スポンサードリンク



【まる得マガジン】ビビンバ風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介

まる得マガジン 炊き込みご飯 ビビンバ風 レシピ
まる得マガジン 炊き込みご飯 ビビンバ風

まる得マガジン2020年1月16日の放送で炊飯器で世界の炊き込みご飯「ビビンバ風(韓国)」のレシピが紹介されました。
炊飯器でつくる!世界の炊き込みご飯。今回は韓国のビビンバ。
料理研究家 荻野恭子先生は世界60ヶ国以上を旅し、その食文化を研究してきた食の冒険家です。
炊飯器で楽しめる美味しい世界旅行はいかがですか?
ビビンバ風炊き込みご飯のレシピを教えてくれたのは、料理研究家 栄養士 フードコーディネーター 荻野恭子先生です。




ビビンバ風炊き込みご飯のレシピ

講師:料理研究家 栄養士 フードコーディネーター 荻野恭子先生
ゲスト:市川紗椰さん

ビビンバ風炊き込みご飯の材料

・うるち米:2合
・白ごま
・ごま油
・刻みのり
▼具材
・合いびき肉
・塩
・こしょう
・水
・小松菜(5cm?長さに切る)
・まいたけ(石づき切り落とし、ほぐす)
・にんじん(5cm?長さに切る)
・豆もやし
▼炊き汁
・水:カップ1
・塩
・白ごま
・パプリカパウダー
▼たれ
・にんにく(すりおろす)
・コチュジャン
・しょうゆ
・ごま油
・白ごま

ビビンバ風炊き込みご飯の作り方

1.うるち米は洗い、30分間水に浸し、ザルに上げて水気を切り、炊飯器に入れます。
*5合炊き以上の炊飯器を使用。
▼具材
2.具材の合いびき肉に塩、こしょうをふり、水を加えてよく混ぜ合わせます。
3.混ぜ終わったら(1)の炊飯器の中央にのせます。
4.その周りに小松菜、まいたけ、にんじん、豆もやしをのせたら、塩、こしょうをふります。
▼炊き汁
5.水に塩、香りつけに白ごまを入れ、混ぜ合わせ炊き汁をつくります。
6.(1)の炊飯器に炊き汁を入れ、早炊きモードで炊きます。
*「早炊きモード」は炊飯器によって名称が異なります。
▼たれ(今回のビビンバ風の美味しさのポイントになるそうです。)
7.すりおろしたにんにくに、コチュジャン、しょうゆ、ごま油、白ごまを加えてよく混ぜ合わせ、炊いている間にたれを作ります。
8.炊きあがったら、、保温を切り、よく混ぜ、器にごはんを盛り、その上に具材をのせ、白ごま、ごま油、刻みのりをかけ、たれを添えればビビンバ風炊き込みご飯の出来上がりです。
*たれとよく混ぜていただきます。

詳細はテキストNHK まる得マガジン 炊飯器でつくる!世界の炊き込みご飯をご覧ください。

最後に

ごま油の香りが良く、すごく美味しいそうです。
たれも甘辛く丁度良いです。という感想でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました