【きょうの料理】余り食材のうまみたっぷりスープの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ

余り食材のうまみたっぷりスープ
2021年9月24日放送のきょうの料理は「京料理人の”思い出”まかない定食 秘伝だれで!鶏肉の照り焼き」で余り食材のうまみたっぷりスープの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは祇園 さゝ木店主の佐々木浩さんです。

余り食材のうまみたっぷりスープのレシピ

余り食材のうまみたっぷりスープの材料(2~3人分)

・鯛のアラ:1/2匹分(約300g)
・玉ねぎ:1/2個(100g)
・にんじん:1/2本(50g)
・もやし:1/4袋(50g)
・細ねぎ(小口切り):1/2本分
▼A
・水:カップ5
・酒:カップ1/2
・昆布(15×7cm):1枚(15g)

・塩
・薄口しょう油
・酒
・こしょう

余り食材のうまみたっぷりスープの作り方

1)鯛のアラは塩適量をふって約2時間以上おきます。
2)鍋に鯛のアラがつかる程度の湯を沸かし、アラが白っぽくなるまでサッと湯に通します。
3)氷水に取り、スプーンでウロコや血合い、汚れを除きます。
POINT:霜降りをして、クセを取り除きます。

4)鍋にくし切りの玉まねぎ、乱切りのにんじん、鯛のアラ、(A)を入れて中火にかけます。
5)煮立ったらアクを除き、火を弱めて30分間煮込みます。
POINT:しっかり煮込んで、うま味を引き出します。

6)もやしを加え、味をみて塩、薄口しょう油、酒各適量で調えます。
7)椀に盛り付け、細ねぎをのせてこしょう少々をふれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理テキストをご覧ください。

まとめ

余り食材のうまみたっぷりスープについてまとめました!
余り食材と言うだけあって具材は余り物でできます。
【きょうの料理】レタスご飯の作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ
【きょうの料理】秘伝だれで鶏肉の照り焼きの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】レタスご飯の作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


2021年9月24日放送のきょうの料理は「京料理人の”思い出”まかない定食 秘伝だれで!鶏肉の照り焼き」でレタスご飯の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは祇園 さゝ木店主の佐々木浩さんです。

レタスご飯のレシピ

レタスご飯の材料(3~4人分)

・米:360ml(2合)
・レタス:1/3個(150g)
・ツナ(缶詰/油漬け):1缶(70g)
▼A
・だし:310ml
・薄口しょうゆ:大さじ1+2/3
・酒:大さじ1+2/3

レタスご飯の作り方

1)米は洗い、炊飯器の内釜に入れ、(A)を加えて普通に炊きます。
2)フライパンにツナを缶汁ごと入れて炒めます。
3)レタスをちぎって加え、サッと炒め合わせ、塩少々で味を調えます。
POINT:レタスはサッと炒めて、食感を残します。

4)ご飯が炊き上がったらすぐに(3)を加え、3分間ほど炊飯器の中で蒸らします。
5)混ぜ合わせ、茶碗に盛り付ければ出来上がりです。

詳細はきょうの料理テキストをご覧ください。

まとめ

レタスご飯についてまとめました!
包丁が要らないので簡単ですね。
【きょうの料理】余り食材のうまみたっぷりスープの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ
【きょうの料理】秘伝だれで鶏肉の照り焼きの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】秘伝だれで鶏肉の照り焼きの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


2021年9月24日放送のきょうの料理は「京料理人の”思い出”まかない定食 秘伝だれで!鶏肉の照り焼き」で秘伝だれで鶏肉の照り焼きの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは祇園 さゝ木店主の佐々木浩さんです。

秘伝だれで鶏肉の照り焼きのレシピ

秘伝だれで鶏肉の照り焼きの材料(2人分)

・鶏もも肉:1枚(250g)
・小松菜:1/2把(100g)
・卵:2個
・秘伝だれ:カップ1/2

・小麦粉
・サラダ油
・塩
・こしょう
▼秘伝だれ(作りやすい分量)
・みりん:カップ1/2
・酒:カップ1/2
・しょう油:カップ1/2
・砂糖:60g(約カップ1/2)

秘伝だれで鶏肉の照り焼きの作り方

1)フライパンにサラダ油を中火で熱し、ひと口大に切って小麦粉をまぶした鶏肉を両面に焼き色がつくまで焼きます。
▼秘伝だれを作ります。
2)鍋にみりんと酒を入れ、煮切ってアルコールを飛ばします。
3)しょう油、砂糖を加え、混ぜて砂糖が溶けたら火を止めて秘伝だれの完成です。
秘伝だれ:みりん1:酒1:しょう油1:砂糖1
保存:冷蔵庫で3か月間。
使い方:ぶりの照り焼き、ステーキのたれなど。

4)(1)に火が通ったら(3)の秘伝だれを加え、フライパンを揺すりながら絡めて照りが出たらたれごと取り出します。
POINT:秘伝だれを煮詰めて、しっかりと絡めます。

5)フライパンにサラダ油を中火で熱し、食べやすく切った小松菜を入れます。
6)塩、こしょうをふってサッと炒めます。
7)溶き卵を流し入れ、卵が半熟状になるまで混ぜながら炒め合わせます。
8)器に(7)を盛り付け、鶏肉をのせれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理テキストをご覧ください。

まとめ

秘伝だれで鶏肉の照り焼きについてまとめました!
秘伝だれは本当は教えたくなかったそうです。
一発で味が決まるそうですからお試しください。
【きょうの料理】余り食材のうまみたっぷりスープの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ
【きょうの料理】レタスご飯の作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】ほうれん草と卵のラクうま炒めの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


2021年2月23日放送のきょうの料理は「冬野菜でボリューム和ごはん かぶとさばのつゆ煮」でほうれん草と卵のラクうま炒めの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは祇園 さゝ木店主の佐々木浩さんです。

ほうれん草と卵のラクうま炒めのレシピ

ほうれん草と卵のラクうま炒めの材料(2人分)

・ほうれん草:180g
・卵:3個
・桜えび(乾):10g

・マヨネーズ:20g
・サラダ油:適量
・バター:10g
・しょうゆ:少々

ほうれん草と卵のラクうま炒めの作り方

1)ほうれん草は5cm長さのざく切りにし、水にさらして水気を切ります。
2)卵はボウルに溶きほぐし、マヨネーズを混ぜ合わせます。
3)フライパンにサラダ油を強火で熱し、しっかりと温めます。
4)ほうれん草を入れてサッと炒め、バターを加え炒めます。
5)ほうれん草がしんなりしたら、(2)の卵を入れてサッと混ぜ、火を止めて余熱で火を通します。
6)鍋肌からしょうゆを加え、軽く混ぜます。
7)器に盛り付け、彩に桜えびをちらせば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年2月号をご覧ください。

まとめ

ほうれん草と卵のラクうま炒めについてまとめました!
バターの香りがすごくいいそうです。
<< きんぴらそぼろの和風春雨
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】きんぴらそぼろの和風春雨の作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


2021年2月23日放送のきょうの料理は「冬野菜でボリューム和ごはん かぶとさばのつゆ煮」できんぴらそぼろの和風春雨の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは祇園 さゝ木店主の佐々木浩さんです。

きんぴらそぼろの和風春雨のレシピ

きんぴらそぼろの和風春雨の材料(2人分)

・れんこん:50g
※薄い半月形に切る
・ごぼう:50g
※二つ割り⇒斜め薄切り
・にんじん:30g
※3cm長さの短冊形に切り
・合いびき肉:60g
・春雨(乾):60g
▼合わせ地
・水:300ml
・しょうゆ:35ml
・砂糖:10g

・七味とうがらし:適量
・細ねぎ(小口切り):適量

・ごま油

きんぴらそぼろの和風春雨の作り方

1)フライパンにごま油少々を強火で熱し、合いびき肉を色が変わるまで炒めます。
2)れんこん、ごぼう、にんじんを加え、サッと炒めてフライパンの端に寄せます。
POINT:サッと炒めて、香りと食感を生かします。

3)空いたところに春雨をそのまま加えて合わせた合わせ地を注ぎ、水分がなくなるまで炒め煮にします。
POINT:春雨を合わせて、根菜の食感を生かします。

4)仕上げに七味唐辛子をふって器に盛り付け、細ねぎをちらせば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年2月号をご覧ください。

まとめ

きんぴらそぼろの和風春雨についてまとめました!
ご飯が進むおかずだそうです。
<< 冬野菜のロール白菜
>> ほうれん草と卵のラクうま炒め
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】冬野菜のロール白菜の作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


2021年2月23日放送のきょうの料理は「冬野菜でボリューム和ごはん かぶとさばのつゆ煮」で冬野菜のロール白菜の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは祇園 さゝ木店主の佐々木浩さんです。

冬野菜のロール白菜のレシピ

冬野菜のロール白菜の材料(2~3人分)

