スポンサードリンク




【きょうの料理】たらの春巻の作り方を紹介!陳建太郎さんのレシピ

たらの春巻きょうの料理

たらの春巻
2021年12月14日放送のきょうの料理はプロ直伝! 「春巻を極める」でたらの春巻の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは赤坂 四川飯店オーナーシェフの陳建太郎さんです。




たらの春巻のレシピ

プロ直伝!

たらの春巻の材料(8本分)

・春巻の皮:8枚
・生だら(切り身/皮と骨を除く):250g
▼A
・酒:大さじ1
・水:大さじ1
・塩:小さじ1/2
・こしょう:少々
・ねぎ(青い部分/あれば):10cm
・しょうが(薄切り/あれば):適量

・キャベツ(6~7cm長さの細切り):1/8個(150g)
・もやし:1/4袋(60g)
・ねぎだれ
・ねぎ(みじん切り):1/2本分
・サラダ油:大さじ3
▼B
・しょうゆ:大さじ1+1/2
・水:大さじ1
・砂糖:小さじ1/2
・オイスターソース:小さじ1/2
・ごま油:少々
・こしょう:少々
▼のり
・小麦粉:大さじ3
・水:大さじ2

・塩
・ごま油
・小麦粉
・揚げ油

たらの春巻の作り方

1)生だらは8等分の棒状(6~7cm長さ、2cm角が目安)に切ってボウルに入れます。
2)(A)を加え、汁気がほぼなくなるまで揉み込みます。
3)鍋に湯を沸かして塩少々を入れ、もやしとキャベツをサッと茹でてザルに上げます。
4)塩少々、ごま油小さじ2を絡ませ、水気を切りながら冷まします。
5)ねぎ、しょうがを除き、たらの汁気をキッチンペーパーで押さえます。
プロ直伝!:皮がふやけないようしっかりと具材の水気を切ります。

6)小麦粉を水で溶いてのりを作ります。
7)まな板に春巻の皮をひし形になるようにして4枚ほどずらして重ねて置きます。
8)皮の中央より少し手前に(5)と(4)の1/8量をのせます。
9)手前から皮をピッタリと被せ、ひと巻きしたら左右を押さえて中の空気を抜きます。
プロ直伝!:ひと巻きは中のあんが出ないようきっちりと巻きます。
10)左右の皮を内側へ折りたたみ、あとは向こう側へふんわりと巻いて、2辺の端をのりづけしてとめます。
プロ直伝!:ふた巻き目からは皮がカリッとするようふんわりと巻きます。

11)フライパンに揚げ油を3~4cm深さまで入れて中火にかけ、170℃に熱します。
12)(10)を入れ、優しく油をすくって回しかけながら3~4分間揚げます。
13)一度取り出し、油の温度を180~190℃に上げ、さらに1分間ほど揚げます。
14)カリッとしたらキッチンペーパーを敷いたバットに立てかけて、油を切ります。
▼ねぎだれ
15)ねぎは耐熱ボウルに入れます。
16)フライパンにサラダ油を入れ、煙が少し出るくらいまで中火で熱し、ねぎに回しかけます。
17)(B)を加え、よく混ぜます。
18)器に春巻きを盛り付け、ねぎだれを添えれば出来上がりです。

詳細はきょうの料理テキストをご覧ください。

まとめ

たらの春巻についてまとめました!
皮に包まれた魚が蒸し焼きになり、ふっくら、ジューシーになります。
【きょうの料理】五目春巻の作り方を紹介!陳建太郎さんのレシピ

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました