スポンサードリンク




きょうの料理【栗原はるみ先生レシピ】ビーフカツ&手作りソース2種を紹介

きょうの料理 レシピ ビーフカツ 栗原はるみ レシピ

きょうの料理 レシピ ビーフカツ 栗原はるみ
きょうの料理2020年2月11日放送は栗原はるみの冬ごよみで「ビーフカツ」のレシピが紹介されました。
ビーフカツのレシピを教えてくれたのは、料理家 栗原はるみ先生です。




ビーフカツのレシピ

講師:料理家 栗原はるみ先生
ゲスト:谷原章介さん

ビーフカツの材料(2人分)

・牛もも肉(ステーキ用/3~4㎝厚さ):2枚(約300g)
・天ぷら粉(市販):大さじ5
・水:大さじ5
パン粉:適量
・塩:適量
・こしょう:適量
・揚げ油:適量
オリーブ油:大さじ2~3
▼付け合わせ
・カリフラワー:1個(300g)
・キャベツのせん切り:適量
・さんしょうソース:適量
・サルサソース:適量
・豚カツソース:適量
▼さんしょうソース(作りやすい分量)
・みりん:カップ1/4
・砂糖:大さじ1/2~1
・しょうゆ:カップ3/4
・花椒(ホワジャオ):大さじ1
・昆布(5㎝四方):1枚
・柚子:大さじ1/2
・すだち搾り汁:大さじ1/2
▼サルサソース(作りやすい分量)
・トマト(1cm角):1個
・ピーマン(5mm角):1個
・たまねぎ(みじん切り):大さじ2
・赤とうがらし(小口切り):1~2本
・レモン汁:大さじ2
・塩:少々
・こしょう:少々
パクチー:お好みで
1人前あたり・エネルギー:710kcal・塩 分:1.5g

ビーフカツの作り方

1.牛肉は両面に塩・こしょう少々をまぶし、2㎝幅くらいの小さめに切ります。
ポイント:小さく切ると揚げるのが手軽になります。

2.天ぷら粉に水を加えてよく混ぜます。
3.牛肉を(2)にくぐらせ、パン粉をふんわりとまんべんなくまぶします。
栗原はるみ先生「パン粉をまぶす時、押さえつけないようにしてください」

4.180℃に熱した油でカリッとするまで揚げ、油を切ります。
栗原はるみ先生「新しい油で揚げる時は色が来ないから揚げすぎてしまうので新しい油の時は十分気をつけてください」

▼付け合わせ(カリフラワーをごはん代わりにします)
5.カリフラワーは根元を除き、茎も含めて粗みじん切りにします。
6.フライパンにオリーブ油大さじ2~3を熱し、カリフラワーを炒め、固さを見て塩・こしょうで味を調えます。
栗原はるみ先生「カリフラワーは生でも食べられますから自分好みで」

▼さんしょうソース
7.小鍋にみりんを煮立たせ、弱火にし、2分間熱してアルコールをとばし、火を止めます。
8.砂糖、しょうゆ、花椒、軽く洗って水気を拭いた昆布を加えて少しおいてなじませ、お好みで柚子やすだちの搾り汁を加えます。

▼サルサソース
9.ボウルにトマト、ピーマン、たまねぎを入れたらレモン汁を入れ(この時あまり混ぜないように)、塩・こしょうを加え、トマトから水が出るのでサッサと軽く混ぜ合わせ、赤とうがらしを加えて軽く混ぜます。
10.器にビーフカツを盛り、カリフラワーを添えて出来上がりです。

詳細はきょうの料理2020年2月号をご覧ください。

最後に

とても美味しそうでした。
是非揚げたてをお好みのソースで味わってください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました