スポンサードリンク




今でしょ!講座【納豆の免疫力UP&花粉症予防&骨粗しょう症予防効果】渡辺光博先生が解説

林修の今でしょ!講座 納豆 効果 健康

林修の今でしょ!講座 納豆 効果
林修の今でしょ!講座2020年2月18日放送で、納豆博士が伝えたい「納豆4大パワー」が紹介されました。
世界が今、長寿研究で最も注目している食材が納豆!
そんな納豆について教えてくれたのは、慶應義塾大学大学院 医学部 教授 渡辺光博先生です。




納豆4大パワー

渡辺光博先生によると、納豆を1日1パック食べると死亡率が約10%低下するそうです。
*国立がん研究センターによる多目的コポート研究

最新研究死亡率が約10%減

2020年1月30日納豆に関する驚きの最新研究が発表されたそうです。
それは国立がん研究センターが約9万人を約15年かけて調査
納豆を1日1パック食べると死亡リスクが約10%減

Q.1日1パック食べることで健康効果が得られた?
国立がん研究センターが発表:納豆を1日1パック食べると心筋梗塞などの循環器系疾患が約20%減少。

世界の最新研究では納豆の免疫力をUPさせる成分に注目しているそうです。
世界が最も注目している免疫力をUPさせる納豆の成分は「スペルミジン」
今世界が注目!腸を元気にして免疫力をUPさせる納豆の成分スペルミジン。
マウスを使った実験結果ではスペルミジンを摂取すると寿命が約25%伸びたそうです。
*アメリカ テキサスA&M大学による研究
渡辺光博先生によると、マウス実験で約25%伸びた⇒人間で例えると80歳が100歳まで伸びることに!?
渡辺光博先生によると、納豆の成分スペルミジンは腸内の老化した細胞を修復し、免疫細胞を活性化するそうです。
腸内の免疫細胞⇒年齢と共に減少、しかし、スペルミジンが免疫細胞を活性化⇒病原菌を減らす働きがあるといいます。
渡辺光博先生によると、世界中でスペルミジンを最も多く含む食品の1つが納豆だそうです。

Q.スペルミジンは納豆だけでなく大豆に入っている成分?
渡辺光博先生によると、スペルミジンは大豆を発酵させることで作られる成分だそうです。
納豆がすごい理由:大豆の栄養(大豆イソフラボンなど)+発酵で作られる成分(スペルミジンなど)

納豆で免疫力UP

納豆×酢で免疫力UP

腸内の善玉菌を増やす納豆(納豆菌)×酢(グルコン酸)のWパワーで免疫力UP!
茨城のご長寿の方は納豆に酢を大さじ1杯ほどかけて食べていました。美味しくなるそうですよ。
渡辺光博先生によると、酢は血流も良くなりますし、腸の活性化にも大切なんだそうです。
納豆の納豆菌と同様に酢のグルコン酸も腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内が活性化免疫力もUPし、ウイルス撃退効果も期待できると言うことです。
また、渡辺光博先生によると、カルシウムの吸収も酢は助けてくれるそうです。
80歳の時エベレスト登頂に成功したプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(87)も酢納豆(納豆×酢)を食べているそうです。

納豆×白菜漬けで免疫力UP

ポイントは白菜漬けの乳酸菌
福島の方は良く食べているそうで、見ると白菜漬けを細かく刻んで納豆に混ぜて食べていました。
納豆菌×乳酸菌のダブルパワーで腸内の善玉菌を増加!
デザートにヨーグルトを食べるのも良いそうです。

花粉症予防!?

納豆のすごいパワー:納豆を1日1パックで花粉症の症状を軽減!?
渡辺光博先生によると、納豆には花粉症撃退物質が含まれているそうです。
それは納豆の「納豆菌」&「レバン」花粉などのアレルギーを抑制!?
納豆のネバネバ成分(レバン&ポリグルタミン酸)と熱湯菌が花粉などのアレルギーを抑制することが分かっているそうです。
渡辺光博先生によると、納豆は納豆菌が腸内で増えるため、たくさん食べる必要がないそうです。

骨粗しょう症予防!?

納豆を1日1パック食べると、骨粗しょう症予防が期待できる!?
ノーベル賞で話題に!納豆に豊富に入っている成分ビタミンK2が骨を丈夫にする!?
2016年東京工業大学の大隈良典教授が、オートファジーのメカニズムの発見」でノーベル生理学・医学賞を受賞!
オートファジーとは:自己再生能力
人間には古い細胞を分解して新しい細胞に修復するというメカニズムがあるそうです。
骨も細胞の働きで常に新しい物に作り替えられているのですが、加齢と共に骨の自己再生能力が低下していくのです。
これが老化、しかし納豆の成分が自己再生能力をUP⇒骨を強くするパワーを持っているそうです。
渡辺光博先生によると、骨のオートファジーを活性化するには納豆の2つの成分が必要だそうで、
骨のオートファジーを促す成分はスペルミジン&ビタミンK2だそうです。
・スペルミジン⇒自己再生能力を活性化
・ビタミンK2⇒骨を形成する働き
スペルミジンの適量は納豆1パックで良いそうです。
渡辺光博先生によると、納豆はものすごいビタミンK2が豊富なんだそうです。
抗凝固剤で血栓の治療を受けている方などは医師の指示に従ってください

納豆が苦手な方必見!納豆博士おすすめ!骨に良い理にかなった絶品料理

納豆カリカリチーズ焼きのレシピ

1.納豆1パックに小麦粉大さじ2、水大さじ1をよく混ぜ合わせます。
2.(1)に溶けるチーズ大さじ1、お好みでねぎ適量、しょうゆ・塩各少々を加えます。
3.フライパンにオリーブオイルできつね色になるまで焼けば出来上がりです。
納豆の匂いはそんなになく、納豆の美味しさはそのままで、香ばしくて食感が良いそうです。
渡辺光博先生によると、熱湯菌は120℃でも死なないそうです。
渡辺光博先生によると、加熱でナットウキナーゼは減少するそうですが、免疫力UPのスペルミジンと納豆菌は減らないそうです。

まとめ

・死亡率約10%減
・免疫力UP⇒お酢&乳酸菌
・骨を強化⇒カルシウム豊富なチーズ
※腎機能・糖尿病などで治療中の方は主治医とご相談の上で摂ってください。
・納豆1パックで免疫力UP、花粉症軽減、骨粗しょう症予防
渡辺光博先生によると、納豆の弱点はビタミンCがないことだそうです。
これを補ってくれるのが長いもです。
長芋の成分ペクチン×納豆で腸内のスペルミジンの量が増加するそうです。
今でしょ!講座【長いもの免疫力UP&インフル予防&認知症対策効果】田村哲彦先生が解説
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました