スポンサードリンク




今でしょ!講座【疲れ目改善!目スクワットのやり方】藤田浩司先生が紹介!

目スクワット 健康

目スクワット
2020年5月12日放送の林修の今でしょ!講座で自宅でできる毛様体筋ストレッチ目スクワットのやり方について紹介されました!
外出自粛の今、スマホ・パソコンを使うことが多くなると思います。
そこで目の疲れを感じている方も多いのではないでしょうか?
その目の疲れを放っておくと視力の低下だけでなく、腰痛や肩こりなど全身の不調につながるそうです。
こちらでは自宅でできる目をリラックスさせる解消法毛様体筋ストレッチ目スクワットのやり方を教えてくれましたので紹介しています。
教えてくれたのは水天宮藤田眼科理事長の藤田浩司先生です。




毛様体筋ストレッチ目スクワット

目スクワット
藤田浩司先生によると、長時間近くを見続けることでピント調節機能の低下が起こるそうです。
ピント調節に重要な毛様体筋ですが、近くを見ているとこの毛様体に力が入ったままになり、すると凝り固まって力が入らなくなってしまうそうです。
それにより、近くが見えない、遠くが見えないという症状が出るそうです。
例えば近くの物を見続けていてパッと遠くを見ると見えない事があると思いますが、それが視力低下を自覚することになるそうです。

Q.凝り固まった毛様体筋をほぐすにはどうすればいい?
藤田浩司先生によると、単純ですが、遠くを見て毛様体筋を緩めるため、遠くを見ることが大事だそうです。

目スクワットの効果の理由

遠くと近くを見ることで毛様体筋は徐々にほぐれてくるそうです。
近視や遠視は治せませんがピント合わせの補助になっているそうです。

目スクワットのやり方

1)目から30~40cmの場所に親指を立てます。
2)親指の爪にピントを合わせ、15秒ほどずっと見ます。
3)次に部屋の一番遠くもしくは窓があれば外を1分見ます。
1~3を1セットとし、5セット繰り返します。
手元での作業が1時間続いたら実践しましょう!

まとめ

スマホやパソコンなど手元での作業が1時間続いたら・・・。
近くと遠くを交互に見て毛様体筋をほぐす目スクワット
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました