スポンサードリンク




【ごはんジャパン】サバ缶ゴマ茶漬けの作り方!小林雄二さんのレシピ

サバ缶ゴマ茶漬け レシピ

サバ缶ゴマ茶漬け
2020年年7月11日放送のごはんジャパンで家庭でもできるサバのゴマ茶漬けのレシピについて紹介されました!
教えてくれたのは割烹料理店青華こばやしの主人の小林雄二さんです。




サバ缶ゴマ茶漬けのレシピ

サバ缶ゴマ茶漬けの材料(1人分)

・サバ水煮缶:1缶(190g)
・塩:適量
・竹串:2本
▼ゴマダレ
・練りごま:30g
・しょう油:30ml

・ご飯
・海苔
・錦糸卵
・大葉
・新しょうが
・ほうじ茶

サバ缶ゴマ茶漬けの作り方

1)サバ缶の背骨と血合いは取り除きます。
ポイント:サバ缶の背骨と血合いは取り除きます。

2)竹串でサバを打ち(刺す)ます。
ポイント:身が崩れやすいので中心に打ちます。

3)塩をふってから串のままトースターで約4分焼きます。
ポイント:トースターで水分を抜く&温めます。
*魚焼きグリルでも可能です。
ポイント:焼き目がつけば出来上がりのサインです。

▼ゴマダレ
4)練りごまに分量のしょう油を少しずつ入れて伸ばします。
ポイント:落ちたサバの脂とうま味をゴマの油で補います。

5)器にご飯、海苔、錦糸卵、大葉を盛り、焼いたサバ、ゴマダレ、新しょうがをのせほうじ茶を自分が思う量をかければ出来上がりです。
*かけるのはほうじ茶・かつおだし・冷たいお茶でもOKです。

まとめ

サバ缶ゴマ茶漬けについてまとめました!
サバ缶のサバを焼くのが美味しさのポイントのようです。
中山優馬さんによると、非常に美味しいそうなので是非お試しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました