スポンサードリンク




【きょうの料理】父さんのきょうからキッチン!豆乳担々麺の作り方を紹介!堀江ひろ子さんのレシピ

豆乳担々麺 レシピ

豆乳担々麺
2020年6月16日放送のきょうの料理父さんのきょうからキッチンで豆乳担々麺の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家・栄養士の堀江ひろ子さんです。




豆乳担々麺のレシピ

実践者:後藤繁榮アナウンサー

豆乳担々麺の材料

・中華麺(生):2玉(約220g)
▼肉そぼろ
・豚ひき肉:150g
・甜麺醤(テンメンジャン):大さじ1
・しょうゆ:大さじ1
・ごま油:大さじ1
・豆板醤(トーバンジャン):小さじ1
・にんにく(みじん切り):小さじ1
・しょうが(みじん切り):小さじ1
▼スープ
・水カップ:1+1/4
・調整豆乳カップ:1+1/4
・練りごま(白):大さじ2
・顆粒チキンスープの素(中華風):大さじ1
・酒:大さじ1
・チンゲンサイ:1株(120g)
・ねぎ:4cm
・手作りラー油:適量
※(10)参照。
・塩
・しょうゆ

豆乳担々麺の作り方

1)チンゲンサイは四つ割りにします。
2)ねぎは表面に軽く縦に切れ目を入れて広げ、外側の1枚を白髪ねぎにするので細く千切りにし、2~3分ほど水にさらします。
ポイント:白髪ねぎは水にさらすと辛味が抜けて食べやすくなります。

3)ねぎの芯の部分はみじん切りにします。
▼肉そぼろ
4)フライパンに豚ひき肉、豆板醤、甜麺醤、しょうゆ、にんにく、しょうが、ごま油を入れよく混ぜます。
ポイント:火にかける前に調味料を混ぜておくと肉に味がよく染み込みます。

5)(4)を初中火にかけ、ヘラで返すようにして押さえながら、パラパラになるまで炒めていきます。
*肉そぼろは油も一緒に保存容器に入れて冷蔵庫で4~5日間保存可能。
▼スープ
6)鍋に練りごま、顆粒チキンスープの素、酒を入れて混ぜ合わせて調整豆乳を2回に分けて入れ合わせます。
ポイント:豆乳を少し(1/4カップ)ずつ加えて、練りごまをなめらかい溶きのばします。

7)(6)に肉そぼろを半量ほど、(3)のねぎのみじん切り、豆乳の残り1カップ、水を入れて
ポイント:豆乳は煮すぎると分離してしまうので、火加減に注意します。

8)鍋に湯を沸かし、チンゲンサイを茹でてザルに上げ湯を切ります。

9)中華麺はよくほぐしてから(8)の鍋で茹でながら、器にお湯をかけ温めておき、麺は湯切りをして器に入れ、スープを注ぎ、肉そぼろとチンゲンサイ、白髪ねぎをトッピングし、手作りラー油をかければ出来上がりです。
ポイント:器をあらかじめ温めておきます。

▼手作りラー油
*材料(つくりやすい分量)
・サラダ油:大さじ3
・ごま油:大さじ3
・粉とうがらし(中びき):大さじ2
・にんにく(みじん切り):2かけ分(20g)
・砂糖:小さじ1
・顆粒チキンスープの素(中華風):小さじ1
*作り方
10)フライパンに材料を順序関係なく全て入れて混ぜ、弱火~中火にかけフツフツとしたら火を止め粗熱を取り、フタが出来る瓶など保存容器に入れて完成です。
注意)加熱しすぎに注意
保存:冷蔵庫で約1ヶ月間保存可能。
詳細はきょうの料理2020年6月号をご覧ください。

まとめ

豆乳担々麺についてまとめました!
堀江ひろ子さんが丁寧に教えてくれましたので初心者でも作れそうでした。
辛味が好きな方は手作りラー油をお試しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました