Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



きょうの料理2月13日ビギナーズレシピ鶏レバーのレモンシチュー

Facebook にシェア
Pocket

きょうの料理2月13日放送のビギナーズレシピは、レパートリーに加えたいあったか肉おかずというテーマで鶏レバーのレモンシチューが紹介されました。
出来上がりの画像は著作権を考慮し、掲載しておりませんが、鶏レバーのレモンシチューのレシピを簡単に紹介しています。
きょうの料理 ビギナーズレシピ 鶏レバーのレモンシチュー
講師:萩野伸也さん
萩野伸也さんは、フランス料理店オーナーシェフ、肉料理に定評があり、もつ料理やジビエも得意、趣味は筋トレ、サーフィンだそうです。
きょうの料理 レシピ 鶏レバーのレモンシチュー
イラストは、イメージです。

アナウンサー:柘植恵水さん




鶏レバーのレモンシチュー

1人分:エネルギー:310Kcal 塩分:1.3g

材料、作り方は、きょうの料理2月13日ビギナーズレシピ鶏レバーの赤ワイン煮とほぼ同じです。

鶏レバーの赤ワイン煮の材料(2人分)

・鶏レバー:4個(300g)
・たまねぎ(大):1/2個(15og)
・にんにく(みじん切り):1かけ分(10g)
・レモン:6枚(国産/1mmの厚さの輪切り)
・白ワイン:カップ1
・プレーンヨーグルト(無糖):100g
・グラニュー糖:小さじ1
・塩:適量
・オリーブ油:大さじ1
・はちみつ:大さじ1
・ナツメグ(あれば):少々
・牛乳:1/4カップ
・こしょう:少々

鶏レバーの赤ワイン煮の作り方

●1.鶏レバーの下ごしらえ
一般的な鶏レバーは、だいたい心臓(ハツ)と肝臓(レバー)がくっついていますので、
ハツをまず切り離し、ハツについている脂も切り落とします。
レバーは広げると、大きい部分と小さい部分に分かれて一対になっており、つなぎ目に脂がありますので、脂を切り落とし、大小2つに分け、大きい方は半分に切り分けます。
このように切り分けると、大きさが大体1/3ずつくらいになります。
ポイント:大きめに切る。

ハツに透明の薄い皮のような物がついていることがありますので、ハツをレバーから切り離し、脂を切り落とすと、
ハツの皮は指で端の方を軽くつまむとツルンっと取れますので、皮は廃棄し、余分な脂も切り落とします。
●2.たまねぎを炒める
1.レバーを炒める前に、プライパンにオリーブ油を引き、たまねぎ(大)1/2個(15og)を入れ、塩をひとつまみを加え、弱火で5分間炒めます。
あまり焦げないように気をつけてください。
2.鶏レバーの赤ワイン煮と少し違うのは、ここで、にんにく(みじん切り):1かけ分(10g)を加えるところです。
にんにくは、最初に入れてしまうとどうしても焦げてしいますので、最後に入れます。
3.ニンニクを入れたらサッと炒め、次に鶏レバーを加え、強火で炒めます。
3を炒めるときは、こまめに返して炒めてください。
4.鶏レバーがうっすら色が変わったら、レモン6枚を一かたまりにせず、なるべく全体に散らして入れてください。
5.弱火にして、白ワインカップ1を加えます。
ポイント:レバーと「酸味」を組み合わせることで、飽きのこない味わいになります。
6.白ワインを加えたら、中火で「6~7分間」、煮汁が1/3になるまで煮詰めます。
7.6が煮詰まったら、プレーンヨーグルト(無糖)100gを加えます。
ポイントヨーグルトは熱に弱いので、分離しないよう弱火でゆっくりと混ぜてください。
8.最後に塩・こしょうを少々と、隠し味にグラニュー糖小さじ1を加えます。
9.軽く混ぜたら、鶏レバーのレモンシチューの完成です。
砂糖は、これまで酸味だけしか入っていないので、味を丸くする角を取るために加えます。

まとめ

・レバーは、脂を切り落とし、大きくカットする。
・たまねぎは、十分炒めて、甘みを出しましょう。
・ヨーグルトを加えたら、弱火にすることを忘れないようにしましょう。
アナウンサーの柘植恵水さんによると、
「レモンの香りが、とても爽やかで美味しいです」でした。
最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事