スポンサードリンク




【きょうの健康】糖質を減らす長所と短所とは?サルコペニアが怖い?

きょうの健康
きょうの健康 糖質 食べ過ぎ

きょうの健康2019年11月25日放送は食欲の秋!食と健康スペシャルというテーマで今回は、「“糖質”ってどうなの?」が紹介されました。
毎日の食事に欠かせない“糖質”でも今の食べ方でいいんでしょうか?実は最近の研究で糖質をどれくらい摂れば長生きにつながるのか?
それが明らかになりつつあります。
糖質について教えてくださったのは、慶応大学 教授 伊藤裕先生です。




“糖質”ってどうなの?

講師:慶応大学 教授 伊藤裕先生「専門は肥満・糖尿病・高血圧・腎臓病」
糖質との賢いつきあい方を押してくれました。
キャスター:黒沢保裕さん・岩田まこ都さん

糖質が多い食品:
ごはん・パン、めん類、いも類、甘いお菓子・ジュース、果物など

“糖質”ってどうなの?今回のポイント

重ね食いがやめられない!

ごはんにおかずがあるのに、ラーメンなども一緒に食べてしまう・・・。という黒沢保裕さん。
ラーメンにごはんや、うどんにおにぎりなどの重ね食い(糖質の摂り過ぎ)は肥満につながります。
肥満とは:エネルギー=消費<摂取⇒余った分が脂肪に

三大栄養素には、炭水化物・タンパク質・脂質の3つがあります。
炭水化物は、糖質(エネルギー源)と食物繊維に分かれます。
摂取した糖質は、ブドウ糖に分解され、小腸から吸収されます。
小腸⇒ブドウ糖⇒血管⇒脳・筋肉で消費
糖質を摂り過ぎると血管⇒肝臓(グリコーゲンとして貯蔵)⇒余ったブドウ糖⇒脂肪に変化します。
ラーメンにチャーハンは美味しいですが・・・。肥満・糖尿病に

丸ごとケーキがやめられない!

丸ごとケーキがやめられないという岩田まこ都さん。
ケーキを丸ごと食べるのが楽しみなんだそうです^^
甘いものの摂りすぎ⇒血糖値が急上昇(食後高血糖)
食後高血糖は糖尿病・動脈硬化になりやすくなります。
甘い⇒砂糖・ブドウ糖・果糖など

●血糖値を急に上げないコツ
・バランスの良い献立
・1日3食規則正しく
*朝を抜いたり、ドカ食いはNG
・食物繊維を多く摂る
*腸内細菌のエサとしても注目されています。
・玄米や全粒粉のパンを
●伊藤先生の食事の工夫
・ゆっくり20分かけて食べる
・品数を多くする

減らせばいいの?

糖質を減らすと血糖値は上がりにくくなります。
ブドウ糖も減る⇒体重減少も期待できます。

●糖質を減らすと心配されること
・栄養不足
・サルコペニア(筋肉減少)
・献立を考えるのが難しい
・糖尿病の方は血糖値が下がりすぎる(低血糖)
伊藤先生によると、
糖質を極端に減らす
自己流の偏った献立はすすめられないそうです。

日本人の炭水化物摂取量の割合:平均50~60%

今回の詳細についてはきょうの健康2019年11月号に掲載されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK きょうの健康 2019年 11月号 [雑誌]
価格:555円(税込、送料無料) (2019/11/26時点)

楽天で購入

最後に

糖質は我々が一番使いやすいエネルギーです。
しかし、摂りすぎると肥満や糖尿病になりやすいので、
逆に極端に減らすと栄養不足に・・・。
ダイエットなら下記を見てみませんか^^
ヒルナンデス!3種話題の頑張らないダイエット【3週間ガチ検証】

糖質とは難しいですが、うまく付き合わなければなりませんね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました