スポンサードリンク




【きょうの料理】なすとさけのはさみ揚げの作り方を紹介!松本忠子さんのレシピ

なすとさけのはさみ揚げ レシピ

なすとさけのはさみ揚げ
2020年7月27日放送のきょうの料理は夏はやっぱり なすおかずでなすとさけのはさみ揚げの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の松本忠子さんです。




なすとさけのはさみ揚げのレシピ

なすとさけのはさみ揚げの材料(2~3人分)

・なす:4個(340g)
・さけの水煮缶:(小)1缶(100g)
*皮を除きます。
・玉ねぎ(みじん切り):大さじ4
にんじん(すりおろす):大さじ2
▼A
・たまねぎ(みじん切り):大さじ4
・にんじん(すりおろして軽く水気を切る):大さじ2
・溶き卵:1/2個分
・パン粉:大さじ1
・塩小さじ:1/4
・こしょう:少々

・溶き卵:1個分
・パン粉:適量
・すだち:適量
・ウスターソース:適量
・練りがらし:適量
・塩
・小麦粉

なすとさけのはさみ揚げの作り方

1)ボウルにさけを入れ、そこに(A)を加えてよく混ぜ合わせてタネを作ります。
2)なすはヘタを取り除いて縦半分に切り、皮をピーラーで縞むきしてて塩水に5~10分間ほどつけてアクを抜きます。
3)なすは1個ずつ水気を拭き、ガクの方を2~3cm残して厚み半分に切り込みを入れ、切り口に小麦粉適量を茶こしなどでふるって薄くまぶします。
4)(3)のなすに(1)のタネを8等分してはさみます。
ポイント:タネはたっぷりはさみ、ヘラなどを使って形よく整えます。

5)(4)の表面に小麦粉適量、溶き卵、パン粉を順につけ、175~180℃に熱した揚げ油で2分間ほどカラリと揚げます。

6)器に盛りつけ、半分に切ったすだち、練りがらし、ウスターソースを添えて出来上がりです。
詳細はきょうの料理2020年7月号をご覧ください。

まとめ

なすとさけのはさみ揚げについてまとめました!
なすを食べて暑い夏を乗り切りましょう。
【きょうの料理】なすと牛肉のごまみそ炒めの作り方を紹介!松本忠子さんのレシピ
【きょうの料理】なすと鶏肉のほたほた煮の作り方を紹介!松本忠子さんのレシピ
夏バテ防止レシピは⇒ こちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました