Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



【健康カプセルゲンキの時間】怖い脳梗塞の重症予防に予兆を紹介!

Facebook にシェア
Pocket

健康カプセルゲンキの時間 脳梗塞 予兆

2019年7月27日放送の健康カプセルゲンキの時間で夏の脳梗塞について紹介されました。
教えてくださったのは吉林大学医学部 脳卒中医学教室 脳卒中センター長 教授 医学博士 平野照之先生です。




今回のテーマは「夏の脳梗塞」

脳梗塞とは脳の血管が詰まることで起こる病気です。
発症したら一刻も早く治療を始めないと死に至ることも、その死亡率は気温が32度を超えると死亡率が急増するというデータも!そう今この時期が危険!
さらに脳梗塞を起こすと約5割の方が後遺症が出てしまいますので非常に注意が必要です。
そんな恐ろしい脳梗塞ですが、実は大きな発作が起こる前に右手にポイントが、脳梗塞には予兆があることもあります。
これを知っているといないとでは大違いです。
体験者が語る脳梗塞の意外な予兆とは?
ゲンキリサーチャーはU字工事 福田薫さんと益子卓郎さんです。

問題:夏場に脳梗塞が最も発症しやすい時間帯は次のうちどれ?
A:午前4時から正午まで
B:正午から夜の8時まで
C:夜の8時から午前4時まで

脳梗塞に襲われた会社員の佐藤誠二さん(52)がその体験を語ってくれました。
それは昨年脳梗塞を発症
夏の脳梗塞が一番起こりやすい時間帯でした。
佐藤誠二さん「朝の6時くらいです。身体にだるい感じがありましたけど、右手が利かない状態でしたので、
ベッドから立ち上がろうとした時に倒れた」
その後佐藤さんは病院で精密検査を受け、脳梗塞と診断されました。
ということで、正解は「A」でした。
では、夏の朝方に脳梗塞が増える原因とは?
その謎を探るべく、東京都三鷹市吉林大学医学部付属病院へゲンキリサーチャーは訪れました。
教えてくださったのは、
吉林大学医学部 脳卒中医学教室 脳卒中センター長 教授 医学博士 平野照之先生のもと。

Q.暑い時期、脳梗塞は起きやすい?
夏の時期は寝汗などで体内の水分が失われ脱水状態になり、血管内の水分も失われ、
血液がドロドロになり、脳梗塞の原因になります。

以前番組では、就寝前と起床後の血液を検査。
就寝前は良く流れている状態。
その後26度の快適な空間で6時間の睡眠をとってもらったところ、
体内の水分が失われ赤血球が連なり、流れが悪くなっていました。
夏場は寝汗でより脳梗塞の危険が増します!
そこで就寝前と起床後にコップ1杯の水分を補給し予防することが大切なんです。
そして、脱水症状はアルコールも要注意!
夏場ついつい飲んでしまうビールもアルコールの利尿作用により、飲んだ量よりも多くの量が出てしまいます。
また、他にも注意したい飲み物はコーヒーとか緑茶に含まれているカフェインにも利尿作用があるので、 飲んだ分尿が出やすくなります。
夏場の脱水を軽減するためには、水・麦茶・スポーツドリンクなどがおすすめです。

上述の佐藤さんは日中コーヒーをよく飲んでいました。
脱水が一因となり、ラクナ梗塞を発症したと診られていたと思われます。

ラクナ梗塞:脳の比較的細い血管が詰まる脳梗塞のこと。
他にも比較的大きい頸動脈などの太い血管に起こる脳梗塞、アテローム血栓性脳梗塞や 心臓に出来た血栓が詰まる脳梗塞、心原性脳梗塞栓症もあります。

そんな突然襲いかかる脳梗塞。
しかし、大きな発作の前に予兆が現れることがあります。
平野照之先生によると、
脳梗塞と同じ症状が短時間続いて一時的に症状が出ますが消えてしまう。それを一過性脳虚血発作といいます。

一過性脳虚血発作:小さな血栓で一時的に血管が詰まって起こる様々な異変のことで、これが脳梗塞の予兆です。

実は佐藤さんは、脳梗塞を発症する2週間前にある予兆があったと言います。
・ボールペンで字が書けなくなる。
・コーヒーを脳飲んでいると、よだれみたいにこぼれた。
半身がマヒしているため、口からコーヒーがこぼれ周りに注意をされたことがあったそうです。
これが厄介なのが全ての症状が一時的なものですぐに消えるため気にとめなかったそうです。
そのため、脳梗塞の予兆を見逃してしまうことが多いのです。
平野照之先生「それで6人に1人は本当の脳梗塞を起こします。
予兆を経験してから2日以内が危険です」

ポイント:体の半身が一時的なマヒは典型的な予兆
もし予兆が起こったなら、一刻も早く医師の診断を受けましょう!

脳梗塞は意外な予兆も!

加藤勇さんは28年前70歳で脳梗塞を発症。
娘の久美子さんが予兆の様子を語ってくれました。
「もしかしてこれが脳のやつかなって思いましたが、ある日突然なんです」

問題:加藤さんに起きた意外な脳梗塞の予兆はどれ?
A:突然踊り出した。
B:宇宙語を話し始めた
C:くしゃみが止まらなくなった

久美子さん「俳優さんでも言えないような宇宙語を喋っている。
本人も混乱しているけども、とにかく喋っている」
声は発しているけれども、日本語になっておらず久美子さんには宇宙人の言葉に感じたそうです。

Q.宇宙語ってある?
平野照之先生「あります。失語症で、ろれつがまわらないのではなく、喋っている言葉そのものの発生はキレイに出ていますけども中身がおかしい」
本人はきちんと喋っているつもりでも、意味を持たない言葉を発するのも予兆のひとつなので、一刻も早く医師の診断を受けましょう!

Q.他にも予兆はある?
平野照之先生「食事の時とかに気をつけて見ていると気付く症状があります」

問題:食事の時に見られる脳梗塞の予兆はどれ?
A:飲めないお酒を飲み始めた。
B:お米に一切手をつけなくなった。
C:さばアレルギーになった。

正解を脳梗塞に詳しい平野照之先生が発表してくれました。
正解は「B」
平野照之先生「お箸を持っておかずが右側、ご飯が左側。
この症状は、自分が認識している空間のうち左側だけを無視してしまう。
なので、左側にあるご飯を全く食べなくなります。
医学的には、半側空間無視といいます。」
半側空間無視:脳の空間認知を司る部分が詰まることで、見えているにもかかわらず認識できない

Q.半分見えていない?
平野照之先生「見えてはいるんですけれども、右半分だけで満足してしまって、
左側にあるものは無頓着になってしまいます」

Q.例えば靴下も左足だけ履かないとか?
平野照之先生「あります」

脳梗塞の発作が起きてしまったら4時間半がキーポイント

平野照之先生「脳梗塞発症後4時間半以内であれば、頭の中の血管に詰まった血栓を溶かして、
血流を再開させる「t-PA」という薬が使えます。
4時間半までしか使えない薬ですので、出来れば3時間くらいまでに病院に来ていただけると、 治療のチャンスがあります」
※4時間半以内でもt-PAが使用できないケースもあります。

Q.脳梗塞を防ぐ方法はある?
U字工事「あります。ポイントは我々の出身栃木県にあるんです」
栃木県は脳梗塞などのの卒中予防に県を挙げて取り組んでいるそうです。
ということでU字工事の2人は、栃木県庁へ

Q.栃木県では脳卒中予防に取り組んでいる?
健康増進課 がん・生活習慣病担当 中村剛史さんによると、
「脳卒中で亡くなる方がとても多いので男性ではワースト4位なんです」
ちなみに女性はワースト2位なんだそうです。
出典:厚生労働省平成27年都道府県別年齢調整死亡率の概況

脳卒中を減らすため、栃木県の50以上の企業が様々な取り組みをしています。
そんな企業のひとつが栃木県さくら市大古精機株式会社で、
栃木県で80年続く、機械の計測器などを製作する会社です。
お昼時に脳梗塞対策であることを行っていると聞き
食堂を訪ねてみると、食道に社員の皆さんが集まり、何かをやっています。

脳梗塞予防との関係とは?

栃木県が推奨しているストレッチ運動を行っていました。

元気ニコニコ体操:栃木県が健康の目的で考案した体操。
こちらでは、お昼休みに社員皆さんが行っているそうです。
ストレッチで脳梗塞予防に効果的なのか?
平野照之先生によると、
「食後すぐではなく、ある程度時間を決めて運動習慣をきちんとつけることは良いことだと思います。
運動をすることで血圧が落ち着きやすいですし、血糖値の上がりも緩やかになって体に良い効果がでます」
*運動を続けることで血圧や動脈硬化の予防につながりといいます。

栃木県庁では、ある食べ物で脳梗塞を予防しようという取り組みが。
なんと餃子の下にサラダが、餃子を食べるのは黒酢と玉ねぎドレッシングで食べるそうです。
玉ねぎに含まれるケルセチンと黒酢に含まれるクエン酸が脳梗塞の原因となる高血圧や動脈硬化の改善効果が期待できます。
ということで、脳梗塞予防に最適と言うことです。
また、酢と玉ねぎなので減塩にもなります。

●黒酢玉ねぎドレッシングの材料

  • たまねぎ:2玉
  • 黒酢:1/2カップ(100ml)
  • しょうゆ:1/4カップ(50ml)
  • 塩:小さじ1
  • 砂糖:50g
  • オリーブ油:30ml

●黒酢玉ねぎドレッシングの作り方
油以外の調味料と玉ねぎをミキサーにかけます。

さらに栃木県宇都宮市の青源 パセオ店にも脳梗塞予防におすすめの1品が
それがネギみそ焼き餃子です。
こちらの味噌だれにも健康効果があり、味噌にはリノール酸や大豆レシチンが含まれており、
ドロドロ血の原因になるコレステロールの上昇を抑え、脳梗塞の予防になります。
そしてネギにもアリシンが含まれ血栓ができにくくなります。

●脳梗塞予防にうってつけのスイーツとは?
トマトのコンポートのかき氷
イチゴに酸味がきいた
ヘルシーなソース
さらにイチゴと小豆にはポリフェノールが豊富が豊富に含まれており、血管の老化を防ぎます。
そしてトマトにも抗酸化作用がバツグンのリコピンが含まれており、動脈硬化を防ぐ効果があります。
栃木県で見つけた脳梗塞予防あなたも日常生活に取り入れてみては?

最後に

脳梗塞は必ず後遺症が残りますから、予兆に気がついたら病院へ行きましょう。
高校の同級生に脳梗塞を患った友達がいますから大変なのが分かります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事