スポンサードリンク




【主治医が見つかる診療所】横尻伸ばし(お尻スライド)のやり方を宇田川賢一先生が伝授!

お尻スライド 健康

お尻スライド
22020年7月9日放送の主治医が見つかる診療所で横尻伸ばしのやり方について紹介されました!
教えてくれたのはFIELD RIVER筋膜治療院院長あん摩マッサージ指圧師の宇田川賢一先生です。




お尻スライド(横尻伸ばし)

日本人の9割以上がすでに固まっている横尻(中殿筋)
宇田川先生の横尻伸ばしで健康になった人によると、痛みや不調が改善したそうです。
Q.なぜ横尻が硬くなると腰・ヒザ・股関節の不調が起こる?
宇田川賢一先生によると、運動不足や負担がかかりすぎると固まってしまうそうです。
そうなるとゆがみが生じて体が傾いてきて、ヒザ痛・腰痛につながってくるそうです。
椎間板ヘルニアや座骨神経痛の症状も宇田川先生の経験ではお尻が固まっているのが原因だそうです。
横尻が固まると、骨盤がゆがみ、姿勢が悪くなってしまい、この状態が続くと腰・ヒザ・股関節に痛みが生じるそうです。

横尻の硬さチェック

用意する物:大きめのゴムボール、硬式テニスボール、軟式野球ボールなどある程度硬い丸い物ならOKです。
1)横尻にボールを当てて寝転びます。
・痛みを感じる⇒横尻が硬くなっている可能性が高いそうです。
宇田川先生によると、横尻の部分はいつも体を支えて固定している筋肉なので知らない間にどんどん硬いのが蓄積していくそうです。
お尻は、脂肪量が非常に多いため、奥深くにある筋肉をチェックしづらので固まっていることに気づかない人が多いそうです。

お尻スライド(横尻伸ばし)のやり方

1)足を肩幅に開きます。
2)右手を横尻におきます。
3)横尻を右手で押しながら左へスライドさせます。
4)そのまま左手を真上に伸ばし、体を右方向へ倒し、10秒間キープします。
ポイント:気持ちよく伸びるまで横尻をスライドさせます。
このお尻スライドは左右10秒ずつ×3回を1セット行います。

まとめ

内科・リウマチ科医の中山久德先生によると、足を左右方向に動かす時に使われるのが横尻で、
あまりこういう運動をあまりしないので確かに鍛えにくいかもしれませんが、横尻がしっかりと働いていると正しい姿勢で歩けるそうです。
一生涯自分の足でしっかりと歩けるためにも横尻を鍛えることは大事だと言うことでした。
腰、ヒザの痛みがある方は是非行ってみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました