スポンサードリンク




【3分クッキング】トマトと卵の炒めもののレシピを 小林まさみ先生が紹介

トマトと卵の炒めものレシピ

トマトと卵の炒めもの
キューピー3分クッキング2020年4月23日放送で「トマトと卵の炒めもの」のレシピが紹介されました。教えてくれたのは料理研究家 小林まさみ先生です。




トマトと卵の炒めもののレシピ

講師:料理研究家 小林まさみ先生
小林まさみ先生「材料も調味料もとてもシンプルで簡単な炒め物です。ご飯にも良く合います」
聞き手:佐藤真智子日本テレビアナウンサー

トマトと卵の炒めものの材料(4人分)

トマト:(大)3個(550g)
・卵:5個
・塩:ひとつまみ
・長ねぎ(白い部分):1本分(80g)
・塩:小さじ1
・こしょう:少々
・砂糖:小さじ1/2
・片栗粉:小さじ1(倍量の水で溶く)
・ごま油
1人前あたり・エネルギー:198kcal・塩 分:1.9g

トマトと卵の炒めものの作り方

1.トマトはヘタをくりぬき、熱湯に1個ずつ入れ、皮がはじけてきたら取り出し、すぐに水にとって皮をむき、水気を拭いて8等分のくし形に切ります。
小林まさみ先生「トマトはなるべく完熟の赤い物を使ってください」
小林まさみ先生「皮をむくと炒めたときに崩れやすくなって食感がよくなります」

2.長ねぎは斜め5mm幅に切ります。
3.ボウルに卵を割り入れ、塩を加えて溶きほぐします。
4.フライパンにごま油大さじ2を入れ、強火で煙が出るくらいまで熱し、(2)の卵液を入れ、木ベラで大きく混ぜながら返すように炒め、半熟状になったらとり出します。

5.鍋をきれいに拭き、ごま油大さじ1/2を熱し、長ねぎを加えてしんなりするまで炒め、(1)のトマト、塩、こしょう、砂糖を加えて強火にして炒めます。
小林まさみ先生「トマトは煮抜きして皮をむいてあるのでまわりが崩れやすく水分が出てくるんです。それぐらいまで炒めるのがポイントです。
そうした方がうま味が出ますし、柔らかいと卵と良く合うんです」

6.トマトのまわりがくずれて水分が出てきたら、出てきた水分によりますので様子を見ながら少し火を弱めて水溶き片栗粉を加え、とろみをつけていきます。
7.(4)の卵をほぐしてから戻し入れ、全体を揺すりながらさっと炒め合わせて出来上がりです。
詳細は、3分クッキング2020年4月号をご覧ください。

最後に

柔らかいトマトと卵想像しただけで美味しそうです^^
小林まさみさんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの小林まさみさんのレシピ一覧はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました