Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



きょうの料理ビギナーズレシピ煮崩れなし!かれいの煮つけ

Facebook にシェア
Pocket

きょうの料理 ビギナーズレシピ かれいの煮つけ
きょうの料理2月21日放送のビギナーズレシピは、もっとおいしく定番煮物高木ハツエさん(アニメ放送^^)のビギナーズレシピ煮崩れなし!魚介でかれいの煮つけが紹介されました。
出来上がりの画像は著作権を考慮し、掲載しておりませんが、煮崩れなしのかれいの煮つけのビギナーズレシピを簡単に紹介しています。




かれいの煮つけ

きょうの料理 ビギナーズレシピ かれいの煮つけ

かれいの煮つけの材料(2人分)

・ユズの皮:適量
▼煮汁
・だし(または水):カップ1
・みりん:大さじ1+1/2
・しょうゆ:大さじ1+1/2

・かれい(切り身):2切れ(300g)
・貝割れ菜:1パック(80g)

かれいの煮つけの作り方

1.ユズの皮の内側についている薄皮の白い部分を包丁などで取り除きます。
2.そのユズの皮を細く千切りにします。
3.フライパンにだし(または水)、みりん、しょうゆを入れます。
▼中火
4.3を中火で加熱し、煮汁を煮立ててから、かれいの切り身(300g)を入れます。
小さめのフライパンだと煮汁が全体に回りやすいのでおすすめです。
5.煮ているときは、かれいにスプーンなどで煮汁をかけながら味をしみこませます。
▼弱めの中火
6.そして落としぶたをして、弱めの中火にして魚をひっくり返さずに煮ていきます。
7.かれいに火が通ったら、落としぶたを取り、貝割れ菜を加え、再度かれいに煮汁をかけ味をしみこませながら30秒ほど煮ます。
8.貝割れ菜に火が通ったら、かれいと貝割れ菜を器に盛りつけ、かれいの上にユズの皮をのせたら完成です。

最後に

料理研究家 河野雅子さんの魚介の煮物の基本的テクニック。
煮汁を煮立ててから魚を入れると魚のクセが出にくくなります。
かれいの煮付けは、上下をひっくり返すと実が崩れてしまうので、煮汁をかけながら味をしみこませるのがコツです。
最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事