スポンサードリンク




【林修の今でしょ講座】空腹睡眠ダイエットに馬場ももこさんが挑戦!

空腹睡眠ダイエット ダイエット

空腹睡眠ダイエット
2020年7月28日放送の林修の今でしょ講座で空腹睡眠ダイエットのやり方について紹介されました!
挑戦してくれたのはフリーアナウンサーの馬場ももこさんです。




空腹睡眠ダイエット

「空腹睡眠ダイエット」の内容を2週間実践したらどうなるか?を検証します。
馬場ももこさんの検証1日目の体重:46.3kg・体脂肪率27.9%
ポイント:正しい「睡眠」「朝食」「運動」で脂肪を燃焼。

空腹睡眠ダイエットの効果の理由

考案者の吉野達彦さんによると、脂肪は寝ている時によく燃えるそうです。
また、空腹時も脂肪がよく燃えるそうです。
なので空腹睡眠ダイエットは睡眠時の脂肪燃焼×空腹時の脂肪燃焼のWで効率的に脂肪を減らすというダイエットだそうです。

Q.そもそも年を重ねるとなぜお腹周りに脂肪がつく?
さとうヘルスクリニック院長の脂肪燃焼学の名医 佐藤桂子先生によると、
私たちの体は余分なカロリーを摂ると、大事に取っておくそうで、人類の歴史はほとんど飢餓からの戦いだったそうです。
なので人間は食べ物がなくても生きられるよう内臓に必要以上の脂肪をため込んでいく性質があるそうです。

空腹睡眠ダイエットのやり方

1)朝食前に軽い運動
馬場さんは、5分でできる簡単トレーニングを行ったそうです。
・体幹の筋肉を鍛えるクランプ=インナーマッスルを刺激し、ポッコリお腹に効果的。

クランプのやり方

1.ヒジをついて体を一直線に伸ばし、お腹に力を入れて30秒キープします。
2.30秒キープ⇒30秒休憩を3回(3セット)繰り返します。
*時間はできる範囲でもいいそうなので頑張って続けましょう。
馬場さんはラスト3日間は腕を伸ばす動きをプラスしたそうです(30秒×3回)。

下半身の筋肉を鍛えるバックランジのやり方

1.背筋を伸ばし、片足を後ろに
2.左右交互に20回
3.3回(3セット)繰り返します。
馬場さんはラスト3日間は体のひねりをプラスしたそうです(20回×3回)。
吉野達彦さんによると、軽い運動を行うことによって食欲も収まるそうです。
脂肪の代謝をよくするには筋肉量が多い下半身を鍛えます。
【林修の今でしょ講座】おしり筋ダイエットのやり方を富永美樹さんが紹介!

2)朝食はしっかり食べます。
吉野達彦さんから魚を食べるようにアドバイスされたそうです。
初日からガッツリ食べていたようです^^

・朝食:たっぷり
・昼食:8割の量
・夕食:6割の量
さとうヘルスクリニック院長の脂肪燃焼学の名医 佐藤桂子先生によると、タンパク質は必ず摂るようにと言うことでした。
タンパク質は毎日男性60g・女性50g摂って欲しいとのことでした。
動物性タンパク質:肉・魚・卵など
植物性タンパク質:納豆・豆腐・ブロッコリーなど

3)毎日水を3Lのみます。
水が体にたまった老廃物を排出、水分が十分なら代謝もスムーズに行われるそうです。
毎日3Lが無理なら2Lを意識して飲みます。
また、1日3L飲めない場合はスープ、お茶などを水分として飲んでもいいそうです。

吉野達彦さんによると、飲む水の温度で脂肪燃焼効率が変わるそうです。
冷水を体に入れると体温を上げようとしてカロリーを使い脂肪燃焼につながるそうです。
今の時期なら麦茶ですかね?お酒はダメだと思いますよ^^

4)寝る5時間前に食事を終えます。
Q.空腹で寝られないことはない?
寝られないほどの空腹ではなく、軽い空腹でもいいそうです。
お腹がすいてどうしようもない時は、「茶碗蒸し」「ナッツ」「ゼロカロリーのゼリー」など(消化にいいものなら)食べてもいいそうです。

寝る時に胃の中に食べ物が残っていると、睡眠中も消化が行われるので、眠りが浅くなってしまいます。
食後5時間程度で胃の中を全て消化⇒眠りが深くなり代謝が上がるそうです。
なので5時間という設定を設けたそうです。

アメリカ・コロンビア大学の研究によると、
睡眠時間7時間の人に比べ
・5時間⇒肥満率約50%高い
・4時間⇒肥満率約73%高いそうです。
佐藤桂子先生によると、つまり睡眠時間が短いと太りやすいそうです。
馬場さんはいつも寝付きが悪いそうですが、検証2日目の朝の感想は途中一切目が覚めずよく眠れたそうです。
・検証3日目で二の腕が細くなったように見えました。⇒体重45.3kg・体脂肪率26.7%と早い段階で効果がありました。

スタンフォード大学の研究によると、睡眠不足の人は食欲がアップするそうです。
体内には食欲を増進するでぶホルモン(グレリン)と食欲を抑えるやせホルモン(レプチン)があるそうです。
睡眠時間8時間と睡眠時間5時間を比較すると、
睡眠時間が短いグループはでぶホルモンが14.9%増え、やせホルモンが15.5%減ったそうです。

佐藤桂子先生によると、質のよい睡眠を取っていれば自然に自分に合った適量の食事になるそうです。

馬場ももこさんが空腹睡眠ダイエットに挑戦した結果

・体重:46.3kgから14日目は43.8kgへマイナス2.5kg
・体脂肪率:27.9%から26.4%へマイナス1.5%
・ウエスト:77.6cmから68.0cmへマイナス9.6cmのダイエットに成功しました!
馬場さんの空腹睡眠ダイエットを成功させるコツ:我慢しすぎないこと。

まとめ

大敵寝る時の空腹でしょうね?
慣れればできるようになると思いますが痩せたい一心で頑張りましょう。
【林修の今でしょ講座】脂肪ほぐしダイエットに大島由香里さんが挑戦!
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました