【あさイチ】秋なすときゅうりの梅マリネの作り方を紹介!井原裕子さんのレシピ

秋なすときゅうりの梅マリネ
2021年9月16日放送のあさイチはみんな!ゴハンだよ「秋なすを一袋使い切り!ごまみそ炒め&マリネ」で秋なすときゅうりの梅マリネの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の井原裕子さんです。

秋なすときゅうりの梅マリネのレシピ

秋なすときゅうりの梅マリネの材料(2人分)

・なす:2個(約220g)
・きゅうり(乱切り):1本分(約100g)
・青じそ(軸を除く):5枚分
▼A
・オリーブ油:大さじ1
・梅干し(塩分12~14%/種を除きたたく):1個分
・しょう油:小さじ1
・砂糖:小さじ1/2
・水:大さじ1

秋なすときゅうりの梅マリネの作り方

1)なすはヘタを除いて縦に半分に切り、水にサッとくぐらせて切り口合わせてラップで包みます。
2)電子レンジ(600W)で3分ほど加熱し、取り出して冷まします。
3)(2)のラップを外して1cm幅に切ります。
4)ボウルに(A)のオリーブ油、梅干し、しょう油、砂糖、水を入れて混ぜます。
5)切ったなすときゅうり、青じそを手で叩いて香りを出してからちぎって加え混ぜれば出来上がりです。

まとめ

秋なすときゅうりの梅マリネについてまとめました!
簡単でとても美味しいそうでした。
【あさイチ】秋なすと豚肉のごまみそ炒めの作り方を紹介!井原裕子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】秋なすと豚肉のごまみそ炒めの作り方を紹介!井原裕子さんのレシピ


2021年9月16日放送のあさイチはみんな!ゴハンだよ「秋なすを一袋使い切り!ごまみそ炒め&マリネ」で秋なすと豚肉のごまみそ炒めの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の井原裕子さんです。

秋なすと豚肉のごまみそ炒めのレシピ

秋なすと豚肉のごまみそ炒めの材料(2人分)

・豚バラ肉(焼き肉用):200g
・塩:少々
・こしょう:少々
・なす(ヘタを除き 乱切り):3個分(約330g)
・まいたけ(ほぐす):70g

・サラダ油:小さじ1
▼A
・酒:大さじ2
・みそ:大さじ2
・みりん:大さじ2
・酢:小さじ1
・すりごま(白):大さじ3
・細ねぎ(小口切り):適量

秋なすと豚肉のごまみそ炒めの作り方

1)なすはヘタを除き、乱切りにします。
2)フライパンにサラダ油、豚肉を入れて塩とこしょうをふり、中火にかけて3分間ほど焼きます。
3)焼き色がついたら、上下を返し2分間ほど焼きます。
4)肉を焼いている間にまいたけをほぐしておきます。
5)(A)の酒、みそ、みりん、酢を混ぜ合わせます。
6)(3)になすとまいたけを加えてサッと混ぜ、フタをして弱めの中火で3分間ほど蒸し焼きにします。
7)フタを取って火を少し強めめて1分間ほど炒め、(5)を加えて炒め合わせて味を馴染ませます。
8)すりごまを加えて混ぜ、全体に絡ませれば出来上がりです。

まとめ

秋なすと豚肉のごまみそ炒めについてまとめました!
ご飯にとても合いそうだと思いました。
【あさイチ】秋なすときゅうりの梅マリネの作り方を紹介!井原裕子さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】豚肉の串焼きの作り方を紹介!シリワン・ピタウェイさんのレシピ


2021年9月14日放送のあさイチはみんな!ゴハンだよ「タイ料理の定番!屋台の味 豚肉の串焼き」で豚肉の串焼きの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはタイ料理研究家のシリワン・ピタウェイさんです。

豚肉の串焼きのレシピ

豚肉の串焼きの材料(2人分)

・豚肩ロース肉(しょうが焼き用):200g
▼A
・白こしょう(粒):小さじ1/4
・にんにく:2かけ
・パクチー(根・根元5㎝/小口切り):1株分
▼B
・三温糖(または砂糖)大さじ2
・ナンプラー:大さじ1
・オイスターソース:大さじ1/2
・塩:ふたつまみ
・牛乳:50ml
・サラダ油:小さじ2
▼C
・レモン汁:大さじ1
・ナンプラー:大さじ1
・三温糖:小さじ1
・赤唐辛子(粗挽き):小さじ1/2
・パクチー(茎・葉/小口切り):2本

・きゅうり:1本
・サラダ油:小さじ2

豚肉の串焼きの作り方

1)豚肉は幅3㎝×長さ5㎝程度に切ります。
2)(A)は麺棒などで叩きつぶしてボウルに入れます。
3)豚肉、(B)を加え、よく混ぜて揉み込みます。
4)冷蔵庫に最低3時間以上おきます(一晩がベスト)。
5)串に(4)を縦長方向に、波を打つように2~3枚ずつ刺していきます。
保存:この状態で冷蔵で3日間、冷凍で2週間可能。

6)フライパンにサラダ油を熱し、(5)を並べ、中火で両面、それぞれ3分間ほどずつ焼きます。
▼たれを作ります。
7)ボウルに(C)を入れ、混ぜ合わせたらたれの完成です。
8)豚肉を器に盛り付け、食べやすい大きさに切ったきゅうりとたれを添えれば出来上がりです。

まとめ

豚肉の串焼きについてまとめました!
ビールが欲しくなりました^^;
【あさイチ】トムヤムクン風えびスープの作り方を紹介!ヤミーさんのレシピ
【あさイチ】タイ風ポークサラダの作り方を紹介!ヤミーさんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】からし明太子クリームチーズの作り方を紹介!右近由美子さんのレシピ


2021年9月13日放送のあさイチは「教えて名店さん!永久保存版”極上おにぎり”の作り方」でおにぎり具材のからし明太子クリームチーズの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはおにぎり浅草宿六女将の右近由美子さんです。

からし明太子クリームチーズのレシピ

からし明太子クリームチーズの材料

・辛子明太子:100g
・マヨネーズ:50g
・クリームチーズ(かためのもの):75g
・しょう油:大さじ2

からし明太子クリームチーズの作り方

1)明太子は適当な大きさに切ってから包丁で皮ごと叩きます。
2)マヨネーズを加えて和え、20秒ほど馴染ませます。
3)ラップをして冷蔵庫で一晩おきます。
4)クリームチーズは1㎝角に切り、しょう油を加え、落としラップして冷蔵庫で一晩おきます。
5)(4)が一晩経ったら、ザルにあけ、しょう油を切って冷蔵庫で一晩おきます。
6)(3)と(5)をクリームチーズが崩れないように優しく混ぜれば出来上がりです。

簡単からし明太子クリームチーズの作り方

教えてくれたのは女子栄養大学専任講師・管理栄養士の浅尾貴子さんです。

1)プロセスチーズ(60g)は1㎝角に切り、めんつゆ(8g/2倍濃縮)、市販の辛子明太子パスタソース(50g)を混ぜ合わせます。
2)冷蔵庫で30分味を馴染ませれば出来上がりです。
子供さんには辛くないたらこのパスタソース(50g)を使います。

まとめ

からし明太子クリームチーズの炊き方についてまとめました!
浅草宿六さんで女性に一番人気の具材だそうです。

【あさイチ】究極の塩むすびの作り方を紹介!三浦洋介さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】究極の塩むすびの作り方を紹介!三浦洋介さんのレシピ


2021年9月13日放送のあさイチは「教えて名店さん!永久保存版”極上おにぎり”の作り方」で究極の塩むすびの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはおにぎり浅草宿六3代目の三浦洋介さんです。

究極の塩むすびのレシピ

究極の塩むすびの材料(7個分)

・米(粒の大きいもの):450g
・水:520mL
・焼きのり
・塩:適量

究極の塩むすびの作り方

1)米は必ず量りにのせて450g測り、ボウルに入れます。
2)米に水を入れ、放置してぬかの香りを10秒ほど吸収させます。
POINT:ぬかもうま味の一種なのでクセを米に吸わせてよりクセを出します。

3)5回ほどかき混ぜて水を捨てます。
4)ザルにあけ、米の厚みを均等に広げて15分ほどおきます。
POINT:米についている水分を15分ほど吸わせます。

5)ボウルに水を入れ、30分ほど浸水させます。
6)土鍋に優しく移し、米を平らにします。
POINT:米が割れないように優しく移します。

7)フタをして強火にかけ、香ばしい香りになったら火を止め、15分蒸らします。
8)保温した炊飯器に優しく移します。
9)ごはん(自分の手におさまる程度の量が目安)をまな板の上にのせます。
10)指1~2本分の水を手のひらに広げます。
11)まな板の上で手を軽く三角に形を作ります。
12)指先3本分(人差し指~薬指)につけた塩を手のひらに馴染ませて3回握ります。
POINT:中の空気を保つように握ります。

13)海苔の上半分に置き、下半分の海苔を被せ、片方の左右を折り込めば出来上がりです。

具材ありの握り方

1)ごはんをまな板におきます。
2)ごはんを優しく広げます。
3)ごはんの中央に具をのせ、周りのごはんをつまんで被せます(具が完全に隠れなくてもOK)。
4)後は上記と同様に握りれば出来上がりです。

まとめ

究極の塩むすびについてまとめました!
3回以上握るとかたいおにぎりになってしまいます。
【あさイチ】からし明太子クリームチーズの作り方を紹介!右近由美子さんのレシピ
【相葉マナブ】塩作りレシピ!塩むすびの作り方を紹介!
【すイエんサー】おにぎりのレシピ!究極の塩むすびなどを馬原香織さんが紹介!
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】鶏レバニラ炒めの作り方を紹介!渡辺あきこさんのレシピ


2021年9月9日放送のあさイチはみんな!ゴハンだよ「やわらかシャキシャキ!鶏レバニラ炒め」で鶏レバニラ炒めの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家の渡辺あきこさんです。

鶏レバニラ炒めのレシピ

鶏レバニラ炒めの材料(2人分)

・鶏レバー:150g
・湯:カップ2
・酒:大さじ1
▼鶏レバー下味
・しょう油:小さじ1
・こしょう:少々
・にんにく(すりおろす):1/2かけ分

・にら:100g
・もやし:100g
・サラダ油:大さじ1
・顆粒チキンスープの素(中華風):小さじ1/2
・水:大さじ1
・塩:少々
・こしょう:少々
・ごま油:小さじ2
▼たれ
・オイスターソース:小さじ2
・砂糖:小さじ2
・しょう油:小さじ2
・酒:小さじ2
・水:大さじ1
・片栗粉:小さじ1/2

・ごま油:小さじ1

鶏レバニラ炒めの作り方

1)鍋に湯を沸かし、酒、鶏レバーはそのまま入れます。
2)弱火で4分間茹で、ザルに取って冷まします。
3)鶏レバーが冷めたら、そぎ切りにします。
4)しょう油、こしょうにんにくを混ぜて下味をつけます。
5)にらは4㎝長さに切ります。
6)フライパンにサラダ油を中火で熱し、にらともやしを炒めます。
7)顆粒チキンスープの素を水で溶いて加え、にらの色が鮮やかになるまで炒め、塩、こしょうをふりって器に盛ります。
8)フライパンをキレイに拭き、ごま油をひいての鶏レバーを中火であまり動かさず両面焼きます。
9)ボウルにオイスターソース、砂糖、しょう油、酒、水、片栗粉を混ぜ合わせます。
10)(8)にたれを加え、絡め、(7)にたれごとのせてごま油をかければ出来上がりです。

まとめ

鶏レバニラ炒めについてまとめました!
お試しください。
渡辺あきこさんのレシピ

最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】お酢の健康パワー!ダイエット・血圧低下効果などを紹介!


2021年7月20日放送のあさイチのクイズとくもりは酢ポーツの祭典直前!ブームのお酢ドリンクSPでお酢の健康パワーについて紹介されました。

ブームのお酢ドリンクSP

お酢の健康パワー【ダイエット効果】

教えてくれたのは東京農業大学名誉教授の小泉幸道さんです。

ℚ.なぜお酢でダイエット効果?

お酢の主成分である”酢酸”が脂肪の取り込みをブロックする働きがあるそうです。
ただし、毎日大さじ1~2杯摂る習慣をしていただきたいとのことでした。

効果的なお酢の摂り方

・毎日1回
・1回あたり:酢15~30ml(大さじ1~2)
カロリーが高い食事を摂るとき同じタイミングがおすすめだそうです。
やめると体重が増えてしまうデータも紹介されました。

お酢の健康パワー【血圧低下効果】

教えてくれたのは広島修道大学教授の多山賢二さんです。
お酢の主成分である”酢酸”が体内に入るとアデノシンという物質が分泌され、アデノシンには血管を広げる作用があるので血圧が下がるそうです。

ℚ.高血圧の改善につながる効果的なお酢の摂り方は?

こまめに摂ることで1日の血圧を安定的に保てるそうです。
4時間おきを目安に飲むと高血圧を押さえる効果が期待できるそうです。

効果的なお酢の摂り方

・毎日4~5回
・酢:10ml(小さじ2)

お酢の”ツ~ン”を和らげてくれる魔法のフルーツ

教えてくれたのはお酢メーカー広報のの山田香澄さんです。

ℚ.なぜグレープフルーツでツンが和らぐ?

グレープフルーツなどの柑橘類にはお酢のツンとくる酸味を隠す働きがあると言われているそうです。
グレープフルーツにはポリフェノールの一種ナリンジンという成分が多く含まれ、そのナリンジンはツンとくる酸味を包み込む効果があることが分かっているそうです。

お酢の保存方法

教えてくれたのは実家がお酢の醸造所 酢研究家の内堀光康さんです。
シンク下などに保存しておくと白く濁ることがあり、それは酢酸菌が生み出した繊維物質こうなると口に入れる香りでは無くなるそうです。
気温が30℃を超えると酢酸菌が繁殖しやすくなる開栓後は冷蔵庫で保存するのがおすすめです。
特に黒酢は穀物酢と比べて酢酸菌が好むうま味成分のアミノ酸が多いので必ず冷蔵保存(ドアポケット)してください。
ドアの開け閉めの振動が良いそう表面の酢酸菌が酢に沈み繁殖しにくくなるそうです。
冷蔵庫に入らない場合は食塩を入れると塩分が酢酸菌の水分を奪うようになり活動を弱めるようになるそうです。
お酢500mlに対し、塩小さじ1/2(2.5g)を入れ、塩が溶けるまでしっかり振ります。

まとめ

とても勉強になりました。
【あさイチ】フルーツビネガーの作り方を紹介!全香美さんのレシピ
【あさイチ】ツンが和らぐフルーツビネガーの作り方を紹介!山田香澄さんのレシピ
【人生レシピ】酢バターの作り方を紹介!内堀光康さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】ツンが和らぐフルーツビネガーの作り方を紹介!山田香澄さんのレシピ


2021年7月20日放送のあさイチクイズとくもりは酢ポーツの祭典直前!ブームのお酢ドリンクSPでフルーツビネガーの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはお酢メーカー広報のの山田香澄さんです。

フルーツビネガーのレシピ

フルーツビネガーの材料

・お好みのフルーツ:200g
・氷砂糖:400g
・リンゴ酢:400ml
材料は1:2:2

フルーツビネガーの作り方

1)フルーツは密閉できる保存ビンの一番下に入れます。
POINT:フルーツを液面から出さないようにします。

2)氷砂糖を加えてリンゴ酢を注ぎ、冷暗所で1週間漬ければ出来上がりです。
POINT:1日1回軽くふります。
保存:約3か月。
注意:高血圧の薬を服用している方はかかりつけの医師とご相談ください。

まとめ

フルーツビネガーについてまとめました!
ツンがなく、長期間保存出来て良いですね。
【あさイチ】フルーツビネガーの作り方を紹介!全香美さんのレシピ
【あさイチ】お酢の健康パワー!ダイエット・血圧低下効果などを紹介!
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】フルーツビネガーの作り方を紹介!全香美さんのレシピ


2021年7月20日放送のあさイチクイズとくもりは酢ポーツの祭典直前!ブームのお酢ドリンクSPでフルーツビネガーの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは韓国料理研究家の全香美さんです。

フルーツビネガーのレシピ

フルーツビネガーの材料

・冷凍したお好みのフルーツ:200g
・砂糖:200g
・リンゴ酢:200ml
材料は1:1:1

フルーツビネガーの作り方

1)ボウルに砂糖を入れ、リンゴ酢を加えて混ぜ、砂糖を溶かしておきます。
時短POINT:予めしっかりと砂糖を溶かしておきます。

2)冷凍したお好みのフルーツを入れた保存袋に砂糖を溶かした(1)を加え、冷蔵庫で1日寝かせば出来上がりです。
保存:冷蔵庫で約1か月。

酢によって変わる味わい

・穀物酢:さっぱり
・米酢:まろやか
・黒酢:うま味
・バルサミコ酢:熟成した甘味
・リンゴ酢:フルーティー

まとめ

フルーツビネガーについてまとめました!
おすすめの割り方は原液1:水(炭酸水や牛乳も◎)2ということでした。
【あさイチ】お酢の健康パワー!ダイエット・血圧低下効果などを紹介!
【あさイチ】ツンが和らぐフルーツビネガーの作り方を紹介!山田香澄さんのレシピ
【サタプラ】お酢のちょい足しレシピベスト5!チーズケーキ×黒酢などを河瀬璃菜さんが紹介!
最後までお読みいただきありがとうございました。

【あさイチ】プルプルBigプリンの作り方を紹介!ムラヨシマサユキさんのレシピ


2021年7月14日放送のあさイチはみんな!ゴハンだよ「夏休みに親子で楽しく!プルプルBigプリン」でプルプルBigプリンの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家のムラヨシマサユキさんです。

プルプルBigプリンのレシピ

プルプルBigプリンの材料(直径16~18cmの鍋1個分)

・粉ゼラチン:10g
・水:大さじ2
▼A(作りやすい分量)
・卵:6個
・牛乳:300ml
・砂糖:100g

・湯:大さじ1
・砂糖:大さじ3
・湯(カラメルの色止め):大さじ1
・サラダ油:適量

プルプルBigプリンの作り方

1)ボウルに粉ゼラチンと水を入れ、1~2分間おいてふやかします。
2)鍋(直径16~18㎝/容量700mlがおすすめ)に(A)の牛乳、砂糖100gのうち大さじ1だけを入れ(皮膜を防ぐ)、中火にかけます。
3)鍋肌がフツフツするまで温め、火からおろして(1)を加え、混ぜて完全に溶かします。
POINT:牛乳を煮立たせると、ゼラチンが固まりにくくなります。

4)ボウルに(A)の卵を泡立てないように静かに溶きほぐし、残りの砂糖を加えて混ぜます。
POINT:泡立てないように静かに溶きほぐします。

5)さらに(3)を加え、しっかり混ぜ合わせます。
6)空いた鍋を洗い、湯を入れてから砂糖を加えて中火にかけ混ぜずに褐色になってきたら火を止めます。
POINT:あまり混ぜないようにします。

7)予熱で好みの濃さになったら湯を加え、カラメルの色止めをして氷水につけて冷やします。
8)冷めたらサラダ油をキッチンペーパーで鍋肌に薄く塗ります。
POINT:プリンがツルンと出てきます。

9)(8)にザルを重ね、(5)をこしながら、プリン液を注ぎます。
10)冷蔵庫で3時間ほど冷やし固めたら、皿を被せてひっくり返して盛り付ければ出来上がりです。

まとめ

プルプルBigプリンについてまとめました!
親子で楽しんで下さい^^
ムラヨシマサユキさんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。