・白菜:(大)4枚(400g)
・ごぼう:30g
※皮付きのまま小さめの乱切り
・にんじん:30g
※皮付きのまま小さめの乱切り
・大根:30g
※短冊形に切る
・春菊:30g
※ざく切りにする
▼肉ダネ
・鶏ひき肉:200g
・長芋(すりおろす):40g
・にら(1cm幅に切る):15g
・しょうが(みじん切り):1/2かけ分(4g)
・薄口しょうゆ:小さじ2
▼A
・水:250ml
・酒チキンスープ:カップ3+1/4
※顆粒チキンスープの素を表示通りに湯で溶く。
・薄口しょうゆ:大さじ2
・みりん:大さじ1+1/3

・水溶きかたくり粉:70ml
※かたくり粉を同量の水で溶く。
・黒こしょう(粗びき):適量

冬野菜のロール白菜の作り方

1)鍋に湯を沸かし、白菜の葉先を手で持って立てて入れ、軸の部分を茹でます。
2)柔らかくなったら葉の部分まで入れてサッと茹でます。
3)氷水に浸けて粗熱を取り、軽く絞って水気を拭きます。
4)まな板にのせ、軸の部分を麺棒で叩きます。
5)ボウルに肉ダネの材料を入れ、よく混ぜ合わせます。
POINT:あっさりした鶏肉が、白菜の甘味を生かします。

6)(4)の白菜1枚をまな板に広げ、肉ダネの1/4量を中央にのせます。
7)葉側から1回巻いて左右を折りたたみ、クルクルと巻いて包み、巻き終わりを楊枝で留めます。
8)残り3個も同様に包みます。
9)鍋に(A)を入れてロール白菜を加え、強火にかけます。
10)沸いたら弱めの中火にし、落としブタをして10分間ほど煮ます。
11)火を止めてロール白菜を器に盛り付けます。
12)同じ鍋を中火にかけ、ごぼうとにんじんを加えて約2分間、さらに大根を加えて1分間煮て、最後に春菊を加えてサッと煮ます。
POINT:根菜・春菊で香り・うま味をプラスし、味に膨らみを出します。

13)火を止めて水溶きかたくり粉を少しずつ加え、好みの加減でとろみをつけます。
14)再び中火でひと煮立ちさせ、(11)のロール白菜にかけて黒こしょうをふれば出来上がりです。
POINT:とろみをつけて、冬野菜のうま味をしっかり味わいます。

詳細はきょうの料理2021年2月号をご覧ください。

まとめ

冬野菜のロール白菜についてまとめました!
とろみで温まりそうな1品でした。
>> きんぴらそぼろの和風春雨
<< かぶとさばのつゆ煮
最後までお読みいただきありがとうございました。

【きょうの料理】かぶとさばのつゆ煮の作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


2021年2月23日放送のきょうの料理は「冬野菜でボリューム和ごはん かぶとさばのつゆ煮」でかぶとさばのつゆ煮の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは祇園 さゝ木店主の佐々木浩さんです。

かぶとさばのつゆ煮のレシピ

かぶとさばのつゆ煮の材料(2人分)

・かぶ(大):1個(150g)
・さば(切り身):2切れ(120g)
▼A
・水:250ml
・酒:100ml
・しょうゆ:80ml
・みりん:30ml
・砂糖:30g
・しょうが(薄切り):4枚

・かぶの茎(塩茹でする):適量

かぶとさばのつゆ煮の作り方

1)かぶは上下を切り落とし、厚めに皮をむいて二つ割りにします。
2)さばは皮に2本切り目を入れます。
3)鍋に湯を沸かし、さばを穴あき玉じゃくしなどにのせて湯に5秒間つけて取り出し(霜降り)、氷水に入れて水気をしっかりと拭きます。
POINT:さばを霜降りしてクセを除き、株を上品に仕上げます。

4)鍋に(A)のすべての材料を入れ、かぶとさばを加えて強火にかけます。
POINT:脂ののっているさばを合わせ、かぶの甘味をいかします。

5)落としブタをして沸いたら中火にし、アクが出たら取り除いてかぶに竹串がスーッと入る柔らかさまで10分間ほど煮ます。
6)火から下ろし、そのまま6時間~一晩(8時間)おいて冷まします。
POINT:冷めるまでおき、味をしっかり染み込ませます。

7)食べる直前に温め、かぶを食べやすい大きさに切ってさばと器に盛り付け、かぶの茎をのせれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年2月号をご覧ください。

まとめ

かぶとさばのつゆ煮についてまとめました!
長時間おいたかぶがとてもいい色に染み込んでいました。
>> 冬野菜のロール白菜
最後までお読みいただきありがとうございました。