スポンサードリンク




あさイチ【肩こり解消!インナーマッスルほぐしギューストン&肩甲骨クローズのやり方】金岡恒治先生が紹介

インナーマッスル 健康

インナーマッスル
2020年5月13日放送のあさイチで肩のインナーマッスルのほぐし方について紹介されました!
肩こりの主な原因は、僧帽筋というアウターマッスルに負担がかかり、炎症が起きてしまっていることだそうです。
それは僧帽筋の内側にある菱形筋りょうけいきんというインナーマッスルが上手く働かないことで僧帽筋に負担がかかるからです。
肩のインナーマッスルほぐしギューストンと肩甲骨クローズのやり方を教えてくれたのは早稲田大学スポーツ科学学術院教授整形外科医の金岡恒治先生です。




肩のインナーマッスルのほぐし方

肩のインナーマッスルのほぐし方には「ギューストン」と「肩甲骨クローズ」の2種類あります。

ギューストンのやり方

座ってできる超簡単なエクササイズです。
1)両肩をギューッと思い切り持ち上げためて、一気にストンと落とします。
肩がこったと感じたときに3回ほど行うとよいそうです。

ギューストンの効果の理由

金岡先生によると、力を抜くときは一気にそれで僧帽筋がリラックスするそうです。
筋肉はギューッと収縮させた後に緩みやすくなるそうでその性質を使った運動と言うことでした。
炎症を起こして固くなった僧帽筋をほぐしてくれるそうです。
ギューストンは1日3回行います。

肩甲骨クローズのやり方

菱形筋を刺激して働きやすくする運動です。
1)両手の手のひらを内側に向け、まっすぐ腕を上げます。
2)上げたら、手のひらを外側に向け、ヒジを曲げながら腕を下げ、その時は肩甲骨の内側を意識し、胸が開くように下げます。

肩甲骨クローズの効果の理由

こうすることで菱形筋が働いて僧帽筋がほぐれるそうです。
また肩のインナーマッスルを動かすことで、四十肩五十肩の予防にもなるそうです。
肩甲骨クローズは1日10回行います。

最後に

こちらのエクササイズを行うことで肩の血行が良くなり、チョー気持ちいい何も言えねーになるそうです(笑)
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました