スポンサードリンク




【まる得マガジン】カオマンガイ風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介

まる得マガジン 炊き込みご飯 カオマンガイ風 レシピ

まる得マガジン 炊き込みご飯 カオマンガイ風
まる得マガジン2020年2月18日の放送で炊飯器で世界の炊き込みご飯「カオマンガイ風(タイ)」のレシピが紹介されました。 カオマンガイ風のレシピを教えてくれたのは、料理研究家 栄養士 フードコーディネーター 荻野恭子です。




カオマンガイ風炊き込みご飯のレシピ

講師:料理研究家 栄養士 フードコーディネーター 荻野恭子先生
ゲスト:市川紗椰さん

カオマンガイ風炊き込みご飯の材料

・ジャスミンライス(うるち米でも可):2合
*香りの良さから香り米とも呼ばれています。
▼お好みの野菜(番組では下記の野菜でした)
・トマト
・きゅうり
・パクチー
▼具材
・鶏もも肉
・塩
・こしょう
▼炊き汁
・水:カップ1
・塩
・パクチー(根)
*根がない場合は茎や葉でも可
・塩
▼たれ
・ナンプラー
・おろしにんにく
・しょうが(おろす)
・粉とうがらし
・砂糖
・みそ
・酢
・水

カオマンガイ風炊き込みご飯の作り方

1.米は洗い、30分間水に浸し、ザルに上げて水気を切り、炊飯器に入れます。
*5合以上の炊飯器を使用。
▼具材
2.鶏もも肉の両面に塩・こしょうをふります。
▼炊き汁
3.ボウルに水、塩、パクチーを入れよく混ぜます。

4.(1)に鶏もも肉をのせ、炊き汁を入れて早炊きモードで炊きます。
*「早炊きモード」は、炊飯器によって名称が異なります。
▼たれを炊きあがるまでの時間で作ります。
5.材料を全てをボウルに入れてよくかき混ぜればたれは完成です。
6.炊きあがったら、鶏肉を取り出し、食べやすい大きさに切ります。
7.ごはんを器に盛り、鶏肉をのせ、お好みの野菜を添え、たれをかければ、カオマンガイ風の出来上がりです。

詳細はテキストNHK まる得マガジン 炊飯器でつくる!世界の炊き込みご飯をご覧ください。
ガパオライス風炊き込みご飯の作り方も掲載されているそうです。

最後に

市川紗椰さん「たれが最高ですね」という感想でした。
【まる得マガジン】メキシカンライス風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介
【まる得マガジン】リゾット風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介
【まる得マガジン】パエリア風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介
【まる得マガジン】中華おこわ風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介
【まる得マガジン】プロフ風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介
【まる得マガジン】ビリヤニ風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介
【まる得マガジン】ビビンバ風炊飯器で簡単レシピを荻野恭子先生が紹介
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました