【キューピー3分クッキング】レシピ さば缶と豆腐のとろみ煮

キューピー3分クッキング レシピ 石原洋子先生

キューピー3分クッキング5月27日のレシピは石原洋子先生がさば缶と豆腐のとろみ煮を教えてくれました。
こちらではさば缶と豆腐のとろみ煮のレシピを簡単に紹介ししています。
なお、著作権を考慮し、番組の画像は使用しておりませんので、イラストはイメージと言うことでお願い致します<(_ _)>
講師:石原洋子先生
司会:佐藤真知子アナウンサー

さば缶と豆腐のとろみ煮

石原洋子先生「缶詰は、香味野菜をたっぷり遣うと美味しくできます。
今回はしょうがを効かせて香りよく仕上げました」

さば缶と豆腐のとろみ煮の材料(4人分)

  • さば水煮缶(1缶丸ごと使う):1缶(190g)
  • 絹ごし豆腐:1丁(300g)
  • 長ねぎ:1本(100g)
  • しょうが:(大)1かけ(15g)

▼煮汁

  • 水:1カップ
  • 酒:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1+1/2
  • 塩:一つまみ
  • 片栗粉:大さじ1+1/2(倍量の水で溶く)

さば缶と豆腐のとろみ煮の作り方

1.豆腐は、まず厚みを半分に切って、2cm角ぐらいの大きさに切ります。
2.長ねぎは、斜めに1cm幅に切ります。
3.しょうがは、まず薄切りにし、それを重ねて千切りにします。
4.フライパンに油大さじ1/2を熱し、しょうがを炒め、香りが立ったら長ねぎを加え香りが出るまで炒めます。
5.4が全体に油が回ったら、水1カップ加えます。
6.5が煮たったら、煮汁の酒、しょうゆ、砂糖、塩を加えます。
7.6が沸いたら、サバ缶汁まで丸ごと加え、身の固まりをほぐしたら豆腐を入れ、豆腐に火が通るまで煮つめます。
8.豆腐に火が通ったら、水溶きかたくり粉を加え、ヘラなどで回しからめとろみが出たらさば缶と豆腐のとろみ煮の完成です。
さば缶と豆腐のとろみ煮の詳細のレシピは、キューピー3分クッキング5月号をご覧ください。

最後に

さば缶はそのまま使うと臭いが気になりますが、「臭いはないですね」と佐藤真知子アナが言ってました。
今度しょうがを入れてやってみよう^^
最後までありがとうございました。

【キューピー3分クッキング】オイルサーディンとフェンネルのパスタ

キューピー3分クッキング5月18日放送は、土曜日企画のさば缶といわし缶のおかずのテーマで、「オイルサーディンとフェンネルのパスタ」をワタナベ マキ先生が教えてくれました。
講師:ワタナベ マキ先生
司会:杉上佐智枝アナウンサー

オイルサーディンとフェンネルのパスタ

オイルサーディン:サーディンはマイワシなどの小さめのいわしの事、内臓を除き塩水につけた後、缶に入れ高温の油で加熱したもの。

オイルサーディンとフェンネルのパスタの材料(4人分)

  • オイルサーディン:3缶(360g)
  • ショートパスタ(フジッリ):320g
  • 玉ねぎ:1個(200g)
  • アーモンド(ローストしたもの):50g
  • フェンネル(ディル・バジルなどで代用可):1パック(約12本)
  • にんにくのみじん切り:1かけ分
  • 白ワイン:1/4カップ
  • 塩:小さじ2/3
  • 粗びき黒こしょう:少々
  • 塩、オリーブ油

オイルサーディンとフェンネルのパスタの作り方

1.オイルサーディンは缶の中でほぐします。
2.フェンネルはザク切りにします。
3.アーモンドは粗く刻み、たまねぎは薄切りにします。
4.ショートパスタ(フジッリ)を2Lのお湯に塩大さじ1を加え、袋の表示通りに茹でます。
*フジッリ(ショートパスタ)::らせん状の小さなパスタソースがからみやすいのが特徴。
5.フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、にんにくのみじん切りを弱火で香りが出るまで炒めます。
6.にんにくの香りが出てきたら、玉ねぎを加え、しんなりするまで炒めます。
7.玉ねぎがしんなりしてきたら、アーモンドとオイルサーディンを油ごと加え、白ワインも加え、炒めていきます。
8.7の水分が無くなってきたら、パスタのゆで汁を約80ml加え、オイルサーディンの油としっかりなじませます。
9.パスタがゆで上がったら、8に加え、炒め合わせ、塩小さじ2/3を加えて味を調え、最後にフェンネルを加えてサッと炒めます。
10.9を器に盛り、粗びき黒こしょうを適量ふってオイルサーディンとフェンネルのパスタの完成です。
オイルサーディンとフェンネルのパスタの詳細は、キューピー3分クッキング5月号をご覧ください。

番組で使用されていたオイルサーディンです↓


最後に

オイルサーディンはそのままでも十分美味しいですよね。
田舎者には縁が無い料理ですが、このような料理で食べるとどんな味なのか気になりました。
パンに合うのかな?
最後までありがとうございました。

【キューピー3分クッキング】5月18日さば缶といわし缶のおかず

キューピー3分クッキング5月18日放送は、土曜日企画のさば缶といわし缶のおかずのテーマで、「いわしかば焼き缶とグリンピースの炊き込みごはん」と「さば缶とトマトのパン粉焼き」をワタナベ マキ先生が教えてくれました。
司会:杉上佐智枝アナウンサー
講師:ワタナベ マキ先生

いわしかば焼き缶とグリンピースの炊き込みごはん

いわしかば焼き缶とグリンピースの炊き込みごはんの材料(4人分)

  • いわしかば焼き缶:2缶(140g)
  • 米:2合
  • グリンピース(さやつき):200g(正味100g)
  • しょうがのせん切り:2かけ分
  • 酒:大さじ1
  • 塩:小さじ2/3

いわしかば焼き缶とグリンピースの炊き込みごはんの作り方

1.いわしはボウルで受けたザルにあけ、缶汁といわしに分けます。
2.1の缶汁に酒大さじ1、水適量を加え、合計400mlにします。
3.さやつきのグリンピースは、豆を取り出し、洗っておきます。
4.米は、洗ってザルにあげ、30分おいておきます。
5.鍋に4の米を入れ、塩小さじ2/3、2の酒と水を足した缶汁を加えます。
6.5をサッと混ぜ合わせ、いわしとしょうがのせん切りを入れます。
7.6はフタをして強火にかけ、煮たったら弱火で12分炊きます。
8.12分経ったら、火を止め、3のグリンピースを加え、15分蒸らします。

さば缶とトマトのパン粉焼き

さば缶とトマトのパン粉焼きの材料(4人分)

  • さば水煮缶:2缶(360g)
  • トマト:2個(300g)
  • 玉ねぎ:1/2個(100g)
  • にんにくのみじん切り:1かけ分
  • 白ワイン:大さじ4
  • 塩:小さじ2/3
  • オリーブ油:大さじ2
  • パン粉:大さじ2
  • 粗びき黒こしょう:適量
  • バジル:適量

さば缶とトマトのパン粉焼きの作り方

1.サバ缶は、汁に栄養たっぷりなので丸ごと耐熱の容器に広げます。
2.身の大きいものはほぐして身を均一にします。
3.トマトは2cm角に切り、ボウルに移します。
4.玉ねぎは、縦に薄切りし、3のトマトと同じボウルに加えます。
5.4に、にんにく、白ワイン、塩、オリーブ油を加え、サッと混ぜ合わせ洋風の味付けにします。
6.5を1の器に移し、その上にパン粉を散らします。
7.6を予熱したオーブントースターで熱くなるまで10分ほど焼きます。
8.7が焼けたら、お好みでバジルを散らし、粗びき黒こしょう適量ふります。
今回の出来上がりの画像などは、こちら
また、今回の詳細は、キューピー3分クッキング5月号をご覧ください。

