スポンサードリンク




【きょうの料理】栗原はるみさんのレシピ!ロールキャベツの作り方を紹介!

ロールキャベツきょうの料理

ロールキャベツ
2021年3月8日のきょうの料理の放送は栗原はるみのおいしいのきっかけ「ロールキャベツ」で春のちらしずしの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の栗原はるみさんです。




春のちらしずしのレシピ

春のちらしずしの材料(4人分)

・米:400ml(カップ2)
▼すし酢
・酢:カップ1/2
・砂糖:大さじ2
・塩:小さじ3/4~1
▼卵焼き
・卵:3個
・だし:大さじ3
・砂糖:大さじ2
・塩:少々

・刺身の盛り合わせ(まぐろ、白身魚、ゆでだこ、サーモンなどお好みのも):4人分

・貝割れ菜:1パック(50g)
・もみのり:適量
・青じそ(せん切り):適宜
・すだち(くし形に切る):適宜
・白ごま:適宜
・おろしおわさび:適宜

・サラダ油
・しょうゆ

春のちらしずしの作り方

1)米は洗ってザルに上げ、15分間ほどおいて水気を切ります。
2)炊飯器の内釜に入れ、水カップ2を注いで普通に炊きます。
▼すし酢を作ります。
3)すし酢の材料を合わせ、砂糖と塩が溶けるまでよく混ぜます。
4)炊きたてのご飯にすし酢を加えてサックリと切るように混ぜ、布巾を被せて冷まします。
POINT:サックリと切るように混ぜます。
▼卵焼きを作ります。
5)ボウルに卵焼きの材料を入れて混ぜ、ザルでこします。
6)卵焼き器にサラダ油少々を熱してよく馴染ませ、卵液を一度流し入れます。
7)弱火にしてフタをし、5~6分間卵を巻かずに焼きます。
8)裏返して反対側も弱火で焼き、中まで火を通し、粗熱を取ってから2cm角に切ります。
おいしいのきっかけ:卵焼きは巻かずに両面を焼きます。

9)刺身の盛り合わせは2cm角に切り、貝割れ菜は2~3cm長さに切ります。
10)器にすし飯を盛り、もみのりをちらします。
11)好みの刺身、卵焼き、貝割れ菜を彩りよくのせます。
12)しょうゆ適量、好みで青じそ(、すだち、白ごま、おろしわさびを添えれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年3月号をご覧ください。

まとめ

春のちらしずしについてまとめました!
卵焼きは裏返したら焦げない程度に火を通します。
>> 春のちらしずし
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました