Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】中華豚肉とインゲンの炒めもの

Facebook にシェア
Pocket

上沼恵美子のおしゃべりクッキング 石川智之 豚肉とインゲンの炒めもの

上沼恵美子のおしゃべりクッキング5月6日放送は”簡単スピードメニュー”というテーマで洋食の豚肉とインゲンの炒めものが紹介されました。
こちらでは豚肉とインゲンの炒めもののレシピを簡単に紹介しています。
なお、著作権を考慮し、番組の画像などは使用しておりませんので、画像やイラストはイメージと言うことでお願い致します<(_ _)>




豚肉とインゲンの炒めもの

MEMO:いんげんは炒める前に叩く!
出来上がりの画像などは、上沼恵美子のおしゃべりクッキング公式サイトでご確認ください(献立カレンダーから5月14日中華豚肉とインゲンの炒めものをクリック)。
今回の講師は、辻調理師専門学校 石川智之先生
ゲスト:今週はいないようです。

豚肉とインゲンの炒めものの材料(2人分)

  • 豚バラ肉(薄切り):150g
  • いんげん:100g
  • じゃがいも:100g
  • しょうが(みじん切り):小さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • かつお節:大さじ1(1g)
  • ごま油:小さじ1

豚肉とインゲンの炒めものの作り方

1.豚バラ肉を2cm幅くらいに切ります。
石川智之先生「炒める時にすぐにほぐれやすいように、ここで重なりを手でほぐしておきます」
2.いんげんは叩いて3等分に切ります。
ポイント:いんげんは叩いて3等分に切る
3.じゃが芋は皮付きのままいんげんと同じ太さ5mmくらいの角の棒状に切ります。
4.フライパンに油を引かず、豚バラ肉を入れ、豚バラがまだ赤い時にいんげんとじゃがいもを入れ、中火で炒めます。
石川智之先生「豚バラ肉に火が通ってからいんげんとじゃがいもを入れると、最終的に豚バラ肉が焦げてしまいます」
5.後は、豚バラ肉の脂を出しながらその脂でじゃがいもに火が通るまで炒めていきます。
6.じゃがいもに火が通ったら、しょうがのみじん切りを加え中火のままさらに炒めます。
7.しょうがの香りがしてきたところで、しょうゆを加え返して合わせ、かつお節を加え炒めます。
ポイント:かつお節は炒めて香りを出す
8.最後にごま油を加えサッと炒め、ごま油の香りが立ってくれば、豚肉とインゲンの炒めものの完成です。
石川智之先生「ごま油を入れてからも少し炒めた方が香りがサッと上がってきます」
器に盛っていただきます。
豚肉とインゲンの炒めものの詳細は、上沼恵美子のおしゃべりクッキング 2019年5月号をご覧ください。

最後に

上沼恵美子のおしゃべりクッキング 石川智之 豚肉とインゲンの炒めもの

上沼恵美子さん「いんげん美味しい!いんげん叩いたら美味しい。今度からいんげん叩こ!(う)」という感想でした。
最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事