最後に

今回のどちらの缶詰は温めるだけで十分美味しいおかずになりますが、手間を加えるとさらに美味しそうだと思いました。
最後までありがとうございました。

【キューピー3分クッキング】豚肉のしょうが焼き カレー風味

キューピー3分クッキング5月17日放送は、豚肉のしょうが焼き カレー風味を小林まさみ先生が教えてくれました。
なお、著作権を考慮し、番組の画像などは使用しておりません。
司会:寺島淳司アナウンサー
講師:小林まさみ先生

豚肉のしょうが焼き カレー風味

豚肉のしょうが焼きにカレー粉で風味をプラスしたごはんが進むおかずです。
豚肉のしょうが焼き カレー風味の出来上がりの画像などは、こちら

豚肉のしょうが焼き カレー風味の材料(4人分)

  • 豚ロース肉(しょうが焼き用):14~15枚(500g)
  • 新玉ねぎ:1個(200g)
  • レタス:4枚

▼合わせ調味料
 

  • しょうが:(大)3かけ(正味30g)
  • カレー粉:小さじ2
  • しょうゆ:大さじ2+2/3
  • 酒:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1

●油
エネルギー(1人前あたり):420Kcal/塩分:1.9g

豚肉のしょうが焼き カレー風味の作り方

1.豚ロース肉は半分に切ります。
ポイント:豚肉は固くなりにくい厚めのものを選ぶ。
2.新玉ねぎは縦半分に切り、芯を取り除き、外側を外し、内と外に分け、5mm幅に切ります。
ポイント:お好みで玉ねぎの量を倍にしてもOK。
3.合わせ調味料のしょうがは皮むき、おろします。
4.おろしたしょうがに合わせ調味料の調味料を加え、泡立て器でよく混ぜます。
5.フライパンに油大さじ1/2を熱し、新玉ねぎを中火で炒めしんなりしたら一旦取り出します。。
6.同じフライパンに油大さじ1を強火で熱し、豚肉を外側に広げて並べ焼きます。
7.周りから先に火が通りますので、外側からひっくり返していきます。
8.中央の豚肉に赤みが残っている状態で5の新玉ねぎを戻し、合わせ調味料を加え、水分があるので強火のまま豚肉を返しながらからめていきます。
9.合わせ調味料の汁気がほぼなくなるまで水分を飛ばしたら豚肉のしょうが焼き カレー風味の完成です。
10.レタスは、一口大に手でちぎり、豚肉のしょうが焼きと一緒に盛ります。
豚肉のしょうが焼き カレー風味の詳細は、キューピー3分クッキング5月号をご覧ください。

最後に

普通の豚肉のしょうが焼きでも美味しいのにそれにカレー風味が加わったら最強ですね^^
テレビ見ていてもカレーの良い匂いがしてくるような感じになりました。
ごはんが進んで太りそう(笑)
最後までありがとうございました。

キューピー3分クッキングさば缶とたけのこのオイスター黒酢炒め

キューピー3分クッキング5月11日放送は、さば缶とたけのこのオイスター黒酢炒めをワタナベマキ先生が教えてくれました。
なお、著作権を考慮し、番組の画像などは使用しておりません。

司会:杉上佐智枝アナウンサー
講師:ワタナベマキ先生

さば缶とたけのこのオイスター黒酢炒め

ワタナベマキ先生「さば缶を焼いて香ばしさをプラスし、黒酢でサッパリとした味わいに致します」

出来上がりの画像などは、こちら

 

さば缶とたけのこのオイスター黒酢炒めの材料(4人分)

・さば水煮缶:2缶(360g)
・たけのこ(水煮):200g
・長ねぎ:1本(100g)
・しょうが(千切り):1かけ
・うずら卵水煮〈サラダクラブ〉:2袋(12個)
・酒:1/4カップ
・黒酢:大さじ2
・水:3/4カップ
・オイスターソース:大さじ3
・片栗粉:大さじ1(大さじ1+1/2の水で溶く)
・ごま油:小さじ1
●ごま油

さば缶とたけのこのオイスター黒酢炒めの作り方

1.さば缶はボウルで受けたザルにあけ、さばと汁に分けます。
2.たけのこ(水煮)200gはまず、縦半分に切ります。
3.穂先は縦5mm幅に切り、根元は横5mm幅に切ります。
4.フライパンにごま油大さじ1を熱し、しょうがの千切りを入れ、炒めます。
5.4に香りが出てきたら、1のさばを入れ、一緒に炒めます。
ワタナベマキ先生「さば缶を炒めると、香ばしさが出て、臭みが消えますね。さがは崩さないように炒めてください」
6.5に長ねぎと2のたけのこを加え、さばが崩れないように油が馴染むまで炒めます。
7.うずら卵水煮2袋をボウルで受けたザルにあけ、6に加えます。
8.7に分けたサバ缶汁、酒:1/4カップ、黒酢大さじ2、水3/4カップを加え、煮立てます。
9.8が煮たったら、オイスターソース大さじ3を加え、味付けし、ひと煮立ちさせます。
10.全体に馴染んだら、片栗粉大さじ1を1+1/2の水で溶いた片栗粉を加え、とろみがついたら、最後にごま油小さじ1を回し入れたらさば缶とたけのこのオイスター黒酢炒めの完成です。
さば缶とたけのこのオイスター黒酢炒めの詳細は、キューピー3分クッキング5月号をご覧ください。

最後に

さば缶とたけのこのオイスター黒酢炒めは、ご飯にかけたら、中華丼に、
中華麺を香ばしく焼き付けたものにかけたらあんかけ焼きそばでいただけますので、
お好みの食べ方でいただいてみてください。
最後までありがとうございました。

【キューピー3分クッキング】3月11日菜の花としらすの卵炒め


キューピー3分クッキング放送日3月11日は、藤井 恵 先生が3つの春色素材でサササ作れる菜の花としらすの卵炒めを教えてくれました。紹介された菜の花としらすの卵炒めを簡単に紹介しています。
なお、著作権を考慮し、番組の画像などは使用しておりませんので、画像やイラストはイメージと言うことでお願い致します<(_ _)>

講師:藤井 恵先生
司会:佐藤真知子アナウンサー

菜の花としらすの卵炒め

3つの春色素材でサササ
・エネルギー:139kcal
・塩分:1.2g

菜の花としらすの卵炒めの材料(4人分)

・菜の花:1わ(200g)
藤井 恵 先生「菜の花は、買ってきて水につけておいて、ふっくらさせると調理の時間が短くなりますし、とてもやわらく仕上げることができます」
・しらす干し:50g
・卵:4個
・酒:大さじ1
・しょうゆ:小さじ1
・塩:小さじ1/5
●ごま油

菜の花としらすの卵炒めの作り方

1.菜の花は、水につけていますので、必ず水気を取ってから、半分に切り分け、葉の部分の柔らかいところと、茎の硬い部分に分けておきます。
2.フライパンに大さじ1を引き、熱します。
3.フライパンを熱したところに、菜の花の硬い部分から炒めていきます。
4.菜の花をごま油で炒めると菜の花の緑が鮮やかになっら、柔らかい方の葉先を加えて、炒めていきます。
※菜の花は、あまり火を通しすぎると、葉先の方が美味しくなくなりますので、緑色が鮮やかになったらすぐに葉先の部分を炒めます。
5.葉先の方はサッと回しながら炒めていきます。
6.5が炒まったら、ほんの少しの塩、小さじ1/5、水1/4カップを加えたら、軽く混ぜ合わせてしらす干し50gを加えます。
7.そして、フタをして1分ほど蒸し煮にします。
8.7の間に卵を溶きほぐします。
9.8をよくかき混ぜてから調味料の酒大さじ1、しょうゆ小さじ1を加え、さらによくかき混ぜ合わせます。
10.7が蒸し上がったら、そこに9の溶き卵を一気に加え、サッと炒め合わせます。
器に盛りつけたら、菜の花としらすの卵炒めの完成です。

詳細は、3分クッキング 2019年3月号をご覧ください。

最後に

菜の花はサッと火を通すと美味しく仕上がります。
今回の料理は、シンプルで塩味のごはんによく合うおかずです。
ポイントは、フタをして1分の蒸し煮で、蒸し煮にすることでしらすのうま味も出るそうです。
是非、作ってみてくださいね。
最後までありがとうございました。

【3分クッキング】かにの蒸しずしのレシピを田口成子先生が紹介


キューピー3分クッキング放送日2月28日は、寒い日は湯気もごちそうということで田口成子さんがかにの蒸しずしを教えてくれました。紹介されたかにの蒸しずしを簡単に紹介しています。
なお、著作権を考慮し、番組の画像などは使用しておりません。

司会:川畑一志アナウンサー
講師:田口成子さん

かにの蒸しずし

今回は、冷や飯を温めて酢飯にするそうです。
・エネルギー:387kcal
・塩分:2.7g

かにの蒸しずしの材料(4人分)

・ごはん:600g
・かにの身:100g
・絹さや:30g(さっとゆでて、千切りにしておきます)
・卵:2個(錦糸卵にしておきます)
▼酢飯の具
・にんじん:1/3本(60g)
・ごぼう:1/2本(60g)
・干し椎茸:3~4枚(25g)⇒水につけてもどす
これらは、全て細かく切って、小さくしておきます。
・だし汁:1カップ
・しょうゆ:大さじ1+1/2
・砂糖:大さじ1+1/2
・れんこん:100g(薄いいちょう切りにします)
▼すし酢
・酢:1/4カップ
・塩:小さじ1
・砂糖:大さじ1

▼甘酢
だし汁:大さじ2
・酢:大さじ2
・塩:一つまみ
・砂糖 小さじ2

かにの蒸しずしの作り方

▼酢飯
1.鍋に、だし汁1カップ、しょうゆ大さじ1+1/2、砂糖大さじ1+1/2を入れます。
2.そこに細かく切った干し椎茸、にんじん、ごぼうを加えます。
3.2を煮ていきますが、味が残るくらい煮ます。
4.3の煮汁が少なくなりますが、混ぜながら煮てください。
5.れんこんを熱湯にゆでます。
6.電子レンジ(500W)で4分温めたごはんに、すし酢をかけ、よくかき混ぜます。
7.煮ていた酢飯の具は、ほんの少し汁気を残す程度まで煮詰めます(少し汁が有った方がごはんに味がつくそうです)。
8.煮詰めた酢飯の具を酢飯に加えます(温かい方が混ざりやすいそうです)

▼すし酢
1.器に、酢、塩、砂糖を入れよくかき混ぜ合わせます。
▼甘酢
1.次に甘酢を作ります。
2.甘酢の調味料を全て器に入れ、よくかき混ぜ合わせます。
2.2の2/3位を別の器に移します。
4.残った1/3甘酢にかにの身を入れ、かにに味をつけます。
5.ゆでていたれんこんをザルに上げ、キッチンペーパーで水気を取ります。
6.別容器の残りの2/3の甘酢にれんこんを入れ、れんこんに味をつけます。

かにの蒸しずし
1.酢飯をお茶碗に盛り、味のついたかにの身とれんこんを散らします。
2.1を強火で10分蒸します。
3.蒸し上がったら、絹さやと錦糸卵を盛りつけて完成です。

最後に

寒い日は、蒸し物も美味しいご馳走になるそうです。
もう明日から3月ですね。
3月3日のひな祭りにちらし寿司代わりに作ってみたらいかがでしょうか^^

【3分クッキング】洋風のトマト鍋のレシピを満留邦子先生が紹介


キューピー3分クッキング日本テレビ系2月16日放送担当は満留邦子先生の洋風鍋のトマト鍋が紹介されました。
満留邦子先生の洋風鍋のトマト鍋を簡単に紹介しています。

トマト鍋

担当:満留邦子先生
日テレアナウンサー:杉上佐智枝さん

トマト鍋(4人分)

▼下ごしらえ(昆布出汁)
・水:2+1/2カップ
・だし昆布:10cm
・トマトジュース(食塩無添加):2+1/2カップ
・みそ:大さじ2
・塩:小さじ1/2
▼肉だんご
・豚ひき肉:300g
・玉ねぎのみじん切り1/4個分(50g)
・卵:1個
・粗びき黒こしょう:適量
・おろしにんにく:1/2かけ分
・片栗粉:大さじ1

