【ZIP!】足が早い料理№1決定戦紹介!たまごサンドなど

足が早い料理№1決定戦
2021年7月22日放送のZIP!は暑い夏に要注意!足が早い料理№1決定戦でたまごサンドなどについて紹介されました!
協力してくれたのは食品微生物センターの山口憲太さんです。
料理を長持ちさせる方法を教えてくれたのは料理研究家・食品保存アドバイザーの島本美由紀さんです。

足が早い料理№1決定戦

食あたりの可能性菌が10万個以上(食品1g中)

第1レース・麺部門

PM7時に作り、冷蔵庫(8℃に設定)に保存して翌日PM7時に食べます。
・そうめん
パスタ麺=1位
・そば
パスタ麺が傷みやすい理由:他の麺は水で洗ったり冷やすことが多いですが、パスタは湯切りしてからそのまま粗熱を取っただけなのが原因(菌が増えやすい温度・50℃~10℃)とのことでした。
常温だと菌が発生しやすい温度に長時間さらされます。

パスタ麺を長持ちさせる方法

・流水でしっかり冷やして洗います。
対策:冷たい水で一気に冷まします。

第2レース・スープ部門

冷蔵庫で1日保存した場合。
みそ汁=1位(豆腐とワカメは足が早い食材)
・コーンスープ
・ミネストローネ
みそ汁が傷みやすい理由:みそ自体は保存食として成り立つほど傷みにくい食材ですがみそを溶いて薄めると塩分濃度が下がり傷みやすくなり、みその栄養が菌にとって増えるために使われるとのことでした。

みそ汁を長持ちさせる方法

対策:小さじ1のみそを加えて濃い目のみそ汁を作ります(4人分の場合)。
島本美由紀さんによると、みその塩分がみそ汁に多めに加わることで傷みにくくなるそうです。菌の数が約1/28に減少。
飲むときはお湯を足して調整します。

第3レース・たまごサンド部門

・茹で卵の輪切り=マヨネーズをかけるだけの調理がシンプルで菌がつきにくいそうです。
・厚焼き玉子
茹で卵つぶし=1位
※いずれもマヨネーズを使用、パンにバターを塗ります。
茹で卵つぶしが傷みやすい理由:マヨネーズと卵を混ぜたとのことでした。

茹で卵をつぶしたサンドを長持ちさせる方法

対策:わさびとカレー粉を使います。
POINT:わさび・カレー粉には殺菌効果があり、菌の繁殖を抑えてくれます。
卵1個に対してわさび小さじ1/3、お子さんにはカレー粉小さじ1/3を混ぜ合わせます。
わさびを加えたマヨネーズ和え菌の数が半分に減少。

まとめ

夏場ははとにかく早めに食べることをおすすめします。
今でしょ!講座【100歳の方が毎日食べているハチミツドレッシングの作り方!細菌&ウイルスを撃退するパワー】平柳要先生が解説
最後までお読みいただきありがとうございました。