Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



【きょうの健康】夏の体調トラブル夏の冷えの症状と予防法を紹介!

Facebook にシェア
Pocket

きょうの健康 夏の冷え 症状 予防

きょうの健康2019年7月10日放送夏の体調トラブル 一挙解決!今回のテーマは、万病のもと!夏の冷えです。夏の冷え特に女性は注意が必要です。冷房が効いた室内では冷えを起こしやすい原因が女性に多いからです。そして冷えは辛いだけでなく、疲れやむくみ、頭痛、腰痛など意外な体調不良にもつながります。今回は夏の冷えの予防・改善するためのポイントについて教えてくれました。
教えてくださったのは、慶應義塾大学 非常勤講師 渡邊賀子先生です。
専門は漢方による治療全般
漢方医療のスペシャリストです。
司会は、黒沢保裕さんと岩田まこ都さんのお2人です。




万病のもと!夏の冷え

Q.冷えの症状とは?
冷え:手足や体の一部、全身などが冷えて辛い状態です。
・指先がかじかむ
・足先がジンジンする
・背中がゾクゾクする
このような症状が出てきます。
Q.冷えは女性に多い?
渡邊賀子先生「女性の半数以上が冷えをつらいと感じているといわれています。
男性に比べて約5倍、女性の方が冷えを感じているという調査もあるくらいです」

今回のポイント(万病のもと!夏の冷え)

女性に多い!冷えの原因

Q.なぜ女性に多い?
1日の熱量の約6割を作っているのが筋肉です。
⇒男性より女性の方が約1割筋肉量が少ないので、その分熱を作り出しにくいため、冷えに対処しづらいところがあると思われます。
また、冷えにさらされやすい要素がたくさんあることが要因です。
Q.女性が冷えにさらされやすい要因は?
事務の仕事をしている女性Cさん(30)のケース:Cさんの職場の部屋は夏場は冷房がとても効いています。
さらに仕事をしているときはスカートの制服着用、Cさんは寒いのを我慢しながら仕事をする毎日です。
「冷房の温度を上げて欲しい」と思っているCさんですが、みんな外へ出ているのでなかなか言い出せません。
結局寒いのを我慢しながら仕事をするCさん、毎年夏にはつらい冷えの症状に悩まされています。
・職場では、自分の思う設定温度にできない。
・制服を決められている(夏場はスカート、半袖が多い)。
・女性は男性に比べ高い温度を快適に感じる。
Q.冷房や服装以外の原因は?
渡邊賀子先生「病気が冷えの原因になっていることもありますので気をつけていただきたいと思います」
●冷えを起こす病気

  • 甲状腺機能低下症
  • 膠(こう)原病
  • 動脈硬化など

*冷えが日常生活に支障をきたす場合は医療機関を受診し、このような病気がないかチェックしてください。
◆冷えが原因で起こる症状

  • 疲れやすい
  • めまい
  • 頭痛
  • 腰痛など

また、手足は冷えますが、顔が熱いといった「冷えのぼせ」も多い症状です。
Q.夏場の冷えその他の原因は?
屋外と室内の温度差⇒自律神経が乱れる
冷たいものの摂り過ぎ⇒消化の際により熱が消費される

簡単工夫!冷え対策

● つらい冷えを予防するための対策
◆服の工夫
1枚をプラス
室内では靴下などを履く
使い捨てカイロを貼る(おすすめの場所:腰・肩甲骨の間)
*低温火傷に注意⇒シャツやアウターの上から貼る
◆生活習慣
シャワーでなく入浴:ぬるめ(約38~40℃)のお湯にゆっくりと計10分(洗体後や洗髪後など)ほど浸かるのがおすすめです。
副交感神経優位⇒末しょうの血管が広がり血流が良くなります。
Q.冷えを改善するための薬はある?
◆冷えのタイプと夏の冷えに使われる代表的な漢方薬
1.新陳代謝低下型
⇒胃腸の働きを整え代謝を高めて熱を作り出す:補中益気湯(ほちゅうえっきゆ)など
2.血流障害型
⇒血流を改善し、全身の血行良くする:柱枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)など
*柱枝:シナモン、茯苓:サルノコシカケ
3.水分貯留型
⇒体内の水分バランスを整える:五苓散(ごれいさん)など
漢方薬:かかりつけ医に相談をするようにしましょう。
Q.市販されている漢方薬でもいい?
市販の漢方薬:なるべく薬剤師に相談して購入しましょう。
今回の詳しい内容については、きょうの健康7月号に掲載されていますので、是非参考になさってください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK きょうの健康 2019年 07月号 [雑誌]
価格:545円(税込、送料無料) (2019/7/2時点)

最後に

私は男ですし、エアコンが嫌いで、夏でも冷房はつけたことがないので夏の冷えは感じたことがないので辛さはわかりませんが、
寒い季節は、血流が悪いため、冷えでむくみや腰痛などの症状が出てつらいときがあります。
また、制服着用の職場で使い捨てカイロを使うというのは外から見えませんし、良いかもしてませんね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事