スポンサードリンク



【おしゃべりクッキング】和食岡本健二先生いわしの山椒煮のレシピ

Facebook にシェア
Pocket

上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ いわしの山椒煮

上沼恵美子のおしゃべりクッキング2019年10月31日放送は”煮込み料理”というテーマで和食の「いわしの山椒煮」について紹介されました。
いわしの山椒煮を教えてくださったのは辻調理師専門学校 日本料理教授 岡本健二先生です。




いわしの山椒煮のレシピ

MEMO:山椒の佃煮を刻んで入れる!
講師:辻調理師専門学校 日本料理教授 岡本健二先生
ゲスト:相川七瀬さん(44)三児のママ!料理も毎日します!

いわしの山椒煮の材料(2人分)

・いわし:12尾(450g)
・山椒の佃煮(市販のもの):15g
・しょうが:20g
・長ねぎ:1/2本
▼煮汁
・酒:200ml
・水:200ml
・みりん:大さじ2+2/3
・砂糖:大さじ1
・しょうゆ:大さじ2+1/3

いわしの山椒煮の作り方

1.いわしは、うろこ、頭、内臓を取り、水洗いして水気を取ります。

2.山椒の佃煮は粗く刻みます。
ポイント:山椒の佃煮は刻みます。

3.しょうがは、皮をむいて薄くスライスします。

4.フライパンにいわしを並べ、そこに3のしょうが、2の山椒の佃煮、煮汁の酒、水、みりん、砂糖、しょうゆを加えて落としブタをし、中火でコトコトと20分煮ます。
岡本健二先生「さばなど青魚系を煮込む時はお酒のアルコールの香りで臭みを消す効果があります」
ポイント:いわしに調味料を加えてから火にかけます。

5.いわしを煮ている間に、長ねぎは青い部分と白い部分に切り分け、青い部分は5mm幅の斜め切り、白い部分は、芯を取り除き、3cm長さのせん切りにしてサッと水に通し、水気を絞って白髪ねぎにします。
6.20分後、落としぶたを外し、長ねぎの青い部分を加え火を通したら出来上がりです。
7.器にいわしを盛り、煮汁をかけ、白髪ねぎをのせていただきます。

詳細は、上沼恵美子のおしゃべりクッキング2019年10月号をご覧ください。

最後に

相川七瀬さん「いわしの骨まで柔らかいです。美味しい」
上沼恵美子さん「OKですね。全然臭みないです」という感想でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事