Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



きょうの健康トコトン!腰痛大解決!3ヶ月以上続く「慢性腰痛」

Facebook にシェア
Pocket

きょうの健康 慢性腰痛 改善
きょうの健康4月15日放送では、トコトン!腰痛大解決!ということで、3ヶ月以上続く「慢性腰痛」の改善についてでした。
関連記事は下記から
きょうの健康4月17日トコトン!腰痛大解決「“しびれる”腰痛」
その腰の痛「みもう治らないかも」と不安な気持ちになっていませんか?
慢性腰痛を改善のに大切なのは、実は脳へのアプローチ。

それについて専門家の先生が解説してくれました。

今回の腰痛について解説してくれる専門家の先生は、東京大学医学部付属病院 22世紀医療センター 特任教授 松平 浩先生です。

司会は、黒沢保裕さんと岩田まこ都さんのお2人です。




慢性腰痛

心と体の両面から、腰痛を改善!

慢性腰痛の推定患者数は、約1500万人だそうです。
出典:Pain in japan 2010

松平 浩先生によると、
マインドフルネス:慢性腰痛を和らげる効果がある事が分かっています。

今回のポイント慢性腰痛

●脳が原因?腰痛が長引く理由
腰に何の異常もないのに腰痛が治らないという人の原因はひょっとすると脳が原因かも知れません。
慢性腰痛の原因:腰または脳
▼腰が原因の場合の対処法
・重い物の持ち方を工夫
・長時間同じ姿勢をとらずに合間に体操など
▼脳が原因の場合
松平 浩先生「人間には、痛みを自然に抑えるという仕組みが備わっている」
例えば脳:痛みを抑えるホルモンがあることにより、出にくくなる(ドパミンやセロトニンなど)⇒腰痛が悪化
Q.傷みを抑えるホルモンが出にくくなる原因は?
A.ストレス

●腰痛が腰痛を起こす「傷みの悪循環」
脳である思考が働くことで痛みの悪循環に陥ってしまうことが多いそうです。
◆痛みの悪循環
腰痛⇒不安・恐怖⇒安静にする⇒筋力が衰える⇒腰痛に戻る(痛みの悪循環・恐怖回避思考モデル)
▼不安・恐怖:
・ぎっくり腰など過去の腰痛の辛さへのトラウマ
・画像診断を過度に心配(画像診断をあまり気にする必要はない)
▼安静にする:筋力が衰える(運動不足)
腰痛経験者A「動かない、外出しない、一日中寝る=安静」
腰痛経験者B「怖いから運動できない=安静」
腰痛:安静は百害あって一利なし
◆恐怖回避思考チェック
ここ2週間のことを考えて回答してください。
①~④はい1点・いいえ0点

①この腰の状態で、体を活発に動かすには、かなりの慎重さが必要だ
②心配事が心に浮かぶことが多かった
③私の腰痛は重症で、決して良くならないと思う
④以前は楽しめたことが最近は楽しめない
⑤全体的に考えて、ここ2週間の間に腰痛をどの程度わずらわしく思いましたか?
「⑤」は採点が代わります。「全然・少し・中程度(0点)・とても・きわめて(1点)」

◆①~⑤までの合計が4点以上の場合、恐怖回避思考の可能性が高くなります。
▼ぎっくり腰の後、慢性腰痛を発症した人
・安静:30%
・活動:0%
ぎっくり腰:
2日間くらいは安静にしてもよいが、安静にしすぎはあまり有効ではない

●心を“今”に「マインドフルネス」
腰痛の不安の恐怖をこの方法で解消しましょう!

◆腰痛の人が陥りがち
・腰痛の不安・恐怖にとらわれる心理状態
効果的な対処法がマインドフルネス
マインドフルネスのやり方
1.肩をリラックスさせて背筋を伸ばします。
2.手の平を上にして太ももの上におきます。
3.目を閉じて、鼻から大きく息を吸い込みます。
4.「あー」と声を出し、胃を振動させます。
5.「おー」と声を出し、肺を振動させます。
6.「んー」と声を出し、頭蓋骨を振動させます。
これを繰り返します。
黒沢保裕さん「自分の体が振動しますので、そっちの方に気持ちが行きますので、他のことはあまり考えない状態になります」
マインドフルネスの一例:
コーヒーを飲むことを心の中で実況中継するなどして、腰痛の不安・恐怖を取り除きます。
マインドフルネス瞑想についての記事もあります。
レディース有吉4月9日噂のブレサリアン美女が若さを保っている!?

腰痛の中には、注意が必要なものがあります。
危険な腰痛チェック
・横になってもうずく、痛み止めを使用しても改善されないとい場合は、
がんの転移や背骨の感染症といった重い病気の可能性の恐れがあります。

また、特に女性の高齢者でふとんから起き上がるときに
背中や腰に痛みがでている方は、骨粗しょう症による背骨の骨折の可能性の恐れがあります。

まとめ

●慢性腰痛
・慢性腰痛の推定患者数は、約1500万人

●脳が原因?腰痛が長引く理由
腰に何の異常もないのに腰痛が治らないという人の原因はひょっとすると脳が原因かも知れません。
慢性腰痛の原因:腰または脳

●腰痛が腰痛を起こす「傷みの悪循環」
脳である思考が働くことで痛みの悪循環に陥ってしまうことが多いそうです。
◆痛みの悪循環
腰痛⇒不安・恐怖⇒安静にする⇒筋力が衰える⇒腰痛に戻る(痛みの悪循環・恐怖回避思考モデル)
▼不安・恐怖:ぎっくり腰など過去の腰痛の辛さへのトラウマ
・マインドフルネスで解消
最後までありがとうございました。

スポンサードリンク
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援よろしくお願いします<(_ _)>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい関連記事