▼野菜
・ジャガイモ:2個(300g)
・玉ねぎ:1個(200g)
・しめじ:(大)1パック(180g)
・サラダほうれん草:2わ(200g)

▼その他具材
・ウインナーソーセージ;8本(180g)
・パルメザンチーズ(おろす):25g
・オリーブ油:適量

トマト鍋の作り方

▼下ごしらえ(昆布出汁)
1.鍋に水2+1/2カップにだし昆布10cmを1時間以上浸しておきます。
▼肉だんご
豚ひき肉300gをボウルなどに入れ、そこに玉ねぎのみじん切り、卵、粗びき黒こしょう少々、片栗粉、おろしにんにくを加えます。
2.ボウルに入れた肉団子の材料を粘りが出るまでよく混ぜます(肉団子からにも旨みが出ます)。
3.肉団子に粘りが出てきたら、お子さんが食べやすいくらいの一口大に丸めていきます。

▼野菜
1.ジャガイモは、端をきり離し、残りは半分にし、1cmくらいの幅に半月切りにします。
2.切ったジャガイモをボウルなどに入れておいた水に浸けてサッと水気を切り、耐熱皿に並べ、ラップをふんわりとかけます。
3.2を電子レンジ(500W)で5分30秒加熱します。

▼昆布出汁
1.鍋に浸けておいた昆布出汁の中にトマトジュース2+1/2カップを加えます(だし昆布はそのまま)。
2.1を煮立ててください。
3.みそ大さじ2を2の煮汁で溶かし、鍋に加え、塩小さじ1/2を加えたら、だし昆布を取り出します。
4.3が煮たったところに肉だんごを入れます。
5.肉だんごの表面が固まったら、半分に切った玉ねぎ1個(200g)を加え、フタをして3~4分煮ます。
6.5が煮たったら、残りの具材のウインナーソーセージ8本、しめじ1パック、ジャガイモを加えます。
7.6に火が通ったら、サラダほうれん草(アクが少ないです)を加えます(サッと火が通ればOKです)。
8.7に火が通ったらトマト鍋の完成です。
9.器に盛り、お好みでパルメザンチーズ、オリーブ油、粗びき黒こしょう各適量をかけていただきます。

最後に

いかがでしたでしょうか?
肉団子やウインナーソーセージ、ジャガイモなどお子さんにも喜んでもらえるような具材がたくさんはいった洋風の鍋料理です。
トマトペンネ(シメ)、ゆでたペンネを鍋で2~3分ゆでると美味しくいただけるそうです^^
最後までありがとうございました。

【3分クッキング】鶏肉と大根の甘酒みそ煮のレシピを田口成子先生が紹介


キューピー3分クッキング日本テレビ系1月30日放送担当は田口成子先生の鶏肉と大根の甘酒みそ煮の紹介です。
身体が温まる具しみじみとやさしい味わいの料理です。

鶏肉と大根の甘酒みそ煮のグラタン

担当:料理研究家 田口成子先生

鶏肉と大根の甘酒みそ煮材料(4人分)

・鶏スペアリブ:(300g)
・大根:1/2本(500g)
・しめじ:1パック(大・200g)
・しらたき:1袋(大・300g)
・水:2+1/2カップ
・酒:大さじ2
・甘酒:1+1/2カップ
・小麦粉:30g
・みそ:大さじ2+1/2
・塩:小さじ1/2
・塩:少々

