Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



上沼恵美子のおしゃべりクッキング2/7ギリシャ風マカロニグラタン

Facebook にシェア
Pocket

上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ ギリシャ風マカロニグラタン
上沼恵美子のおしゃべりクッキング2月1日放送は~あったか麺料理~というテーマでギリシャ風マカロニグラタンでした。そのレシピを紹介紹介しています。
上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ ギリシャ風マカロニグラタン
下記のグラタンも熱々ですよ。
キューピー3分クッキングレシピブロッコリーとソーセージのグラタン




ギリシャ風マカロニグラタン

今回の担当は、辻調理師専門学校 小池浩司先生。
ゲストは、相島一之さんでした。
相島一之さんさんは、麺料理の中では、そばが一番好きなんだそうです。

ギリシャ風マカロニグラタンの材料(2~3人分)

マカロニ:160g
ミートソース(市販のレトルト):150ml

ピザ用チーズ(市販のもので可):80g
塩:適量
バージンオリーブ油:適量
ホワイトソース
バター:20g
小麦粉:20g
牛乳:300ml
塩:小さじ1/2
こしょう:適量
ナツメグ:適量

ギリシャ風マカロニグラタンの作り方

1.熱湯に湯の量(今回は2.5リットル)の約1%の塩を入れ、マカロニ(160g)をゆでます。
2.マカロニは、くっつきやすいので、ある程度かき混ぜながらゆでていきます。
3.ゆでる時間は、表示されている時間プラス1分ぐらいで柔らかくなるまでゆでます。
それは、今回の様にマカロニグラタンにする場合は、マカロニが柔らかくないと美味しくないからだそうです。
4.マカロニをゆでている間に、オーブンを200℃に予熱しておきます。

●ホワイトソースを作っていきます。
・材料:
バター:20g、小麦粉:20g、牛乳:300ml、塩:小さじ1/2、こしょう適量、ナツメグ:適量(固形またはパウダー状のもどちらでも可)
・作り方:
1.鍋にバターを中火で熱し、バターが泡立ったら小麦粉を加えます(ポイント:小麦粉は、弱火で色づけないように炒めます)。
2.1に、牛乳を少しずつ加えながら溶きのばし、なめらかになってきたら、分量の塩、こしょう、ナツメグを加えます。
3.ホワイトソースがサラサラになり沸いてきましたらホワイトソースの完成です。
●ギリシャ風マカロニグラタンの作り方続き
4.マカロニがゆであがりましたら(柔らかさを確認)、マカロニをザルに上げて湯をしっかりきります。
5.グラタン皿(2~3人分なので、あれば大きめのもの)にマカロニなどがくっつかないように、バージンオリーブ油を底や側面まで適量塗っておきます。
6.水分を切ったマカロニをグラタン皿に入れ、その上にミートソースを広げ、ピザ用チーズ80g(市販のもので可)の半量を散らし、その上からホワイトソース(マカロニが乾いてしまうので、見えないように)を広げ、最後に残りのチーズを散らします。
7.6のグラタン皿を220度に予熱したオーブンで20分焼きます。
8.こんがり色がついて、チーズの良い香りがしたら、~あったか麺料理~ギリシャ風マカロニグラタンの完成です。

1.食べやすいように切り分けいただきます。チーズの香りがしているそうで良い色でしたし美味しそうに見えました。

最後に

上沼さんは、「マカロニグラタンとラザニアのいいところを集めたようなお料理。熱い!美味しい!」
相島一之さんは、「本当に、マカロニが柔らかい方が美味しいですね」と言うことでした。

大きいグラタン皿で焼いて出したらまた格別になるそうですよ。
是非お試しください。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事