スポンサードリンク




【ZIP!】日常マスクの悩みを防ぐ方法を赤須玲子先生が紹介!

マスクの悩み 美容

マスクの悩み
2020年6月24日放送のZIPで今、日常マスクの肌荒れに悩む女性が急増中ということで日常マスクの悩みを防ぐ方法について紹介されました!
教えてくれたのは赤須医院女性専門皮膚科クリニック院長の赤須玲子先生です。




マスクニキビ対策

Q.マスクニキビの原因は?
赤須玲子先生によると、摩擦なんだそうです。
最近は長時間マスクをしていることが多いため、口からアゴにかけてニキビができるそうです。
そのような患者さんが急増しているそうです。
マスクをして会話する機会が増え、「アゴ」や「口周り」が擦れるのだそうです。
それにより角質層のバリア機能が壊れてしまいます。
そして最近はマスクの中が蒸れてしまうので雑菌も増えますし、ニキビ菌も繁殖するので、
普段のニキビより、もっとひどいニキビができてしまうそうです。

日常マスクの悩みを防ぐ方法の効果の理由

1.マスクニキビ⇒保湿ティッシュをつけると摩擦が軽減され、角質層が保護されます。
2.赤く肌荒れ⇒化粧水を噴霧すると急激な乾燥から守ってくれます。

マスクニキビを防ぐ方法

マスクの内側にティッシュやコットン、ガーゼを1枚入れておくと良いそうです。
中でも保湿ティッシュがおすすめだそうです。
1)保湿ティッシュを4つ折りにします。
2)マスクのサイズに折り、アゴにつけます。

赤く肌荒れを防ぐ方法

ワイヤの部分とかが荒れやすい・・・。
頬や鼻が真っ赤になっていることが気になる方がいるようです。

Q.なぜ肌が荒れて赤くなる?
赤須玲子先生によると、マスク自体のかぶれや乾燥が原因なんだそうです。
マスクを外すと一気に水分が蒸発して皮膚はすごく乾燥するそうです。
これはお風呂上がりに肌が乾燥するのと同じ原理だそうです。

乾燥を防ぐ方法

マスクを外して化粧水を噴霧すると良いそうです。
こまめな保湿重要
1)まずは汗を拭き取り、10分以内に5プッシュほど化粧水をかけます。

印象が悪くなるの解決方法

オフィスではファンデーションやリップをしなくなったという方もおられるようです。
印象が悪くなるの解決方法を教えてくれたのはマスクメイクの達人のざわちんさんです。

優しい印象を与えるマスク美人メイクのやり方

ベースメイクと眉のメイクを済ませた状態から始めます。
*ノーズシャドーを床ってノーズを高くしていきます。
1)入れる場所は目の三角ゾーンです。
ポイント:太めのブラシを使います。
*これで顔に立体感が生まれます。

優しい印象を与えるテクニック

・たれ目
・涙袋
1)アイライナーを使ってたれ目にしていきます。
ポイント:まぶたの延長線上に5mmほど長く描きます。
2)笑った時にできる涙袋の影に沿って描いていきます。
3)アイブローパウダーやアイブローペンシルなどで涙袋の影を描きます。
綿棒でぼかすことで影が自然になり、クマが隠れます。
涙袋にはブラウン系やゴールド系のアイシャドーを使います。
その理由とは:ホワイトやベージュだとケバく見られてしまうのでブラウン系やゴールド系がおすすめだそうです。
4)ブラウン系やゴールド系で立体感を作ったら、目元&鼻筋にハイライトを入れてより立体感を出します。

まとめ

これであなたのマスクの悩みが解決すれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました