スポンサードリンク




【まる得マガジン】風呂トレウォーミングアップのやり方を須藤明治さんが紹介!

風呂トレウォーミングアップのやり方まる得マガジン

風呂トレウォーミングアップのやり方
2022年1月3日放送のまる得マガジンはあったかリラックス お風呂でゆったりトレ(1)でウォーミングアップのやり方について紹介されました!
教えてくれたのは国士舘大学体育学部教授の須藤明治さんです。




お風呂でゆったりトレ風呂トレ前のウォーミングアップ

1.シャワーで壁を温めます。
2.お湯の温度を39℃に設定します。

風呂トレの効果の理由

・浮力&水圧で上半身の血流がよくなるため、お湯から上に出ている肩の運動も効率が良くなります。

・温かい部屋から寒い所への移動は血圧上昇の原因、風呂トレの前に浴室を温めます。

・40℃以下副交感神経が優位。
※血管が開き、血圧も上がりません。
※ヒートショックプロテイン(組織を修復するタンパク質)が増えます。
・関連記事は最後のリンク先でご確認ください。

・肩や肩甲骨周りに褐色脂肪細胞があり、肩回りを動かすことで発汗します。

風呂トレウォーミングアップのやり方

1)両肩を肩幅に縮め、腕をまっすぐに伸ばしてお湯に浸かります。
2)手の平を向かい合わせにして脱力して手首をぶらぶらとリラックスさせ、全身もリラックスさせます。
POINT:手首を支点にして両手を左右にぶらぶらさせます。

3)さらに片足をを少し浮かせて足全体を上下左右にぶらぶらさせます。

風呂トレ発汗トレーニングのやり方

1)両手を頭の後ろで組み、息を吸いながらヒジを出来るだけ後ろに引きます。
2)手を重ね、息を吐きながら、真上に腕を伸ばし、2~4秒キープします。
POINT:耳に腕をつけるくらいに伸ばします。
POINT:肩甲骨を意識して行います。
×:腕が前に傾かないように注意します。
詳細はまる得マガジンテキストをご覧ください。

まとめ

リラックスして毎日行いましょう。
主治医が見つかる診療所【代謝が上がって自然とやせ血管の老化予防も期待できる入浴法】早坂信哉先生が解説
【人生レシピ】冷え対策ドライヤーお灸のやり方を川嶋朗さんが伝授!
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました