Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク



【きょうの料理】栗原はるみ 照り焼きチキン アボカドソース

Facebook にシェア
Pocket

きょうの料理 栗原はるみ 照り焼きチキン アボカドソース
きょうの料理5月8日は、 栗原はるみ先生が季節のレシピの春ごよみ照り焼きチキン アボカドソースの作り方を教えてくださいました。
こちらでは照り焼きチキン アボカドソースのレシピを簡単に紹介しています。
なお、著作権を考慮し、番組の画像などは使用しておりませんので、画像やイラストはイメージと言うことでお願い致します<(_ _)>

講師:料理家 栗原はるみ先生
ゲスト:俳優 谷原章介さん




照り焼きチキン アボカドソース

照り焼きチキン アボカドソースの出来上がりの画像などは、こちら

照り焼きチキン アボカドソースの材料(4人分)

・鶏もも肉:2枚(約460g)
▼A照り焼きのタレ
・しょうゆ:大さじ2
・みりん:小さじ2
・砂糖:小さじ2
・サラダ油:適量

▼アボカドソース
・アボカド:1個
・絹ごし豆腐:150g
・プレーンヨーグルト(無糖):カップ1/2
・マヨネーズ:大さじ2
・塩:少々
・こしょう:少々
エネルギー(1人分):810Kcal/塩分4.6g

照り焼きチキン アボカドソースの作り方

1.鶏肉の皮側にフォークで数カ所刺して穴を開けます。
2.穴を開けたらひっくり返し、裏側に塩・こしょう各少々ふります。
3.照り焼きのタレの調味料Aを合わせます。
4.フライパンにサラダ油少々敷き、鶏肉の皮を下にして入れ強火で焼きます。
ポイント:皮側を下にして入れる。
ポイント:皮の表面がカリッとするまで焼く。
栗原はるみ先生「鶏ってカリッと焼かないと生臭いじゃないんだけど、ちょっと焦げ臭い感じ」
5.皮側がカリッと焼けたら、裏返して、フタをして弱火で4~5分間焼きます。
*焦げないよう気をつけてじっくり焼きましょう。
6.5が焼けたら、一旦取り出して、フライパンの余分な油を拭き取ります。
7.フライパンに照り焼きのタレ(半量/1枚ずつ焼きます)を入れて、中火にかけて少し煮つめます。
8.7が煮詰まったら、鶏肉の皮側を下にしてフライパンに入れ、両面2~3分煮つめてから取り出し器に盛ります。
9.フライパンに残ったタレを鶏肉にかけたら、照り焼きチキンの完成です。
▼アボカドソース
1.アボカドの実を取り出し、ボウルに入れ、細かく潰します。
2.絹ごし豆腐は、紙タオルで包み、網にのせ、重しをのせて2時間おきます。
栗原はるみ先生「アボカドソースが水っぽくならないように、水分を抜くためです」
3.ザルに紙タオルを敷き、ヨーグルトを入れ、ラップをし、冷蔵庫で30分~1時間おき、水切りします。
*水切りヨーグルトは、クリームチーズに近い感じになります。
4.水切りした豆腐とヨーグルトをボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせます。
5.4を1のアボカドが入ったボウルに加え、マヨネーズ大さじ2と塩少々を加えてよく混ぜて、味見をします。
6.5が良ければ、、こしょう少々加え、さらに混ぜたら、アボカドソースの完成です。
器に盛った照り焼きチキンにアボカドソースを添えて照り焼きチキン アボカドソースの出来上がりです。

最後に

アボカドは食べた事がないので(爆)、ソースの味分かりませんが興味はあります。
照り焼きは、言わないでも美味しいですよね^^
最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事