スポンサードリンク




【ハナタカ】餃子の皮の作り方を紹介!餃子専門店餃子マニアのレシピ

餃子の皮レシピ

餃子の皮
2020年9月10日放送のハナタカで餃子の皮の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは餃子マニア品川本店店長の井上辰俊さんです。




餃子の皮のレシピ

餃子の皮の材料(専門店40枚分の場合)

・強力粉:300g
・お湯:150ml
井上辰俊さんによると、お湯の方がコシが出てモチモチとした食感になるそうです。
・塩:3g

餃子の皮の作り方

1)ボウルに小麦粉と塩を入れて混ぜてお湯を加え、3分ほどに練り混ぜます。
2)生地を丸い形にしてラップをし、30分寝かせます。
3)小さくちぎり、焼く直前に伸ばせば出来上がりです。
POINT:早めに伸ばすと水分がなくなくなりモチモチ感がなくなります。

日本人の3割しか知らないこと:生の餃子を冷凍する時の大事ななポイント

生の餃子を冷凍する時、片栗粉を敷いてから餃子をおき、餃子の上に片栗粉をかけてか冷凍するといいそうです。
井上辰俊さんによると、乾燥するのを防ぎ、皮同士がくっつかないそうです。

さらにオススメの方法:凍ったら一度、冷凍庫から取り出して、バラバラにして保存袋などへ入れます。⇒1週間ほど美味しく食べられるそうです。

井上辰俊さんによると、餃子のあんを作る時、豚ひき肉に小さめに切った豚バラを20%ほど混ぜると肉々しい食感と脂がプラスされるそうです。

あんを作る時は野菜を入れる前に肉だけを混ぜる方がいいそうです。⇒手の温度で肉の脂が溶けないように注意します。
⇒氷に当てながらヘラで混ぜる方がいいそうです。⇒白っぽく粘りが出るまで混ぜます。
餃子マニア品川本店の詳細はこちら

まとめ

餃子の皮についてまとめました!
美味しい餃子を手作りで食べてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました