スポンサードリンク




ZIP!【知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方】レシピ有

知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方ZIP!

知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方
2021年12月2日放送のZIP!で海外原産の珍しい野菜の美味しい食べ方について紹介されました!




海外原産の珍しい野菜の美味しい食べ方

ハンバーガーの美味しい食べ方の理由

ケール

知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方
・地中海沿岸産
・青汁の減量のひとつ
・栄養価の高さから野菜の王様と呼ばれます(βカロテンキャベツの60倍!)。
・ケールを栽培している野村辰也さんによると、キャベツの仲間なのでキャベツと同じように使えるそうです。

食べる輸血ビーツ

知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方
・ヨーロッパ原産
・赤い色で有名
・ビーツなど西洋野菜を栽培する野村辰也さんによると、食べる輸血と言われ、血流を促進する効果があると言われるそうです。
・血液を作る働きがある葉酸が多く含まれます。
・しかも抗酸化作用があるポリフェノールも豊富。

菊芋(別名 アメリカイモ)

知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方
・北アメリカ原産
・菊のような花が咲くことから名付けられました。
・管理栄養士・野菜のスペシャリスト八百屋三茶ファーム店長の佐々木さんによると、天然のインスリンと呼ばれ糖の吸収を押さえると言われている「イヌリン」が豊富だそうです。
・さらにデンプンが少ないのでカロリーが低い(ジャガイモの半分以下)のでダイエット食品として注目されているそうです。
・糖尿病やメタボの予防効果が期待されています。

酵素の王様青パパイヤ

知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方
・熱帯アメリカ原産
・パパイヤの実を熟す前に収穫したもの
・アキダイの秋葉弘道社長によると、国内産の物が増えていて、5年後ぐらいにはほとんどの人が食べる時代になるそうです。
・埼玉県JA南彩では特産品化を目指し、5年後から栽培を始めるそうです。
・育てるのに手間がかからないため生産農家が増加中とのことでした。
・近年、健康野菜として注目されていて今年になって注文が増えたそうです。
・消化と代謝をアップして免疫力を高める酵素が野菜の中で最も多く含まれます。
・2022年食のトレンド予測ではスーパーフードランキング1位(日本スーパーフード協会 発表)

チコリ

知られざるハイスペック野菜の美味しい食べ方
・ヨーロッパ原産
・ヨーロッパでは定番野菜のひとつ

海外原産の珍しい野菜の美味しい食べ方

野菜の王様ケールの美味しい食べ方

1)加熱すると食べやすくなるので栄養満点!ケールのお好み焼きがおすすめです。
POINT:加熱することで甘さが増します。

食べる輸血ビーツの美味しい食べ方

・砂糖にするテンサイの仲間で甘味があり、加熱することでより甘味が増し、ロシアの赤いスープボルシチが有名だそうです。
1)加熱調理がおススメ!ボルシチに入れられます。

菊芋の美味しい食べ方

・八百屋三茶ファーム店長の佐々木さんが教えてくれました。
1)イモなのでジャガイモと同様(焼く・煮る・揚げる)様々な食べ方が楽しめます。
2)デンプンが少ないので生食も可能皮ごとスライスして食べるのがおすすめです。
POINT:イモならではの甘さがあります。

菊芋の浅漬けのレシピ

1)皮ごとスライスした菊芋をめんつゆ、酢、鷹の爪と共にひと晩漬けます。
リポーターのタレント宮崎瑠依さんによると、浅漬けが合うそうです。

簡単に加熱調理ができるビーツラペのレシピ

野村辰也さんが教えてくれました。
作ってくれたのは堤さんファミリーです。
1)ビーツは皮をむき、せん切りにします。
2)塩少々とオリーブオイル大さじ1を入れてよく混ぜ合わせます。
3)電子レンジ(600W)で4分加熱すれば出来上がりです。
せん切りにすることで加熱調理が簡単になります。
・堤さんファミリーの子供さんによると、甘くて美味しくイモみたいな味で子どさんに大好評でした。

酵素の王様青パパイヤの美味しい食べ方

・JA南彩の方によると、クセがないので炒め物や煮物いろんな料理に合わせやすいそうです。
・ほんのり甘味がありクセのない味だそうです。
・どんな料理にも使える万能野菜!

青パパイヤのカレーライスのレシピ

作ってくれたのは堤さんファミリーです。
1)青パパイヤはピーラーで皮をむき、半分に切って種を取り除きます。
2)ひと口大に切り、他の食材と煮込めば出来上がりです。
・堤さんファミリーの子供さんによると、にんじんと大根みたいで美味しいそうです。

チコリの美味しい食べ方

教えてくれたのはフランス出身のジャック・アンリ・エミルさんです。
リポーターのタレント宮崎瑠依さんによると、生ではほろ苦いそうです。

チコリ・グラティネ(グラタン)のレシピ

1)フライパンにバターを溶かし、チコリを丸ごと蒸し焼きにします。
POINT:加熱することで苦味がなくなります。

2)焼き目が付いたらハムで巻き、耐熱容器に入れてホワイトソースとチーズをかけます。
3)200℃のオーブンで15分ほど焼けば出来上がりです。
宮崎瑠依さんによると、シャキッとしていて火が通ているので甘くなってるそうです。

まとめ

田舎では食べられるのが何年後になるでしょうか?^^
【ZIP!】人気ブロガー”一押し”関西で味わえる外国料理店紹介!
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました