煮つめたらミートソースの完成です。
11)鍋に2人分のミートソースを取り分けます。
12)別鍋に湯、1%の塩(分量外)を入れて沸かし、スパゲッティを茹でます。
POINT:ミートソースのうま味に負けない太めのパスタを使います。

13)表示時間より30秒ほど早く引き上げて湯を切り、ソースの鍋に加えて火にかけながら、和えます。
14)パスタが好みのかたさになったら、パルミジャーノレッジャーノを加えて混ぜ、火を止めてエキストラバージンオリーブ油を回しかけて混ぜます。
POINT:仕上げのオリーブ油は火を止めて回しかけます。

15)器に盛り、パルミジャーノレッジャーノ、粗びき黒こしょう(各適量)をふりかければ出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

ミートソースパスタについてまとめました!
こんなミートソースで食べたら美味しいでしょうね^^
【おかずのクッキング】お赤飯の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】お赤飯の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ


2021年10月3日放送のおかずのクッキングでお赤飯の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の土井善晴さんです。

お赤飯のレシピ

お赤飯の材料(8~10人分)

・小豆:1カップ
・もち米:3カップ
・塩:小さじ3/4

お赤飯の作り方

▼前日の準備
1)小豆は洗って、鍋にかぶるくらいの水を入れ中火にかけ、煮立てば一度ゆでこぼします(沸騰したら湯を切る)。
2)静かに水面が微笑むくらいの水加減で、小豆を少しかために茹でます。
POINT:煮崩れないで食べられるかたさに茹でます。

3)(2)の鍋を、水に当て粗熱がとれるくらいまで置き、小豆とゆで汁とに分けます。
4)小豆はザルに上げてかたく絞った濡れ布巾をかけ、ゆで汁はボウルに取り、水に浮かべて手早く冷まします。
5)小豆のゆで汁はもち米を浸します用とは別に本蒸し用と打ち水用に1カップほど取りおきます。
6)もち米は軽く洗ってザルに上げ、小豆のゆで汁に一晩浸します。
▼当日の仕事
7)蒸し器にお湯を沸かします。
8)浸したもち米をザルに上げ、中段に蒸し布を敷いてもち米を広げ、強火で20分蒸します。
9)ボウルに、本蒸し用のゆで汁3/4カップと塩を合わせておきます。
10)蒸し布ごと取り出し、もち米を(9)のボウルに入れ、木じゃくしで切るように混ぜます。
POINT:ゆで汁をもち米に含ませます。

11)ゆで小豆も豆を崩さないように加えて混ぜます。
12)蒸し器に(8)と同様に蒸し布を広げて(11)を戻し入れます。
13)再びフタをして強火で20分蒸します。
蒸し器の湯が無くならないように注意します。

14)蒸し上がったお赤飯を味見し、かたさなどを確かめ、ゆで汁の打ち水や塩をして好みに調えます。
15)打ち水をしたら、さらに3~5分はきっちり熱くなるまで再び蒸します。
16)寿司桶に、蒸し布ごと取り出して冷ませば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

お赤飯についてまとめました!
2日に分けて作るんですね。
【おかずのクッキング】ミートソースパスタの作り方を紹介!弓削啓太さんのレシピ
土井善晴さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】ポークジンジャーの作り方を紹介!榊原大輔さんのレシピ


2021年9月26日放送のおかずのクッキングでポークジンジャーの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはレストラン サカキオーナーシェフの榊原大輔さんです。

ポークジンジャーのレシピ

ポークジンジャーの材料(1人分)

・豚ロース肉とんカツ用(1.5cm厚さ):1枚
・塩:少々
・小麦粉:適量
▼ジンジャーソース(作りやすい分量/混ぜ合わせる)
・醤油:50ml
・酒:50ml
・みりん:20ml
・砂糖:20g
・おろし玉ねぎ:10g
・おろししょうが:5g
・おろしにんにく:少々
・赤唐辛子:1/3本

ポークジンジャーの作り方

1)豚ロースとんかつ用肉は常温に戻し、筋切りをします。
▼ジンジャーソースを作ります。
2)ジンジャーソースの材料を混ぜ合わせます。
※ポークソテーの他に、チキンソテーぶりの照り焼き、から揚げ下味、冷や奴などにも使えます!

3)肉の片面に塩をふり、小麦粉を薄くまぶします。
POINT:こしょうは焦げてえぐみになるのでしなくても大丈夫です。

4)フライパンを強めの中火で熱し、豚肉の脂身を下にして立てて香ばしい焼き色がつくまで2分ほど焼きます。
5)横に倒して、豚肉から出た脂で表面を2分ほど焼きます。
6)ひっくり返し、裏面も2分ほど焼きます。
7)脂が多いようなら、少し残してキッチンペーパーで除きます。
8)ジンジャーソースをレードル1杯分(70ml)を加えて煮立ったら、フタをして弱火にし、2分ほど蒸し焼きにします。
POINT:途中、ソースが煮つまりすぎるようなら、水少々を足します。

9)火を止めてフタをしたまま、2分ほどおき、余熱で火を通します。
POINT:ポークジンジャーを美味しく焼く5つの「2分」
1.脂身を2分焼きます。
2.表面を2分焼きます。
3.裏面を2分焼きます。
4.ソースを加えて2分蒸し焼きにします。
5.火を止めて予熱で2分火を入れます。

10)器に付け合わせ2種(テキスト8月9月号に掲載)、豚肉を盛り付け、フライパンに残ったソースをかければ出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

ポークジンジャーについてまとめました!
ご飯がすすむ一品です。
【おかずのクッキング】サンマのかば焼きの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おかずのクッキング】サンマのかば焼きの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ


2021年9月26日放送のおかずのクッキングでサンマのかば焼きの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の土井善晴さんです。

サンマのかば焼きのレシピ

サンマのかば焼きの材料(2人分)

・サンマ:2尾
・醤油:大さじ1
・砂糖:大さじ1
・みりん:大さじ1
・酒:大さじ1
・植物油:大さじ1
・小麦粉:適量
・粉山椒:適量
・青じそ:適量

サンマのかば焼きの作り方

1)サンマは水洗いしてうろこを取り、頭を切り落として腹側に包丁を入れて内臓をこそげ出します。
2)内蔵を取り出したら腹部を流水で洗ってて水気をしっかり拭きます。
3)頭側から包丁を入れ、中骨に沿って上身をさばき、半分に切ります。
4)下身も同様にさばき、三枚におろして半分に切ります。
5)サンマの両面に軽く小麦粉をつけ、余分な粉を落とします。
6)フライパンに植物油を熱し、身を下にしてサンマを入れます。
7)焼き色がついたら返し、皮をさっと焼き、キッチンペーパーで脂を拭き取ります。
8)醤油、砂糖、みりん、酒を入れて煮立てます。
9)最後に中火にして煮汁を絡め、器に盛り付けます。
10)青じそを添え、お好みで粉山椒をふれば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

サンマのかば焼きについてまとめました!
イワシでも同様に作れます。
【おかずのクッキング】ポークジンジャーの作り方を紹介!榊原大輔さんのレシピ
土井善晴さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。