スポンサードリンク




【きょうの料理】ひんやりしょうがサラダの作り方を紹介!島本薫さんのレシピ

ひんやりしょうがサラダ レシピ

ひんやりしょうがサラダ
2020年8月25日放送のきょうの料理はいまどきヘルシー 夏をのりきる!しょうが使いでひんやりしょうがサラダの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは管理栄養士・料理研究家の島本薫さんです。




ひんやりしょうがサラダのレシピ

しょうがは生で食べると体を冷やす効果があるので、体に熱がこもり、だるさを感じる時にオススメだそうです。
ジンゲロール:辛味成分、血行をよくし、汗を出すことで体を冷やします。
また、加熱すると、体を温める効果があるので、冷房や冷たいものの摂りすぎで体が冷えた時にオススメだそうです。

ひんやりしょうがサラダの材料(2~3人分)

・きゅうり:1本(100g)
・キャベツ:1/8個(100g)
・セロリ(茎):1/4本分(30g)
▼ジンジャードレッシング(つくりやすい分量)
・しょうが:2かけ(20g)
・酢:大さじ2
・しょうゆ:大さじ1+1/2
・オリーブ油:小さじ2
・砂糖:小さじ1+1/2
・レモン汁:小さじ1
・塩:ひとつまみ

ひんやりしょうがサラダの作り方

▼ジンジャードレッシング
1)ボウルに酢、しょうゆ、オリーブ油、砂糖、レモン汁を入れて混ぜ合わせます。
2)しょうがはよく洗い、皮付きのままみじん切りにして酸化しないよう、すぐに(1)に合わせます。
ポイント:しょうがの皮の近くは栄養豊富で香りも強いです。
保存:保存ビンなどに入れて冷蔵庫で4日間ほど保存可能だそうです。

▼サラダ
3)きゅうりは5mm厚さの小口切りにしてボウルに入れます。
4)キャベツは約2cm四方のザク切りにして(3)のボウルに入れます。
5)セロリは筋を取り、1cm角に切って別のボウルに入れます。
6)(4)のボウルに塩をひとつまみふり、軽く揉んでしんなりとするまで15分間ほどおき、水気を絞って(5)のボウルに移します。
7)ジンジャードレッシングを混ぜ合わせてから(6)に大さじ2杯加えて混ぜ合わせ、器に盛れば出来上がりです。
詳細はきょうの料理2020年8月号をご覧ください。

まとめ

ひんやりしょうがサラダについてまとめました!
今年の猛暑はまだまだ続くようですのでひんやりしょうがサラダは良さそうですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました