スポンサードリンク




【きょうの料理】里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮の作り方を紹介!杉本節子さんのレシピ

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮 レシピ

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮
2020年9月30日放送のきょうの料理は秋野菜使いきりで里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは家庭料理家の杉本節子さんです。




里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮のレシピ

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮の材料(2人分)

・蒸しゆで里芋8~10個(400g)
・鶏もも肉:1枚(250g)
・しめじ:1/2パック(50g)
・しょうが:2かけ(20g)
▼A
・水:80ml
・酒:大さじ1+1/2
・砂糖:大さじ1+1/2
・しょうゆ:大さじ1+1/3
・みりん:小さじ2
・昆布:(3cm四方)1枚

・さやいんげん:(塩ゆでしたもの)8本
・青柚子の皮(すりおろす):適宜
・塩
・こしょう
・かたくり粉:小さじ2
・サラダ油:小さじ2

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮の作り方

▼里芋の下ごしらえ(蒸し茹で)
1)里芋はたわしで泥をきれいに洗い、深めのフライパンに里芋を重ならないように並べ、かぶるくらいの水を注ぎ、フタをして強めの中火にかけます。
2)沸騰したら中火にして20~25分間茹でて竹串がスッと通ればザルに上げ、10分ほどおいて粗熱を取ります。
3)保存は皮付きで保存袋に入れて冷蔵庫・冷凍庫で保存します。
保存:冷蔵庫で約1週間・冷凍庫で約3週間
▼里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮
4)しょうがは皮付きのまま薄切りにし、しめじは石づきを除き、食べやすい大きさにほぐします。
5)鶏肉は一口大に切って塩、こしょうを軽くふり、かたくり粉をまぶします。
6)深めのフライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を皮を下にして入れ、皮側から焼いて焼き色がついたら上下を返し、全体をこんがりと焼きます。
7)鶏肉を中央を空けて端に寄せ、強めの中火にして空いたところに皮をむいた蒸しゆで里芋、(4)のしょうが、(A)を入れ、フタをして7~8分間、時々煮汁を回しかけながら煮ます。
8)(4)のしめじを加え、煮汁を飛ばすように鍋を揺すって、全体に煮汁を絡ませます。
9)器に盛って半分に切ったさやいんげんを添え、好みで青柚子の皮を散らせば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2020年10月号をご覧ください。

まとめ

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮についてまとめました!
ご飯に合いそうなおかずでした。お試しを。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました