スポンサードリンク




【ごごナマ】苦味がまろやかなゴーヤチャンプルーの作り方を紹介!沖縄料理レシピ

苦味がまろやかなゴーヤチャンプルー レシピ

苦味がまろやかなゴーヤチャンプルー
2020年7月3日日放送のごごナマで暑い夏を乗り切れ!絶品”沖縄料理”苦味がまろやかなゴーヤチャンプルーの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはルーマニア出身沖縄料理店店主のマリアさんです。




苦味がまろやかなゴーヤチャンプルーのレシピ

豚肉とゴーヤで夏バテ解消!

苦味がまろやかなゴーヤチャンプルーの材料(2人分)

・ゴーヤ:1/2本
*苦み成分「モモルデシン」が胃の働きをよくし、食欲増進!豚肉との相性も抜群!
・島豆腐:1/2丁
・卵:2個
・ポークスパム:1/3缶
・塩:少々
・和風の顆粒だし:少々
▼まろやか食材
・たまねぎ(スライス):1/4個
・にんじん(細い千切り):1/4本
*野菜の甘みでゴーヤの苦みがまろやかに!

苦味がまろやかなゴーヤチャンプルーの作り方

1)ゴーヤはワタと種を取り除き、3mmにカットします。
ポイント:ゴーヤの苦い部分は外のつぶつぶ、ピーラーで削ればかなり苦みが減ります。
2)フライパンで島豆腐とポークスパムをサッと炒め、ゴーヤを加えたらたまねぎ、にんじんをくわえて炒めます。
3)塩と和風の顆粒だしで味付けしたらフタをして蒸し焼きにします。
4)火が通ったら溶き卵を加え、卵が固まったら出来上がりです。
ポイント:卵は固まるまでかき混ぜません。

まとめ

苦味がまろやかなゴーヤチャンプルーについてまとめました!
ゴーヤを加えたらほとんど何もしないで出来上がりました。
ゴーヤの苦みは特に嫌ではないですが、つぶつぶを削って比べてみたいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました