【おしゃべりクッキング】豚肉の玉ねぎ風味の作り方を紹介!岡本健二さんのレシピ

豚肉の玉ねぎ風味
2021年10月21日放送のおしゃべりクッキングは”簡単スピードメニュー”というテーマで豚肉の玉ねぎ風味の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校日本料理教授の岡本健二さんです。

豚肉の玉ねぎ風味のレシピ

豚肉の玉ねぎ風味の材料(2人分)

・豚肩ロース肉(しょうが焼き用):250g
・玉ねぎ:150g
・あさつき:10本
・にんにく:5g
・ぽん酢:大さじ4
・ベビーリーフ:適量
・塩:適量
・黒こしょう:適量
・油:適量

豚肉の玉ねぎ風味の作り方

1)豚肩ロース肉は筋を切り、塩、黒こしょうで下味をつけます。
2)玉ねぎは粗みじん切りにし、あさつきは小口切りにしてにんにくはみじん切りにします。
3)フライパンに油適量を中火で熱し、豚肉を香ばしく焼き目をつけます。
POINT:豚肉は香ばしく焼きます。

4)器に盛り付け、ベビーリーフを添えます。
5)同じフライパンに玉ねぎ、にんにくを入れて中火で炒め、しんなりしたらぽん酢を加えてひと煮立ちさせ、酸味を飛ばします。
POINT:ぽん酢を加えて煮立てます。
6)豚肉の上に(5)をのせ、あさつきをちらせば出来上がりです。
詳細は、上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

豚肉の玉ねぎ風味についてまとめました!
しょうが焼きを超えたかも!?だそうです。
岡本健二さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの岡本健二さんのレシピ一覧はこちら


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】鶏とかぼちゃのXO醤蒸しの作り方を紹介!石川智之さんのレシピ


2021年10月15日放送のおしゃべりクッキング”バランスごはん”というテーマで中華の鶏とかぼちゃのXO醤蒸しの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校中華料理教授の石川智之さんです。

鶏とかぼちゃのXO醤蒸しのレシピ

鶏とかぼちゃのXO醤蒸しの材料(2人分)

・鶏骨つきもも肉(ぶつ切り):350g
・かぼちゃ:100g
・ブロッコリー:130g
・パプリカ(赤):1/2個
・長ねぎ:1/3本
・しょうが(薄切り):5g
・片栗粉:大さじ1
・塩:小さじ1/4
・砂糖:小さじ1/2
・しょうゆ:小さじ2
・オイスターソース:小さじ2
・XO醤:大さじ2

鶏とかぼちゃのXO醤蒸しの作り方

1)鶏骨つきもも肉は大きいものは3~4cm角に切ります。
2)かぼちゃは7~8mm厚さ、4cm長さに切り、ブロッコリーは小房に分けます。
3)パプリカは一口大に切り、長ねぎは1cm幅に切ります。
4)ボウルに入れた鶏肉に片栗粉をまぶして端に寄せます。
POINT:鶏肉に片栗粉をまぶします。
5)空いたところで塩、砂糖、しょうゆ、オイスターソースを合わせて鶏肉に絡ませ、15分おきます。
6)(5)にXO醤、かぼちゃ、ブロッコリー、パプリカ、長ねぎ、しょうがの薄切りを混ぜます。
7)器に(6)を平らに盛り付け、蒸気の上がった蒸し器に入れて強火で12分蒸せば出来上がりです。
POINT:強火で12分蒸します。
詳細は上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

鶏とかぼちゃのXO醤蒸しについてまとめました!
鶏が骨から身がホロッと取れるくら柔らかいそうです。
石川智之さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの石川智之さんのレシピ一覧はこちら


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】元気もりもりスパイシーカレーの作り方を紹介!小池浩司さんのレシピ


2021年10月12日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングは”バランスごはん”のテーマで元気もりもりスパイシーカレーの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校西洋料理教授の小池浩司さんです。

元気もりもりスパイシーカレーのレシピ

元気もりもりスパイシーカレーの材料(2人分)

・鶏胸肉(皮なし):100g
・ほうれん草:1株(20g)
・香菜(シャンツァイ):5g
・ミックスビーンズ:100g
・ココナッツミルク:70ml
・ご飯:適量
▼カレーベース
・クミンシード:小さじ1/2
・赤唐辛子:1本
・ローリエ:1枚
・バージンオリーブ油:大さじ2
・玉ねぎ(みじん切り):150g
・カレー粉:小さじ2
・トマトの水煮(カットタイプ):150g
・ブイヨン:250ml
・おろししょうが:小さじ1
・おろしにんにく:小さじ1/2
・塩:小さじ1
・ガラムマサラ:小さじ1

元気もりもりスパイシーカレーの作り方

1)鶏胸肉は厚さを1㎝切りってから5cm長さ、1cm角の棒状に切り、ほうれん草は5cm長さに切ります。
2)カレーベースの赤唐辛子は種を取り、香菜は3cm長さに切ります。
▼カレーベース作ります。
3)フライパンにクミンシード、赤唐辛子、ローリエ、バージンオリーブ油を入れて中火にかけます。
4)泡が出てきたら弱火にし、ゆっくり炒めて香りを移して玉ねぎのみじん切りを加え、中火で4分炒めます。
POINT:スパイスはゆっくり炒めて香りと辛みを移します。
5)(4)にカレー粉を加えて弱火で炒めます。
6)トマトの水煮、ブイヨン、おろししょうが、おろしにんにく、塩を加えて強火で煮立て、アクを取って弱火で7分煮ます。
POINT:カレーベースは弱火で7分煮ます。
7)(6)にガラムマサラを加えて3対2に分け、多い方にミックスビーンズを加えて温めます。
8)少ない方に鶏胸肉、ココナッツミルクを加えて弱火で1分火を通し、ほうれん草を加えます。
9)器にご飯を盛り付け、カレー2種をかけて香菜をのせれば出来上がりです。
詳細は上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

元気もりもりスパイシーカレーについてまとめました!
3種類の味が楽しめるそうです。
小池浩司さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの小池浩司さんのレシピ一覧はこちら


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】リヨン風サラダの作り方を紹介!小池浩司さんのレシピ


2021年10月12日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングは”バランスごはん”のテーマでリヨン風サラダの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校西洋料理教授の小池浩司さんです。

リヨン風サラダのレシピ

リヨン風サラダの材料(2人分)

・サニーレタス:100g
・鶏レバー:2対(130g)
・ベーコン(かたまり):50g
・黒酢:小さじ2
・カマンベールチーズ:2切れ(30g)
・バゲット(1cm厚さ):2枚
・温度卵:2個
・塩:適量
・こしょう:適量
・黒こしょう:適量
・バージンオリーブ油:小さじ2
▼ドレッシング:
・マスタード:大さじ1/2
・白ワイン酢:大さじ1
・塩:小さじ2/3
・こしょう:適量
・バージンオリーブ油:大さじ3

リヨン風サラダの作り方

1)サニーレタスは一口大にちぎり、鶏レバーは血や筋を取り除いて一口大に切ります。
2)鶏レバーを氷水で洗って水気を取り、ベーコンは7mm角の拍子木切りにします。
3)ドレッシングのマスタード、白ワイン酢、塩、こしょうを混ぜ、バージンオリーブ油を少しずつ加えながら混ぜておきます。
4)鶏レバーに塩、こしょうしてフライパンにバージンオリーブ油小さじ2を熱し、中火で焼いてザルに取り出して油を切ります。
POINT:鶏レバーは中火で焼きます。

5)フライパンを拭き、バージンオリーブ油を足してベーコンを中火で炒めます。
6)鶏レバーを戻し入れ、黒酢を加えて強火で水分を飛ばします。
POINT:黒酢を加えて強火で水分を飛ばします。

7)バゲットにカマンベールチーズをのせ、トースターで焼きます。
8)器にサニーレタスを盛り付け、ドレッシングをかけます。
9)ベーコン、鶏レバー、温度卵を盛り、黒こしょうをふって(7)を添えれば出来上がりです。
詳細は上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

リヨン風サラダについてまとめました!
いろんな味が楽しめるそうです。
小池浩司さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの小池浩司さんのレシピ一覧はこちら


最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】いかマグロ丼の作り方を紹介!岡本健二さんのレシピ


2021年10月7日放送のおしゃべりクッキングは”簡単スピードメニュー”というテーマでいかマグロ丼の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校日本料理教授の岡本健二さんです。

いかマグロ丼のレシピ

いかマグロ丼の材料(2人分)

・ご飯:適量
・まぐろ(刺身):200g
・もんごういか(胴/刺身用):100g
・山椒の佃煮:10g
・ごま油:小さじ2
・しょう油:小さじ2
・みりん:小さじ1
・水:小さじ1
・おろしわさび:小さじ1
・焼きのり:1枚
・青ねぎ(小口切り):1本
・いりごま(白):適量

いかマグロ丼の作り方

1)いかは細かく切り込みを入れて7mm厚さのそぎ切りにします。
2)山椒の佃煮をみじん切りにしてボウルに入れ、ごま油、しょう油、みりん、分量の水、おろしわさびを加えます。
3)(2)を混ぜ合わせ、まぐろといかにかけて馴染ませ、3分おきます。
POINT:まぐろといかは3分おいて馴染ませます。

4)焼きのりを適当な大きさにちぎってフライパンに入れ、中火で焦げないように動かしながら乾炒りして香りを出します。
POINT:のりはちぎって乾炒りし、香りを出します。

5)器にご飯を盛り付け、焼きのりと青ねぎ少量を散らします。
6)まぐろといかをのせてつけだれをかけ、いりごまと残りの青ねぎを散らせば出来上がりです。
詳細は、上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

いかマグロ丼についてまとめました!
箸が止まらないほど美味しいそうです。
岡本健二さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの岡本健二さんのレシピ一覧はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】豚肉と玉ねぎのポットローストの作り方を紹介!小池浩司さんのレシピ


2021年9月21日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングは”キャンプ飯”のテーマで豚肉と玉ねぎのポットローストの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校西洋料理教授の小池浩司さんです。

豚肉と玉ねぎのポットローストのレシピ

豚肉と玉ねぎのポットローストの材料(3~4人分)

・豚肩ロース肉(かたまり):500g
・マスタード:大さじ2
・ローリエ:2枚
・塩:小さじ1
・こしょう:適量
・玉ねぎ:500g
・にんにく:1/2片
・バージンオリーブ油:大さじ1
・白ワイン:大さじ2

豚肉と玉ねぎのポットローストの作り方

1)豚肩ロース肉をポリ袋に入れ、半量の塩、こしょう、豚肉を柔らかくするためマスタードを揉み込んでローリエを入れて口を閉じ、冷蔵庫で一晩おきます。
POINT:豚肉にマスタードを揉み込みます。

2)玉ねぎは繊維を断ち切るように1cm幅に切り、にんにくは薄切りにします。
3)ダッチオーブンを熱してバージンオリーブ油を入れ、玉ねぎ、にんにく、残りの塩を加えて玉ねぎがしんなりするまで中火で炒めます。
4)白ワインを加えて煮立ててアルコール分をとばし、豚肉とローリエを一緒に入れてフタをします。
5)(4)を180度に予熱したオーブンで35分火を通し、火を消してそのままオーブンの中で10分休まます。
POINT:オーブンで10分休ませて取り出します。
キャンプでは炭火の上にダッチオーブンなどを置き、フタにも炭をのせます。

6)(5)の豚肉を取り出し、1cm厚さに切って玉ねぎ、ローリエと一緒に盛りつければ出来上がりです。
詳細は上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

豚肉と玉ねぎのポットローストについてまとめました!
ポークがとても柔らかくなっているそうです。
小池浩司さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの小池浩司さんのレシピ一覧はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】サーモンのねぎ山椒ソースの作り方を紹介!石川智之さんのレシピ


2021年9月24日放送のおしゃべりクッキング”簡単スピードメニュー”というテーマで中華のサーモンのねぎ山椒ソースの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校中華料理教授の石川智之さんです。

サーモンのねぎ山椒ソースのレシピ

サーモンのねぎ山椒ソースの材料(2人分)

・鮭(刺身):200g
・玉ねぎ:1/2個(100g)
・青ねぎ(小口切り):1/2本
・しょうが(粗みじん切り):小さじ1
・酢:小さじ1
・花椒粉(ホァジャオフェン):適量
▼たれ
・しょう油:大さじ2
・紹興酒:大さじ2
・砂糖:小さじ1/2

サーモンのねぎ山椒ソースの作り方

1)玉ねぎは繊維に沿って薄切りにして水にさらし、ザルに上げて水気を拭き、器に盛ります。
POINT:玉ねぎは薄切りにして水にさらします。

2)たれのしょう油、紹興酒、砂糖をボウルに合わせ、鮭を入れて落としラップをして5~10分漬けます。
POINT鮭はたれに5~10分漬けます。

3)鮭のたれを切り、大さじ1のたれをボウルに入れます。
4)酢、青ねぎ、しょうがを加えて混ぜ合わせます。
5)(1)の玉ねぎの上に鮭を盛り付け、(5)をかけて花椒粉をふれば出来上がりです。
詳細は上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。


まとめ

サーモンのねぎ山椒ソースについてまとめました!
サーモンがさらした玉ねぎにすごく合うそうです。
石川智之さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの石川智之さんのレシピ一覧はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】じゃがいものマスタードソテーの作り方を紹介!小池浩司さんのレシピ


2021年9月21日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングは”簡単スピードメニュー”のテーマでじゃがいものマスタードソテーの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校西洋料理教授の小池浩司さんです。

じゃがいものマスタードソテーのレシピ

じゃがいものマスタードソテーの材料(2人分)

