スポンサードリンク




【おしゃべりクッキング】鯛ごはんの作り方を紹介!岡本健二さんのレシピ

鯛ごはんレシピ

鯛ごはん
2022年1月4日放送のおしゃべりクッキングは”鯛をあじわう”というテーマで鯛ごはんの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校日本料理教授の岡本健二さんです。




鯛ごはんのレシピ

鯛ごはんの材料(2~3人分)

・たい(三枚おろしの片身1枚):450g
・油揚げ:1枚
・にんじん:80g
・木の芽:20枚
・酒:大さじ1
・米:2合
・塩:適量
・油:適量
▼合わせだし
・だし:450ml
・みりん:大さじ1
・塩:小さじ1/2
・薄口しょう油:大さじ1+1/3

鯛ごはんの作り方

1)たいは背と腹に分けてそれぞれのかたくなりやすい尾側の1/3を切り、尾側の身に塩をふります。
2)フライパンに油適量を熱して中火で香ばしく焼き、取り出してご飯に馴染むよう骨を除きながら細かくほぐします。
POINT:焼いたたいは細かくほぐします。

3)合わせだしのだし、みりん、塩、薄口しょうゆを合わせます。
4)油揚げはみじん切りにし、にんじんは3mm角に切ります。
5)炊飯器に洗った米、合わせだし、(4)、(2)を入れて炊きます。
6)残りのたいの身(頭側)を5mm厚さのそぎ切りにし、薄く塩をして5分おきます。
7)木の芽は粗く刻みます。
8)(5)の炊き上がったご飯にたいのそぎ切りを加え、酒をふり10分蒸らします。
POINT:酒をふって10分蒸らします。
9)(8)に木の芽を加えて軽く混ぜ、器に盛り付ければ出来上がりです。
詳細は、上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

鯛ごはんについてまとめました!
蒸したたいの身がふっくらと柔らかいそうです。
岡本健二さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの岡本健二さんのレシピ一覧はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました