Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】タチウオの醤油煮込みレシピ

Facebook にシェア
Pocket

上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ タチウオの醤油煮込み

上沼恵美子のおしゃべりクッキング2019年7月16日放送は”簡単スピードメニュー”というテーマで中華のタチウオの醤油煮込みを教えてくれました。
タチウオの醤油煮込みを教えてくださったのは辻調理師専門学校 中華料理教授 石川智之先生です。




タチウオの醤油煮込みのレシピ

MEMO:しょうゆを加えるタイミングに注目!

タチウオの醤油煮込みの材料(2人分)

  • タチウオ:240g
  • 塩:少量
  • 片栗粉:小さじ1+1/2
  • エリンギ:60g
  • にんにく(みじん切り):小さじ1
  • 青ねぎ:1本
  • 油:適量

▼煮込み調味料

  • しょうゆ:大さじ1
  • 紹興酒(なければ酒):大さじ1
  • 中華スープ:200ml
  • オイスターソース:小さじ1/2
  • 砂糖:小さじ1/2
  • 塩:少量
  • 水溶き片栗粉:適量
  • ごま油:小さじ1

タチウオの醤油煮込みの作り方

1.タチウオは、背びれから切り込みを入れ、背びれを抑えて、胴体を引っ張って背びれを切り離します。
2.1のタチウオを6cm幅に切ります。
3.2のタチウオに塩ふり、皮が取れやすいので表面全体にに片栗粉をまぶします。
4.エリンギは1cm幅の斜め切りにします。
5.青ねぎは小口切りにします。
6.フライパンに油を適量ひき、タチウオとエリンギを同時に中火で焼きます。
ポイント:タチウオは両面を焼きます。
7.タチウオの片面が焼け裏返したタイミングでにんにくを加え、
少しきつね色になるまでにんにくを炒めて香りを出します。
8.にんにくの香りが出たらしょうゆを加え、紹興酒(なければ酒)を加え、ちょっと沸騰させて香ばしさを出します。
ポイント:しょうゆ、紹興酒は先に加えて香ばしさを出します。
9.8に香ばしさが出たら、中華スープを加えてオイスターソースも加え混ぜ、
しょうゆの角を取るために砂糖を加えて混ぜ、味を確認し、強火で1分半位煮ます。
10.1分30秒煮た後、味を見て足りなければ塩少々を加え味を調えます。
石川智之先生「中華スープのマイルドさによって味が変わります」
11.10に水溶き片栗粉を加えフライパンを斜めにしてタチウオに触らないようにとろみをつけます。
12.11にとろみがついたら青ねぎを加えてごま油も加えて出来上がりです。
石川智之先生「強火でごま油を加え、温めることによってごま油の香りが上がってきます」

最後に

上沼恵美子さん「(タチウオを口に入れて)消えた消えました。
こういう味付けにしてもタチウオってやりますね」という感想でした。
見た感じ味が濃そうなので私には無理かなと思いました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事