・じゃがいも:300g
・ソーセージ:4本(80g)
・セロリ:50g
・塩:小さじ2/3
・とんかつソース:大さじ1
・白ワイン:大さじ1
・粒マスタード:大さじ1
・はちみつ:大さじ1/2
・バージンオリーブ油:大さじ1

じゃがいものマスタードソテーの作り方

1)じゃがいもは5mm角の棒状に切り、水で洗ってザルに上げ、水分を拭きます。
POINT:切ったじゃがいもは水で洗います。

2)ソーセージは縦にじゃがいもに合わせて8等分に切り、セロリは5mm角の棒状に切ります。
3)ボウルに塩の半量、とんかつソース、白ワイン、粒マスタード、はちみつを泡だて器で混ぜます。
4)フライパンにバージンオリーブ油を強火で熱し、じゃがいもと残りの塩を加えて2分炒めます。
POINT:じゃがいもは塩を加えて強火で炒めます。

5)ソーセージを加えて炒め、さらにセロリを加えてサッと炒めます。
6)フライパンの中央を空けて(3)を加えて煮立て、混ぜ合わせて器に盛れば出来上がりです。
詳細は上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

じゃがいものマスタードソテーについてまとめました!
じゃがいもがシャキシャキで美味しいそうです。
小池浩司さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの小池浩司さんのレシピ一覧はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】パプリカのカレー風味の作り方を紹介!岡本健二さんのレシピ


2021年9月20日放送のおしゃべりクッキングは”簡単スピードメニュー”というテーマでパプリカのカレー風味の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校日本料理教授の岡本健二さんです。

パプリカのカレー風味のレシピ

パプリカのカレー風味の材料(2人分)

・パプリカ:2個
・なす:1本
・豚ひき肉:100g
・しょうが:10g
・カレー粉:小さじ2/3
・油:適量
▼合わせだれ
・酒:大さじ4
・砂糖:大さじ1
・しょう油:大さじ2

パプリカのカレー風味の作り方

1)パプリカは縦半分に切り、ヘタと種を切り取り、縦5mm幅に切ります。
2)なすはヘタを切り落として5mm角、7cm長さに切り、しょうがは2mm角の棒状に切ります。
3)合わせだれの酒、砂糖、しょう油を合わせます。
4)フライパンに油適量を熱し、豚ひき肉を中火で炒め、色が変わったらパプリカ、なすを加えて油が全体に馴染むまで炒めます。
POINT:パプリカ、なすは炒めて甘みを引き出します。

5)(4)にカレー粉を加えて中火でサッと炒めて香りを出します。
POINT:カレー粉を中火で炒めて香りを出します。

6)(3)、しょうがを加えて絡めながら煮詰め、器に盛り付ければ出来上がりです。
詳細は、上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。

まとめ

パプリカのカレー風味についてまとめました!
食べやすくてとても落ち着く味だそうです。
岡本健二さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの岡本健二さんのレシピ一覧はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

【おしゃべりクッキング】なすの辛味和えの作り方を紹介!石川智之さんのレシピ


2021年9月3日放送のおしゃべりクッキング”秋なすを味わう”というテーマで中華のなすの辛味和えの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは辻調理師専門学校中華料理教授の石川智之さんです。

なすの辛味和えのレシピ

なすの辛味和えの材料(2人分)

・なす:3本(400g)
・ゆでだこ(足):150g
・青ねぎ:1本
・いりごま(白):小さじ2
・ラー油:適量
・揚げ油:適量
▼たれ
・おろしにんにく:小さじ1/4
・砂糖:大さじ1/2
・酢:大さじ1
・しょう油:大さじ1+1/2
・オイスターソース:小さじ2

なすの辛味和えの作り方

1)なすはヘタをそぎ落として縦半分に切り、2cm幅に切ります。
2)たこは4~5mm厚さのそぎ切りにし、青ねぎは5mm幅の小口切りにします。
3)なすは170度の揚げ油に入れ、1分30秒~2分揚げて最後に温度を上げて取り出し、キッチンペーパーで押さえて油を取ります。
POINT:なすは温度を上げてから取り出します。
POINT:なすはキッチンペーパーで押さえて油を取ります。
4)たれのおろしにんにく、砂糖、酢、しょうゆ、オイスターソースを合わせます。
5)(4)になすを入れて和え、さらにたこ、長ねぎ、いりごまを加えて和えます。
6)器に盛り付け、ラー油をかければ出来上がりです。
詳細は上沼恵美子のおしゃべりクッキングテキストをご覧ください。


まとめ

なすの辛味和えについてまとめました!
油で揚げたなすがしっかりと味を含んでいるそうです。
石川智之さんのレシピ一覧はこちら
姉妹サイトの石川智之さんのレシピ一覧はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。