Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】キャベツの焼き餃子のレシピ

Facebook にシェア
Pocket

上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ キャベツの焼き餃子

2019年9月28日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングは”キャベツを使って”というテーマで洋食の「キャベツの焼き餃子」について紹介されました。
キャベツの焼き餃子を教えてくださったのは辻調理師専門学校 中華料理教授 石川智之先生です。




キャベツの焼き餃子のレシピ

MEMO:水でなく熱湯を入れましょう!
講師:辻調理師専門学校 中華料理教授 石川智之先生
ゲスト:鈴木紗理奈さん「キャベツ料理と言えば“お好み焼き”」

キャベツの焼き餃子の材料(2人分)

  • キャベツ:200g
  • 豚ひき肉:100g
  • 塩:小さじ1/2
  • 黒こしょう:少量
  • フライドガーリック:小さじ2
  • しょうゆ:小さじ2
  • ごま油:小さじ2
  • ギョウザの皮:20枚
  • 油:適量

▼たれ(合わせておく)

  • 酢:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • ラー油:適量

キャベツの焼き餃子の作り方

1.キャベツは芯を切り取り、5mmくらいの粗みじん切りにします。
ポイント:キャベツはみじん切りにします。

2.豚ひき肉に塩、フライドガーリック、しょうゆ、黒こしょう、ごま油を加え、混ぜ合わせます。
3.2に1のキャベツを加え、軽く握るように混ぜます。
石川智之先生「混ぜる時はざっくり混ぜ、あんまり混ぜすぎると水分が出てきてしまいます」

4.ギョウザの皮に3を大さじ1杯ほど乗せて、皮の回りに水をつけ、包みます。

5.フライパンに弱火で油適量をペーパーなどで全面にひき、ギョウザを並べ、焼きます。
石川智之先生「油を全面にひいた方がキレイに焼けます」
6.5の皮を焼いている間にお湯を沸騰させます。
7.6が沸騰したら、5を強火にして熱湯ををギョウザの高さの1/3まで注いでフタをし、中火で2~3分水分が少なくなるまで蒸し焼きにします。
7.6の水分が飛んだら、回りから油を入れ、強火にしてギョウザの底に焼き色をつけます。
7を器に盛り、タレを添えて出来上がりです。

最後に

鈴木紗理奈さん「うん。柔らか」だけかい!^^;
上沼恵美子さん「キャベツ香ばしいですね。こんなん初めて。満足感」という感想でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事