鶏肉と大根の甘酒みそ煮の作り方

1.まず、甘酒には大別して、米を麹で発酵させたものと酒粕をベースにしたものの2種類があります。
今回は、前者の甘酒を調味料として使いますが、ものによっては甘さが違うため、味見して甘さが足りない場合は砂糖で甘さの加減をし、準備してください。
2.そして、その他準備するのは、みそ(大さじ2+1/2)と酒(大さじ2)です。
3.大根(500g)を大きめの乱切りにします。
4.しめじは石づきを切り落とし、ほぐしておきます。
5.鶏スペアリブを下ごしらえのため、塩を少々入れた熱湯に入れ、周りが白っぽくなるまでゆでます。
6.しらたき大1袋は水から入れて沸騰してから、5~6分ゆでます。
7.鶏スペアリブが白っぽくゆであがったら、ザルに上げます(こうすることで、アクが取れます)。
8.ザルに上げた鶏スペアリブを別の鍋に移し、酒大さじ2、水2+1/2カップ、大根を入れ、落としぶたをして20分煮ます(大根から水分が出ますので、水かさが増えます)。
9.20分煮て大根が柔らかくなってきたら甘酒1+1/2カップを入れ、しめじ、しらたきを加えます。
10.9の煮汁でみそを溶かし、溶かしたみそを9に入れて、みそが全体に馴染むよう軽くかき混ぜてから、15~20分煮込みます。
11.最後お皿に盛りつけましたら、完成です。

最後に

いかがでしたでしょうか?
身体が温まる料理ですので、今の季節にピッタリですね。
最後までありがとうございました。

キューピー3分クッキング ブロッコリーとソーセージのグラタン


キューピー3分クッキング日本テレビ系1月30日放送レシピ田口成子先生のブロッコリーとソーセージのグラタンの紹介です。
具だくさんで熱々なので寒い季節にGoodな料理です。
下記のグラタンも熱々ですよ。
上沼恵美子のおしゃべりクッキング2/7ギリシャ風マカロニグラタン

ブロッコリーとソーセージのグラタン

担当:田口成子先生
カロリー:551Kcal 塩分:2.9g

ブロッコリーとソーセージのグラタン材料(4人分)

・ブロッコリー:1個(250g)
・ウインナーソーセージ:8本(160g)
・卵:4個
・マカロニ:100g

●ホワイトソース
・バター:30g
・小麦粉:30g
牛乳:2+1/2カップ
・塩:小さじ1/2
粉チーズ 大さじ2
・ピザ用チーズ:50g

ブロッコリーとソーセージの作り方

1.卵4個を沸騰したお湯から約8分ゆででて、ゆで卵を作ります。
その間、下記の作業を行います。
2.ブロッコリーは小房に分けます。
茎を3~4cm位の長さに切り分け、茎の皮は硬いので、切り除きます。
皮を切り除いた茎を1cm角位に拍子木切り(ひょうしぎぎり)にします。
3.ウインナーソーセージは斜めに2~3等分に切り分けます。
4.鍋に1リットルの湯を沸かして塩小さじ2を加え(下味をつけます)、マカロニを表示時間どおりにゆでます。
5.マカロニがゆであがる2分ぐらい前に、ブロッコリーとソーセージを加えてゆでます。

ホワイトソースの作り方

6.マカロニをゆでている間にホワイトソースを作ります。
7.フライパンにバターを溶かし(焦がさないように)、小麦粉を加えて弱火で2~3分サラサラになるまで炒めます。
8.サラサラになったら、牛乳を1/3位フライパンに入れ、混ぜながら温まるまで火にかけます。
9.牛乳が温まったら、火から外し、なめらかになるまでよくかき混ぜます(大事なポイントです)。
10.なめらかになりましたら、残りの牛乳の1/3をフライパンに入れ再度よくかき混ぜながら温めます。
11.再度なめらかになりましたら塩を小さじ1/2入れ、温まるでかき混ぜます。
12.ゆでていたマカロニ、ブロッコリー、ソーセージをザルに上げ水気を切ります。
13.水気をよく切った、11をグラタン皿に入れます。
14.温かい12の上に粉チーズ大さじ2を振りかけ、材料を軽くかき混ぜます。
15.ゆで卵の殻をむき4つ切りにし、混ぜた14に入れていきます。
16.15の上上からホワイトソースをかけます。
17.ホワイトソースをかけた上にピザ用チーズを散らします。
18.17を220℃に予熱したオーブンに入れ、こんがり焼き色がつくまで12分ほど焼いて完成です。

最後に

いかがでしたでしょうか?
具だくさんで熱々な料理ですので、今の季節にピッタリですね。
マカロニをゆでるときに塩を入れるのがポイントだそうですよ。
最後までありがとうございました。