スポンサードリンク




【主治医が見つかる診療所】ホタテのともあえの作り方を紹介!家庭料理レシピ

ホタテのともあえ レシピ

ホタテのともあえ
2021年1月21日放送の主治医が見つかる診療所は血液を改善し、認知症やがんの予防効果も期待できる「ホタテ」を紹介で認知症予防!ホタテのともあえの作り方について教えてくれたので紹介しています!




ホタテのともあえのレシピ

▼ホタテに含まれる3つのパワー
1.悪玉コレステロール値を下げる「タウリン」
2.認知症予防につながる「プラズマローゲン」
3.老化やがんを防ぐ「ペクテノロン」

ホタテのともあえの材料

・ホタテの卵巣(ホタテのオレンジの部分):適量
・茹で貝柱:適量
・みそ:適量
・マヨネーズ:適量
・昆布だし:適量
・塩:適量
・すりごま:適量

ホタテのともあえの作り方

1)ホタテの卵巣を茹でます。
2)茹でた卵巣をミキサーに入れてかくはんし、細かくします。
3)茹で貝柱、みそ、マヨネーズ、昆布だし、塩、すりごまを加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。

まとめ

ホタテのともあえについてまとめました!
地元青森県平内町ではよく食べられるそうです。
東北大学大学院教授落合芳博農学博士によると、卵巣などに含まれている「ペクテノロン」は老化やがんを促進する活性酸素を消去する働きがあるとされているそうです。
ペクテノロン:抗酸化作用があり、老化予防やがん予防の効果が期待できると言われているそうです。
アンチエイジング効果でか?楽天では売り切れでした^^;
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました